フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
カテゴリ:Tennis( 194 )
 
デビスカップ2010 オーストラリア×日本
前回の記事から2カ月更新してなくてすいません(苦笑)

twitterの方が楽に更新できるから、その影響があるのは否定できない。
ちなみに、ご自由にFollow me please です→

まー、ブログでだらだら書くのも好きなので書くのを放棄したわけでもなく。仕事で毎日それなりにこき使われていますので、時間もあんまり余裕ないしね。RGの期間はもちろん、たくさん見たいです。

さて、気づいたらデビスカップが再び行われていたわけですが、オーストラリアに乗り込んだ日本チームは、残念ながら負け・・・オーストラリアはクレーコートで勝負を挑んだとか。ホームアドバンテージのうまい使い方の典型ですね。日本はたぶん、ハードコート以外では勝てないし。

やっぱ悔しいね。特に、フィリピン戦を見に行っただけにね。オーストラリアにもし勝てたならば、また、大阪で入れ替え戦が開催される可能性もありましたしね。

でも、来年以降も日本チームには頑張ってほしい。また、応援したい。

それと、6月中旬か下旬の休日に、ロジャーの昔の試合を観戦するイベント@大阪を行う予定です。詳しくは、mixiのRoger Federer World コミュニティのメンバーの方なら掲示板立ててますのでそちらを。数名参加いただけるみたいっす。
または、私に直接メールいただくか、そのままコメントいただくか、Twitterでもいいのでご自由にレスしていただいても結構です。今後、詳細をお知らせします。(まだ、詳細全然決まってないので、幹事としては、ちゃんとしないといけないんですけど・・・)
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-05-09 00:19 | Tennis
 
このままでいいのか、日本のテニスは
とりあえず、今全豪オープンを振り返ってみると一抹の寂しさが残ることがあった。

杉山愛さんの存在ってのが如何に大きかったか。1週目は、テレビで見ていても、インタをする杉山さんが何だか初々しくて楽しみながら見てたりしたんですけど、やっぱり、中国の女子選手が2人も準決勝に進んだことについては、確かに同じアジア人として讃えるべきことではあるんだが、日本人としては寂しさを持たなければいけないんじゃないかと思う。

伊達さんのカムバックも当然素晴らしいことで、そのチャレンジ精神は素晴らしいことこの上ないんですが、日本の若手選手はどうなっているんだ・・・

中国といえば五輪のためにテニスの強化をしたことは、以前に自分のブログでも触れました。(2006.6.10 中国テニスの台頭)今回の中継でも中国テニスについて神尾米さんなどが触れられていましたが、五輪終了後は、好き勝手にツアーに出ているとのこと(苦笑)。そして、各国の選手が練習に行きたがるような素晴らしいテニス施設があるとかなんとか。国の広さも日本と比べても広いから一概に単純比較もできないけれども、ATPの大会は500の大会(北京)とマスターズ1000(上海)が中国で開催されています。

国際経済を考えても、中国に自然と集まるのもやむを得ないことではあるんですが、それにしても、日本のテニス環境は、あまりにもおとなしすぎる。70年代、80年代のバブルの時代には、日本でもテニスが人気があったらしい。その時代のことはよくわからないが、まさに日本でのテニスと中国のテニスの関係も、経済状況をそのまま反映されているような感じがして、何とも気分が悪い。

やっぱり、隣国の台頭には、普通に悔しく思うべきなのではないだろうか。テニスはそのようなスポーツではないと思う人もいるかもしれないが、世界におけるアジアのテニスが、日本から中国に移っていくのをこれからもずっと黙って見ていると、日本の経済同様、後で痛い目に合うのではないだろうか。

錦織圭選手がこれからカムバックして盛り上げてくれるという人もいるかもしれないが、彼に続く男子選手が2,3人も出てこなければ。今回の全豪で実感した日本女子テニスにおける世代交代の失敗というのは、何とも否定できない。杉山さんも、森上さんもいないとこれほどまでに厳しい現実が待っているとは。

ただ、テニスに限らず、世界と戦える才能のある選手がいて、その人がスター扱いされることで、そのスポーツがポピュラーになるというのが日本のスポーツの現状であり、もしその選手が衰える、または引退したらブームが過ぎ去るという図式は全く解消されていない。

まー、グランドスラム/アジア・パシフィックと謳ってくれている全豪オープンを地上波全国中継しないような国では、どうしようもないんでしょうけどね。

ってことで、自分が日本のテニスに出来ることはただブログにつぶやくだけで他に何もないもどかしさも感じつつ、普通に思うことを書いてみた。

テニスが好きな人間で、これからも日本のテニスを少しずつでも盛り上げていきたいですね。本当に。錦織圭選手とかの個の才能の人気に頼るだけではなく、何か別の道を見つけなければ。
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-02-04 00:47 | Tennis
 
00-09年を振り返る
ATP公式でもThe dacade of reviewと題して記事が更新されていましたけれども、興味深かったのでこちらでも個人的な意見をとりあげてみようかなと。

・Best Player
ロジャーフェデラー

これは文句なしだと思うんですけど、やっぱり迷うのがベストマッチですよね。思い浮かべるだけでも、10試合はすぐに出てくるんですけど、5試合に絞ってみました。

・Best Match
2001年ウィンブルドン決勝 ゴラン・イバニセビッチ VS パトリック・ラフター
2002年USオープン決勝 ピート・サンプラス VS アンドレ・アガシ
2005年オーストラリアンオープン準決勝 マラト・サフィン VS ロジャー・フェデラー
2007年ウィンブルドン決勝 ロジャー・フェデラー VS ラファエル・ナダル
2009年ローラン・ギャロス準決勝 ロジャー・フェデラー VS ファン・マルティン・デルポトロ

2007年の女子ファイナル、エナンVSシャラポワとかも入るんですけど、ATP限定ってことで外しました。

振り返ってみると、やはり2001年ウィンブルドン決勝は外せないですね。当時はテニス観戦はそれなりに放送があれば見ていたんですけど、やっぱ、あの試合からじゃないでしょうか、本当にテニス観戦を熱心にするようになったきっかけを与えてくれたのは。テニスは他のどんなスポーツよりも、僕にとっては好きなスポーツなんだなと。当時は大学3年生で、前期試験の真っ最中だったように思いますが、完全に勉強放置してのめり込んでみたのを今でも思い出すことができます。

サンプラスが引退してまだ10年もたっていないというのは、確かにアガシの頑張りを見ても確かにそうなんでしょうけども、やはり個人的にはかなり前の出来事のような気がして、月日が流れるのは早いものだなと実感できますね。サンプラスの最後の優勝はやっぱり印象深いのでリストに挙げました。

ロジャーも今年Roland garrosタイトルをとって、テニス界としてもよい10年の締めくくりをしてくれたという見方ができますね。準決勝は本当にはらはらしながら見たなあ。10-19年の10年間も新しいスターが出てきて、印象深い試合が多く生まれるであろうと思います。ロジャーに関しては、ロンドン五輪までは頑張るということなので、まだまだ楽しめると思いますし、これからは、錦織圭選手などにも活躍してほしいかなと。


[PR]
by xavi_takayuki | 2009-12-20 02:23 | Tennis
 
WTA2009年は終了


感動しました。

来年は、また荒れるのかなあ。まだ、エナンの復帰に関しては、このブログでは触れていないけど、ウォズニアッキの今回の試合を見て、エナンのカプリアティー戦とか思い出しましたよ。

そのうち、また書きます。

さて、バーゼル。
[PR]
by xavi_takayuki | 2009-11-02 01:28 | Tennis
 
HPオープン 決勝戦
ストーサー×スキアボーネという一見地味で、でも、なかなかの好カードが決勝となったHPオープンですが、今日の最終日も足を運びました。

結果は7-5 6-1 でストーサーが優勝。WTAツアーでの初優勝となりました。もっと感情を表すのかなと思っていたが、意外にもダブルスで多くの主要タイトルをとっているからなのか、冷静に、喜んでいました。

試合内容は、書くの面倒なので、JTAのメールマガジンを勝手にコピペさせていただく(苦笑)

■盤石という言葉がふさわしいストーサーのプレーだった。サービスダウンは一
度もなし。第1セットは74%の確率でファーストサーブを入れた。ファーストサ
ーブが入った時のポイント獲得率は第1、第2セットとも83%。サーブで優位に
立ち、フォアハンドの強打でフィニッシュという力強いプレーを最後まで貫いた。
スキアボーネに与えたブレークポイントは、わずか1本。それも鮮やかなサービ
スエースで切り抜け、付け入る隙を与えなかった。


ってことなんですが、ストーサーのサーブは本当に調子良くて、昨日のウォズニアッキ戦でのサービスエースを連発して、かつ、サーブの調子がいいので、サーブ&ボレーも積極的に組み入れて、理想的なテニスを魅せてくれました。

スキアボーネは、バックハンドがシングルハンドで、打ち方がかっこいいんだよね。かなりの通好みな対戦カードなんでしょうけれども、見どころはいっぱいあったように思います。GAORAで放送されると思うので、見てみてください。ちなみに、決勝終了後、丸山薫さんがいたので、サインをいただきました!それと会話をすることができました。

xavi「GAORAでいつも見てますよ~」
丸山氏「ありがとうございます。今日はいい試合でしたね。」
xavi「そうなんですよ。ストーサー、ダブルスうまいから、サーブ&ボレーうまくて、見ててよかったです。」
丸山氏「そうでしたね。まだダブルスも残っていますから、楽しんでいってください。」

こんな感じだったかな(笑)それと、森上選手が引退ということで、セレモニーがあったんですが、会場を去る前に関係者と一緒に歩いていたので、サインをいただきました。ありがとうございます&お疲れ様でしたをいうことができてよかったです。

この大会、まだまだマイナーなので、あまり写真とかもないと思うので、いろいろ載せておきますね。運営もっと頑張って、これから大きな大会になるようになってほしいなという意味も込めて。
b0033344_22144129.jpg

b0033344_2215059.jpg

b0033344_22151741.jpg

b0033344_22153951.jpg

b0033344_22155497.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2009-10-18 22:17 | Tennis
 
HP Open 準決勝
HPオープン準決勝に行ってきました。
来週から同じ会場で大阪スーパージュニアが開催されることもあり、多くのジュニア選手たちも練習していたりと、月曜日に観戦した時とはまた雰囲気も違いましたね。何だか若々しくて。

ただ午前中仕事していたので、第1試合のスキアボーネ×ミルザの試合は見れませんでした。ちょうど会場についたのが2試合目が始まる直前でした。

ってことで本日見たのは実質、ウォズニアッキ×ストーサーだけだったんですが、いい試合でしたよ。

1stセットは、ウォズニアッキの調子が全く上がらない状態で、なんと、びっくりのストーサー 6-0 ウォズニアッキ。

不調は続いたのかウォズニアッキは2ndセット序盤にブレイクされたものの、開き直ったのか、徐々にラリーが続き始め、粘りが見え始めた。苦しんだものの、ブレイクバックし、また5-4の場面で再度ブレイクして、ウォズニアッキが2ndセットを取り返した。WTAは普段あまり見ないのでわかりませんでしたが、そういえば、最近は試合途中でコーチのアドバイスを聞くことができるようになったんですよね。今回はウォズニアッキ側が頻繁にコーチを呼んでプレーの改善を図っていまして、この第2セットはそれが活きたかたちとなりました。

そして、最終セット。サービスキープが続くいい試合展開で、見てる方としても、非常に面白く、どちらが先にブレイクできるかで決まってしまう緊迫感を持ったセットとなりました。

しかし、11ゲーム、ウォズニアッキは大事なところで、ボレーをミスしてしまって、ストーサーにブレイクをゆるしました。その勢いをそのままに、ストーサーがきっちりとサービング・フォー・ザ・マッチをキープし、試合終了となりました。

本日は、ストーサーのサービスが非常によく、ウォズニアッキも粘ったものの、サマンサ・ストーサーが決勝進出となりました。

というわけで、第1回の決勝はストーサー×スキアボーネとなりました。非常にマニアックなカードかと思いますが、けっこうドラマチックな試合になるかもしれません。個人的にはマニアックな対戦カード大歓迎です(笑)

ストーサーはまだWTAのシングルスタイトルを取っていないこともあり、意気込みは相当なものでしょうし、スキアボーネもWTAタイトルは2007年の1回のみと意外にも少ない。長く活躍している選手なので、それなりにタイトルを取っているかと思ったんですが、ダブルスの実績の方がいいんですよね。でも、ストーサーは今年のRoland Garrosで準決勝まで行っているので、WTAタイトルをいつとってもおかしくない実力ですし、スキアボーネも以前にUSオープンで杉山選手と4日間にわたって試合をして勝利をするなど、粘り強いメンタルを持った選手であるという印象を持っています。

両者、ダブルスではグランドスラムでも頻繁に上位に食い込んでいるのはテニスをよく見る人ならご存知でしょうけれども、いい選手にも関わらず、シングルスは意外とタイトルがなかなか取れていない状況であるだけに、熱い試合が見れるんではないでしょうか。ストーサーなんて、ダブルスではRoland garros,US openのタイトル持ってるし、ミックスダブルスも含めたら、Wimbledon,Australian Openタイトルも持っていたりする。そのような選手が、シングルスでもタイトルをということになると、なかなか感動的なシーンが期待できるかもしれませんね。ってことで、今のところ、ストーサーの優勝がみたいかなと思っていますが、スキアボーネも渋いいい選手なので、やっぱどちらが勝っても拍手したいかな。

ウォズニアッキの敗退は残念ですけど、あのふりふりウェアを間近で見れたのはよかったです(笑)
b0033344_23373896.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2009-10-17 23:37 | Tennis
 
HPオープン
大阪で今年から開催の大会ですが、ジャパンオープンの女子がこちらに移行したかたちのようです(楽天オープンの女子は格落ち)。

ってことで、今日は休日だったので行ってきましたが、試合はほとんど見てません(苦笑)土日と有明で見てたしね。選手の練習をずっとみていたんですが、サマンサ・ストーサーとキャロライン・ウォズニアッキと2ショット写真撮れたり、サインもらえたり、いい記念になりました。っていうか、みんな伊達さんの練習に集まっていたので、こちらがかなり穴場的になってしまっていて、本当にいいの?って半信半疑の状態でした。

東京と大阪でWTAなりATPなりの大会が多く開催されることはよいことだと思います。フェドカップは東京で開催されますけど、デビスカップは大阪で開催されているように、やっぱいろんなところで試合が見れるのはよいことでしょう。ビッグトーナメントは無理にしても、潜在的なファンはたくさんいるんだから、大会を定番化させていって、これからも継続して続いてほしいですね。大阪もHPオープン会場である靭公園では、毎年大阪スーパージュニアを開催しているだけに、いい運営はできていると思います。たぶん知名度ない大会だから集客どうなんだろうって思ったけど、やっぱテニスが好きな人は大阪でも多いみたいだ。

それと、森上選手も引退を表明したとか。去年だったかなあ、ウィンブルドンでヴィーナスにもう1ゲームで勝利ってところまで追いつめていました。あの試合はすごく印象に残っています。お疲れ様でした。そして、今大会もいいところまで勝ち上がってほしい。

しかし、フェドカップ日本代表はちょっとこれから心配かも。
[PR]
by xavi_takayuki | 2009-10-12 23:12 | Tennis
 
有明でHR/HMが流れていた
前からこちらでも文句を言っていたからなのか、ジャパンオープンのBGの選曲が良くなったのではないかと思う。HR/HM中心にかかってましたね。それとKEANEの曲なんかもかかってたりしました。

しかし、今日の男子ダブルスの緊迫した時にEaglesのTake it easyが流れた途端、空気が変わってブレイクされた。Take it easyは無いだろう。あれは絶対ありえんじゃろ。

男子シングルス決勝でBlack Sabbathのparanoidが流れた直後にも、ユーズニーが調子を崩して、これまたブレイクされた。ひとりで大爆笑するのをこらえるのに必死でしたよ。あんな重い音楽流すなよって。

サーブを打つ時とかでも、テニスプレーヤーは音に敏感ですし、やっぱBGも大事なんです。今日はそれが証明されました。明るい雰囲気は大事なんですけど、一歩間違うとこうなっちゃう典型です。

ともかく、ツォンガが優勝したことで、マスターズカップに出場する可能性が広がったようですが、ロジャーは今年のカナダで負けてますから、注意したい相手ですよね。
[PR]
by xavi_takayuki | 2009-10-12 00:11 | Tennis
 
では、準決勝と決勝を観戦してきます
ヒューイット、モンフィス、ツォンガ、ユーズニーとなかなかのメンツが残りましたね。

ロジャーファンの方たちともお会いできるし、2日間楽しんできます。
[PR]
by xavi_takayuki | 2009-10-10 01:24 | Tennis
 
サントロ師匠、日本に来てくれてありがとう
ヒューイットに負けちゃいましたね。実際に見られた方のレポートによるとかなり盛り上がっていたとか。

僕も師匠見たかったけど、でも、日本に来てくれただけでうれしいよ。

とりあえず帰宅したので今日の試合を見ようと思うんだけど、今週NHKBSHiでワールドプレミアムライブやってて、今日、ポール・マッカートニーなので、そっちを優先させています。ごめんよ、師匠。

明日にでも、ゆっくり見て、土日は有明に行こうと思います。台風も去ったし、楽しく観戦したいものです。
[PR]
by xavi_takayuki | 2009-10-08 23:23 | Tennis


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク