フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
カテゴリ:Laura Robson( 3 )
 
Laura Robson in Japan
上海でのロジャーが調子いいのでロジャーを書こうと思ったけど、最近アクセス解析見たらローラ・ロブソンで検索して、こちらのブログに辿り着く方が増えつつあるので、じゃあ、リクエストにお答えして、ロブソンを先に書きます。ロブソンを検索する人が単純に増えているのは、HPオープンで伊達さんと対戦した24歳も年の離れた選手として、ニュースに出て知られることになったからだろうけどね。

ローラ・ロブソンは、このたびの来日では、東レPPO、楽天オープン女子、HPオープンに出場しました。楽天オープン開幕前の10/3(日)に有明に行った際に、1時間ほど練習を見ることができ、また、大阪のHPオープンでは予選3回戦のカタリーナ・カスタノ戦を観戦することができました。僕が勝手に思っているだけではあるけど、将来のウィンブルドン女王のテニスをこれだけ堪能出来て、よかったわー。

有明では、ロブソンのコーチにも話しかけて、大阪に出ることも聞いていたので、予選勝ち上がっていけば観戦できるかもしれないなーと思っていたので、案の定、実際に勝ち上がってくれて、試合を初めて観戦出来て良かったです。

ちなみに、来年のホップスマン・カップでは、2年連続でマレーと組んでイギリス代表として出場するようです。セレナ、エナン、イバノビッチ、スキアボーネなどと対戦する機会が設けられる立場にあり、これは、本人にとっても、成長のチャンスなのは間違いありませんし、私としても、これからの成長をどうしても期待してしまうんですよね。有明で2ショットも撮ってもらいましたし。

本人のツイートを読んでいると充実した3週間だったようですね。予選も含めると、3週間で6勝(3敗)しているわけで、日本にはいいイメージを持ったかもしれませんし、来年以降も来てくれそうな雰囲気です。今年の大会を見てみると、WTA・GSで本戦に出場したのが、自国のバーミンガム、ウィンブルドン、そして、今のところ東レPPO、HPオープンとなっています。夏以降の成長著しいのかもしれませんが、日本で結果を残し、201位までランキングを上げました。

それに何と言っても、伊達さんと対戦したのもきっと財産になるんじゃないかなー。ロブソン本人も自分が1.2歳の頃にウィンブルドンであのグラフと決勝をかけて対戦した選手と対戦することがあるなんて思いもしなかっただろうし、伊達さんの全盛期なんて知らないとも思うけど、伊達さんのライジング技術には、びっくりしたのではないでしょうか。

携帯電話をキティちゃん柄にしたり、折り紙とか料理とかも楽しんだみたいですし来年も来日するはず。
1年後にはランキングはまだまだ上がっているはずですから、さらに強くなったロブソンが見れることを期待。

別に日本にロブソンのファンなんてまだまだほとんどいないとは思うけど、僕はこれからも勝手に期待していこうと思います。というレベルにまで、ロブソンに対して、最近僕が認識することになっていたことに気がついたこのたびの来日でした(苦笑)お疲れ様でした。

※日本での戦績

Tokyo
Q1R Anastasija Sevastova (LAT)  6-1 3-6 6-4
Q2R Simona Halep (ROU) 2-6 6-2 6-4
1R Greta Arn (HUN) 4-6 3-6

$100K+H Tokyo
1R Christina McHale (USA) 6-3 3-6 6-1
2R Severine Beltrame (FRA)3-6 1-0 ret

Osaka
Q1R Kotomi Takahata (JPN) 6-3 6-1
Q2R Chiaki Okadue (JPN) 7-6 3-6 6-2
Q3R Catalina Castano (COL) 6-3 6-3
1R Kimiko Date Krumm (5) 3-6 3-6
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-10-17 02:27 | Laura Robson
 
ローラ・ロブソン、東レPPO予選突破!
Twitterでプロテニスプレーヤーのつぶやきを読むのが日常になっておりますが、そのtwitterで初めて知った選手が、日本で活躍中。

その選手というのが、2か月前にネタにもさせていただきましたLaura Robson選手(ちょっと前にもネタにした選手)。

本来なら、新しいテニスプレーヤーを知る機会というのは、中継を見てその選手を認知するというパターンが通常なのですが、ローラ・ロブソンの場合は、先にTwitterでその存在を知ったという今までにないパターンなので、僕が勝手に面白がっているというか、一方的に注目してます(笑)

・Twitterでテニスプレーヤーをフォロー

A Rod,Andy Murray,Caroline Wozniakiなどを見つけてはフォローしてたのですが、ローラ・ロブソンにも辿り着きとりあえずフォローを開始。

・ウィンブルドン中継を見ていたらヤンコビッチと試合をしているのが、まさにローラ・ロブソンで、その時に初めて、あのtwitterの選手だーーーーと名前と顔が一致した瞬間でした(笑)

そんな背景だけがきっかけなんですが、あの試合を見てからも、一応こっそり注目していたというか、ロブソンもtwitterでつぶやいていたりしてましたし、とりあえず動向はチェックしてました。USオープンの予選も3回戦で敗退など苦しんできたのを知っていたので、その後のアジアの大会、特にWTAでもグレードの高い大会である東レPPOの予選通過したことは、何だか喜ばしかったなー。もちろん、日本での大会ということもありますし。

2試合フルセットマッチを勝ち抜いてきているし、本戦はもっと厳しい対戦相手が待っているとは思うけど、買って欲しいなー。

東欧の選手に比べると特に美人選手という訳でもないと思いますが(失礼)、私は東レには行く予定はないんですけど、行ける人は応援してあげて下さい。Twitterでメッセージ送って応援するのも良いと思いますし。2回戦まで進めば、キャロリーナとの試合が実現するようです。ウィンブルドンのジュニアで優勝経験がある選手ですから、冗談抜きで、大化けする可能性はあると思いますので、引き続き、ローラ・ロブソンの新しい情報がありましたら、また記事にしようかと思います。

遠征で自宅の犬に会えなくて寂しがっていたり、東京では自分の携帯電話が繋がらないとかつぶやいていますが(3週間ほど日本にいる予定のようだ)、それにもめげず頑張って欲しいな~と思います。
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-09-26 02:45 | Laura Robson
 
Laura Robson
フェデラーがウィンブルドンのQFで負けた瞬間、個人的には英国人の優勝、アンディー・マレーの優勝ぐらいしか関心が無くなった。

ナダルの調子を見ていたら、マレーが勝つチャンスは十分にあったし、2ndセットタイブレイクを制していれば、波に乗れたはずだが、今年の全豪決勝のような、あと一歩足りないマレーでした。英国と言うのは、なぜこうも悲運に見舞われるのか。Pink Floyd、Radioheadらを生んだ国だけに、どうにも悲観的、でも、どこか冷めながらも内心では情熱を内に秘めつづけている観衆の姿が好きだ。

今回のナダルが決して盤石だったとは思わないので、尚更マレーは惜しいことをしたと思う。

ということで、1936年のフレッド・ペリー以来の英国人優勝者誕生とはならなかった。決勝戦は、真面目に見ていません。フェデラーのファンが、ロジャーフェデラー不在のウィンブルドン決勝をまともに見れる訳がないと思いますから。イバニセビッチVSラフターみたいなドラマチックな決勝戦が実現するのなら、別でしたけど。

では、もうマレーの優勝は見られないのか。今年は本当のチャンスだったのは間違いないが、やはりグランドスラムには常に波乱が付きまとうので、マレーが今後優勝できるかどうはわからない。

ただ、英国人を焦点に当てると、今大会でこれからが楽しみになったのが、Laura Robsonの存在。Twitterでのみその存在をしっていたんだけど、実際にウィンブルドンでプレーした試合を見たら、これはひょっとしたら、女子の方で5年以内に英国人のウィンブルドンチャンピオンが生まれるんじゃないかと、何となく思ったんですよね。

今の女子選手で20歳ぐらいでの有望株って、それほどいないでしょう。絶対的な選手がいないと思うからこそ、チャンスがあると思うのです。

ローラ・ロブソンはウィンブルドンジュニアチャンピオンを取ったし、今年の1回戦ではエレナ・ヤンコビッチを相手にしながらも、タイブレイクまで持ち込み、善戦してみせた。実力はまだまだ改善できるし、数年もしたら、ベスト8までひょこっと上がって、あっという間に優勝というシャラポワのようなストーリーが見れても不思議ではないとも思いました。ジュニア部門にも出場し、日本の石津選手に負けたけど、あのサーブは何だかんだでウィンブルドンでは武器になるし、女子でもあまりいないタイプだったので、本当に期待感が持てるのではないかと思いました。

ってことで、ロジャー以外で、今年のウィンブルドンで一番印象的だったのは、ローラ・ロブソンの存在でした。ベッカムと2ショット撮れて、うれしそうにしていた普通の女子選手なところもなかなか若くてよいですね。
まー、これからツアーにガンガン出て、ランキング上げていく段階でしょうけど、ひそかにブログのネタにしていこうかと思います。ネタ切れ気味だしね。

https://twitter.com/laurarobson5

http://www.laura-robson.net/
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-07-06 23:55 | Laura Robson


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク