フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
MS Indian Wells 2008 SF
フェデラー、フィッシュに敗退。
ナダル、ジョコビッチに敗退。

偶然にも、両試合ともスコアは6-3 6-2。

フィッシュは記憶に新しいところでは、錦織選手が優勝したデルレイビーチSFでブレークに負けてたなーって感じですが、フェデラーに完勝とはなあ。ナルバンディアンとかにも勝ってたらしいし。

ちなみに、フィッシュといえば、アテネ五輪銀メダルの選手ですが、金メダルの選手はチリのマスー。インディアン・ウェルズの裏で開催されたチャレンジャー大会(MS早期敗退者が多く出場?)で、錦織選手がマスーに勝つというニュースがあった。錦織選手はグロージャンに惜しくも敗れましたが。

もちろん、前回の五輪から月日は流れていますので単純比較は意味ないですけど、錦織選手の強さがよくわかる。相手が経験のあるベテランでも、勝つ実力が十分にある。まだ突破は出来ていないけど、もう十分にトップ100の実力はあるってことだろう。

ATPトップ100ってのは、やっぱ凄いってことですね。トップ10ともなると、さらに驚異的ってことなんでしょうけど。さらには、ずっとNo.1をキープしているフェデラーの異常な強さがよくわかるわ。

しかし、相手の調子よければ、今のフェデラーではちょっとでもてこずると、あっという間にやられてしまうのか。

情報の信憑性は100%ではないかもしれないけど、mixiの書き込みによると、フェデラーの病気、やっぱ2004年のエナンと同じなんだね。ころっと負けるところが、あの頃のエナンと被って切な過ぎる。

冗談で言えたらいいけど、復活は時間がかかりそうですね。
たぶんNo.1陥落の日が近いかもしれない。

ただナダルとジョコビッチがNo.2争いで白熱しているだけに、案外延命できるかもしれないですけど。ただクレーになると、やっぱナダルが圧倒的に有利だろうなあ。水を得たマーティー・フィッシュじゃなくて、水を得た魚ですから。しかし、ハードなら、もうジョコビッチ優位なのがはっきりしたけど。この2人の関係も面白いね。

ってことで、フェデラーはとりあえずマイペースで行って頂くしかないのかな。結果はあんまり気にしないようにします。フェデラーファンとしての個人的なスタンスはそんな感じですね。
だって、あの時のエナンも1年ぐらいはどうしようもなかったですから。見る側が感情的になってしまっても、どうしようもないのかも。試合によって全く覇気がないんだから。こればっかりは受け入れるしかない。まあ、このブログ始めて3年半ぐらいになりますけど、その間ずっとフェデラーはNo.1なので、寂しいですけどね。

これは、もちろん、本当に同じ病気だったらが前提の話です。自分があまり情報収集をしていない段階で、こんなことを書いてる点をご了承ください。

で、話題を変えますけど、そろそろサフィンの復活が見たいんですけど、いつになるのやら・・・たまには、いいネタを提供してくれないかなあ。ガンガン書くのに。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-03-23 14:46 | Roger Federer
<< MSマイアミ 2008 Perfumeがタモリ倶楽部出演 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク