フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
プログレッシブ・アイドル
【特別対談】近田春夫×マーティー・フリードンマン~Perfume~のサウンドを語る(CD Journal.com)

↑より引用↓

マーティ 「だって〈ポリリズム〉の間奏なんて、ものすごい変拍子でしょ? 僕の友達で信じられないほどマニアックなプログレ・ファンがいるんだけど、その人に聴かせたら、“こんな曲がポップ・ソングになってるの? 日本っていい国だね!”って喜んでた(笑)」
 
近田 「しかも、普通に聴いてると、そこに変拍子があるなんて気付かない作りになってるんだよ。もう一つすごいなって思うのは、サウンド・プロデュースの才能がある一方で、作詞家としても優れてるんだよ。ただ言葉を当てはめてるだけじゃなくて、一つ一つにちゃんと意味があるし、耳に残るフレーズも多い。〈ポリリズム〉に関していえば、言葉と音楽を合わせたときに、初めて意味が出てくるように作られてる。それ自体がポリリズムになってるんだよ。ほんとにすごいヤツが出てきたと思うね。彼って、いま、いくつなんですか?」


(中田ヤスタカをべた褒め。)

ポリリズムの間奏部分について触れられている。プログレ的要素をもっている部分。僕は素人なので、説明を聴くまでよくわかりませんでしたが、ようやく意味がわかってきました。

僕がポリリズムを初めて聴いたのは実はサマーソニックの時で、当時はまだ未完成でした。当時はいきなりの初Perfumeだったので、わけもわからず、ポリリズムにはあまりインパクトは無かったんですよ。まだ、例の間奏部分が無かったですし。

9月にシングル「ポリリズム」を買って、びっくりしましたけどね。間奏部分のポリループに。え~、こんな曲だった!?ってびっくりでした。

上記に触れられているポリリズムの間奏部分は、↓のブロガーさんが簡潔に説明されています。→まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~

さらには、ニコニコ動画でも解説されています→(Perfume楽曲分析)ポリリズムのポリリズム分析

ってことで、やっぱすげえよ中田ヤスタカ氏、そしてPerfume。

(参考)
ポリリズム「ポリループダンス込み動画」(YouTube)アルバムに付いている11月のリキッドルームのライブでは、まだポリループは披露されていませんでした。今年の2月からです。ですから、私自身も今回のツアーで初めて間奏(ポリループ)のダンスを見ることが出来た。微妙に3人の動きが違うところが面白いですよね!

ってことで、ポリリズムの間奏部の説明は終わり。

で、ようやく標題の件。プログレッシブ・アイドル(説)。

ポリリズムの間奏があるだけで、プログレッシブ・アイドルなんて寝言を言うなと言われると、全くその通りでございます。

しかし、私がPerfumeと出会うきっかけになったサマーソニックで、こんなトークがありました。(ちょうどポリリズムを始める直前のサマーソニックでのあ~ちゃんMC。)

「新曲やります!CMで使われているんですけど、知ってる人?」

客「はーい」(けっこう多かった)

あ~ちゃん「え~、絶対嘘!」(笑)


僕はこの部分に衝撃を受けた(苦笑)一応テクノポップアイドルユニットの肩書きを持っているのに、何と言うプログレ・トーク(謎)普通なら99%「ありがとうございます」と言うところだろうが、「絶対嘘!」ですから(笑)予想外です。一般的な人の感覚のリズムとは明らかに異なります。

それ以外にも、

かしゆか「皆さんはどこから来たんですか?」
客「大阪!」「京都!」「××!」「△△!」
あ~ちゃん「一人でしゃべって!」

実際にこんなんでしたから(笑)

今一度振り返ってみると、あのトーク術は衝撃一杯でした。何を言い出すか分からないし、自虐的なことを平気でいい、かつダンスはサラリとこなし、楽曲は良し。

しかも、絶対に欠かさないのが毎回毎回3人揃って深々とお辞儀。あれは本当に出来るものではないですねー。

ってことで、アルバムが1位になっても、その姿勢は全く変わっていなかった。あれ以来、(先週のツアーやフェス、イベントを含めると)6回目のPerfumeライブでした。本当に予想をいい意味で裏切ってくれる人たちです。

今回のツアーでは、ライブ時間がトーク込みで、最初の大阪が2時間30分、僕が参戦した広島では2時間50分(笑)に伸び、連休中の東京・名古屋では3時間にも及んでいたようです(笑)
ツアーで曲数は19曲で大体80分~90分程度です。3回ほど衣装換えがありますが、残りは全てトークです。もうエスカレートする一方で、留まることを知りませんね(笑)

もう何が起こるかわからないんです、Perfumeのライブは。一定のリズムが存在しません。これはまさに、プログレと言ってもいいのではないか(爆)

ってことで、先週見たライブの余韻に今も浸っています。各地域のいろんな方のライブレポを見ながら。スルメすぎるよ、Perfumeのライブは。ですので、はまりすぎると僕みたいに大変なことになるので、ライブ経験の無い方にはあまりお勧めすることは出来ません(苦笑)テレビ出演も確かにうれしいんですけど、どうしても物足りなさが出てきてしまいますし。こうなると末期。まあ、僕の場合は、初Perfumeがいきなりライブだったので、そういう症状になってしまっているのかもしれませんが。本当はもっと普通に現況を楽しみたいところなんですけど・・・

で、結局よくまとまってない結論ですが、今のように普通にテクノポップアイドルと形容するのも良いのかもしれないけど、実際にはこのテクノポップという一言だけではなかなか形容しづらいPerfumeという存在は、広義的な意味で、プログレッシブ・アイドルと呼んでもいいのではないかとふと思った次第であります。実際にポリリズムのようなプログレチックな曲もありますしね(これは非常に強引ですが)。まあ、要はPerfumeという存在がプログレなわけです。

以上、結論が非常によくわからない文章になってしまいしてすいません。

っていうか、まだチャンスがあるならば、何とかまたこのツアーに行きたい(爆)言いたいはそれだけだ!オープニングの「GAME」もう一回見たいし、トークまた聴きたい。まあ、ツアーに2箇所も参加できたので贅沢は言いませんけれども。

ツアーDVD絶対に出してくださいね!
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-05-07 22:23 | Perfume
<< 錦織選手、ウィンブルドン出場へ 5/1Perfume@広島クラ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク