フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
サンプラスのフェデラー評
サンプラス 「単に打ち合ってるだけではフェデラーを倒せない」(tennis365.net)

テニスの世界に復帰するらしいですね。エキシビ中心だけど。あのスマッシュ、また見たいね。

去年、雑誌でサンプラスのインタビュー見たときは、テニスはほとんど見てないって言っていたけど最近は少しは見ているのかな?前に言っていたのは、2004年の全豪決勝Roger×Safinを見て、Rogerは素晴らしいとほめてくれていた。ボレーに出る回数が少ないとも指摘していましたが。

サンプラスがRoger対策としてサーブ&ボレーをすすめているみたいですね。僕はサーブ&ボレーがテニスの中で一番好きなプレースタイルです。完全に現代テニスでは少数派になってしまっていますが。Rogerを倒すために、すばらしいネットプレーヤーが出てきたら、それはすばらしい事ですね。でも、Rogerはリターンの技術もすばらしいし、これがなかなか対戦相手からしたら悩みの種なんでしょうけど。WimbledonでのAndyなんて、その典型だよね。

またRogerはボレーの技術も相当なものだと思っています。頻度はまだそれほど多くないけど、試合で前に出ることもありますし、実はRoger Federerこそが、サーブ&ボレーの名手にこれからなっていくんではないかと僕は思います。サーブはまだ伸びる可能性が十分ありますし、何と言っても読みのよさが優れていますから。ただ、今はリスクを伴ってまで前にでなくても、ストローク戦で勝てていますからね。

唯一ストローク戦で分の悪いNadalに対しては、実はサーブ&ボレーで対抗して欲しいんですけどね。というか、Rogerならやってくれるんじゃないかと思います。Nadalのコートカバー能力には驚かされますが、分が悪くなってきたときにこそ、サーブ&ボレーで対抗してほしい。

僕がテニスを見始めて好きになった選手は、Becker、Ivanisevic、Rafter、Federerとやっぱり、ボレーがうまい選手が多いですね。(Samprasは、それほど好きじゃなかった。やはり当時、ほとんど一発で試合を制していたからかな。今では、もちろんリスペクトしてますけど。)

サーブ&ボレーの復権は、Federer対策というよりも、やはりRoger Federer自身にかかっているんじゃないかと思います。

※YouTubeで2003年のモントリオール、RogerがAndyに敗れた試合を見つけた。要するにサンプラスはこういう試合をしろっていうことだね。非常にレベルの高い要求だ。ただ、この時のRoddickは最高潮のときだから、実現できるかどうか。この時のAndyはとにかくすご過ぎ。2003 Tennis Masters Canada - Roddick vs Federer - Highlights

そして、(サーブ&ボレーではないけれども)2005年、Roland GarrosでのRogerのボレーの好プレーはこちら。これを見てみると、やっぱりRogerのボレー技術は高い!

さらに追加。RogerがSamprasに勝った試合Roger×Sampras(2001年Wimbledon)(Googleより。Goranも見れますよ。)
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-08 23:12 | tennis video
<< ブレークの脅威のフォアハンド Happy!というドラマを見た >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク