フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
Quick Japan vol.74
以下、某所で自分が書いたレビューをそのままコピペします。詳しくは右下、ライフログのリンクを見ていただければ。


昔はアイドルが好きであることを誰もが言うことができた時代だったのに、今では音楽の細分化が進み過ぎて、アイドルという限定的なジャンルが好きなことに対してオタクというレッテルしかはられない。しかし、それに対して堂々と好きな音楽を聴けばいい、アイドルが好きならそれでもいいじゃないかという認識をライターさん、及びPerfumeは与えてくれる。

この雑誌に載っているPerfumeのロングインタビュー記事を書かれているライターさんのブログにコメント書いたら、丁寧にも答えてくれた。この素敵なライターさんの為にもみなさん買おう(笑)

Perfumeの周りには、当然このライターさんだけじゃなくて、プロデューサーの中田ヤスタカ氏とか謙虚で自由な人たちがたくさんいるんだなあと実感できます。だからこそ、Perfumeも現在一般的に言われる“アイドル”としての振舞いを行う必要もなく、誰に対しても自然で抜群に面白いパフォーマンスを発揮出来るんだと思う。

Perfumeを聴くことは、アイドルオタクであるとか、テクノ・ハウスといった日本ではまだまだ一般的ではない音楽好きという音楽通ぶりを見せ付けるようなことでもなく、彼女たちやその周囲に惹かれての自然な行為なんだと認識させてくれる。

音楽は大好きだけど、BUURNとかロキノンも立ち読み程度で済ますぐらいで買ったことはないけど、Perfumeの魔力にそんな過去は通用しません。クイック・ジャパン74は近所の本屋になかったから、わざわざ取り寄せてまで買いました。こんなことは初です(笑)

ところで、2号前のクイック・ジャパン72はダウンタウンの松本さんが表紙だったんですね。そんな人とフジテレビの番組で共演できるまでに成長したPerfumeは本当によく頑張っていると思います。

彼女たちの努力や周囲の支えによって這い上がってきたPerfumeを知ることが出来る1冊です。

サマーソニックライブ終了後、(私を含めて)Perfume目当てのオーディエンスがホールから続々と出て行くのを見て、Perfumeの3人は、次の出演者である琉球ディスコではなくPerfumeを見るために人が集まったことを初めて認識でき、それに涙したとか。あの時は、マジで琉球ディスコの前座としての役割しか考えていなかったことに彼女たちの異常なまでの謙虚さを感じる。いつまで立っても自虐的で自信がもてなかったPerfumeも今や一つの音楽に成長した。これからが楽しみです。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-10-26 00:55 | Perfume
<< 今年は10勝届かず・・・なんですね ナルバンディアン、おめでとう >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク