フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
ATPバーゼル2010 4回目の優勝
ロジャーは見事にジョコビッチを下し、ロジャーの地元であるバーゼルで優勝を飾りました。

2006年に初優勝して以来、2008年まで3連覇をしていた大会。2009年はジョコビッチにその座を譲っていました。それだけに、ジョコビッチから再びその座を取り返せた事は、ロジャーにとっても嬉しい出来事だったと思います。そして、少年の頃から愛着のあるトーナメントだけに、ボールボーイ&ガールに対する接し方も普段よりも優しいように映りました。

今年の7月に記事にしたグスタード(2004年のロジャーフェデラー、ウィンブルドン後のクレーコートでのタイトル)同様、ロジャーの誇るキャリア序盤は、不思議となかなか優勝と縁の遠い大会だったのですが、見事に奪還です。

ロジャー本人はもちろんとして、ファンの盛り上がりも素晴らしいものがありましたね。2ndセットのジョコビッチを見ていたら、崩れる様子がなかったので、3rdセットはより厳しい試合になるかなとも感じましたが、ロジャーの集中力はまだまだ健在です。

調子が悪いと言われてきた4月~6月、しかし、ウィンブルドンで敗れて以降の成績を見てみると、マレーに負けたMSは確かに残念ではありましたが、それでもどの大会も準決勝までは必ず残っていて、いつの間にか8月以降の6大会で3タイトルを取っています。素晴らしい安定感です。

コンディション調整も上手くいっていて、通年での活躍を続けています。周囲の支えももちろんそうでしょうけども、新しいコーチとの日々というのは、やはり前にもちょっと触れましたが、新たなる技術・戦術・駆け引きへの欲求などを生み、モチベーションのキープに上手く繋がっているのかも知れませんね。

残りのビッグな大会、MSパリ、そして、あのO2アリーナで行われるATPマスターズカップは本当に楽しみです。

(追記)

そういえば、バーゼルの大会期間中、ロジャーはサッカー観戦していましたね。

FCバーゼル VS ASローマ(UEFAチャンピオンズリーグ) 結果は2-3でバーゼルが負けでした・・・

日本でも同じ11/3祝日に、僕は東京の国立競技場まで日帰りでサッカー観戦してきました。
自分の地元であるサンフレッチェ広島がヤマザキナビスコ杯の優勝をかけて戦った試合観戦。広島は負けたんだけど、試合の翌日ぐらいは相当落ち込んだんです。でも、ロジャーのテニスを見て、本当に嬉しかったし、また、広島も日曜日に浦和に勝ったし、本当に素晴らしい日曜日でした。

ロジャーは自分の地元チームが負けた時の悔しさはどうやって解消しているんでしょうね(笑)あまり想像がつきません。私の解消法はまさにロジャーってのが浮き彫りになりましたが、ロジャーがバーゼル負けた時の悔しさの解消法って知りたいなー。
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-11-10 23:42 | Roger Federer
<< 2006-2007 ロジャーの... 64th Titles >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク