フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
イバニセビッチ
最近、テニスネタがあまりないですけど、今年一番印象に残ったシーンでも振り返ってみようと思います。フェデラーの活躍は言うまでもないんですが、特にウィンブルドンでのイバニセビッチの引退には、ちょっと涙が出てしまった。

2001年のウィンブルドンの決勝戦は今でも鮮明に覚えている。ファイナルセットまでもつれた試合で、肝心なところでダブルフォルトをしてしまい、発狂しそうになるゴランを見て、ぞくぞくした。一瞬でも目が離せない試合で、最後にゴランがポイントを取ったときの喜びようは凄まじかった。

イバニセビッチはウィンブルドンに4回決勝出ていて、最後のチャンスに優勝できた。そんな記憶に残る選手が引退してしますのは寂しい限りだ。

優勝した次の年には、ウィンブルドンのセンターコートで一番最初に試合ができるという栄誉があるにもかかわらず、怪我により2002年は出場できなかった。2003年も同様。今年は最後のウィンブルドンと宣言し、この素晴らしいウィンブルドンチャンプは前年王者フェデラーの次の試合に、センターコートに登場した。相変わらず、すごいサーブが決まり、あっさり1回戦を突破。

2回戦では、ぎりぎり3-2で勝ち、3回戦へ。3回戦の相手は2002年王者ヒューイット。場所はセンターコート。相手に不足無し。しかし、試合巧者のヒューイットに限界の近いゴランは1セットもとれず、ウィンブルドンを後にした。

負けた後のゴランの表情が非常に晴れ晴れしかった。自分の一番好きな場所であるウィンブルドンのセンターコートで、ウィンブルドンチャンピオンに敗れて引退したわけだけど、ストーリーとしては最高だった。

引退のシーンって悲しいものだけど、ゴラン・イバニセビッチのこの引退試合は、本当に素晴らしいものだった。トッド・マーチンとかノーマンなども引退するそうだが、現代テニスの世代交代は本当に早いなぁ。僕も高校生の時は同じ左利きだから、よくサーブを真似してみたこともあったけど(ほとんど入らなかったんだけど。)、やっぱり魅力ある選手が引退するのは辛いですね。アガシは後3年ぐらいは見たい!がんばれ、アガシ!

b0033344_22113855.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2004-12-19 22:13 | Tennis
<< 2004 ITF World ... Manchester Unit... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク