フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
 
試合に出ました
昨日ですが、試合に出場しました。約半年ぶりですね。シングルの練習もまったくやらず試合に臨みます。

会場はインドア・ハード。ハードコートでやるのは5年ぶりぐらいです(苦笑)。やっぱり久しぶりだと難しいですね。しかも屋根があって非常に違和感が。

試合はというと、あっさり一回戦で負けてしまいました。なんというか致命的なミスをやりすぎた。
相手は同じぐらいの実力だったと思います。サーブは負けていたけど。

それよりもひどいというか情けないのは、メガネ。今までずっと視力がよくてメガネ等はしていなかったんですが、視力が落ちて昨年から必要な時にはメガネをするようになっている僕。ただテニスの時は基本的にはずしてます。まあそれがアダとなったのか、ボールが見えにくい。セルフ・ジャッジなんですが、サーブがインかフォルトかもあいまいなままずっと試合やってました。もしかしたら、すごく損をしていたかもしれない。普段いつもメガネをかけて生活しているわけでもないので、試合中気づかないんだよね、メガネが必要って。気がついてようやくメガネしてやり始めたんだが、もう遅かった。

インドアでやるのなんて生涯で2度目ぐらいなのですが、あんなに見えにくいなんて。。。ま、最初からメガネつけてやっておけば少しは違った結果になったのかもしれないといまさら後悔しても遅いですね。会場は20コートあってそのうち4コートがインドアなんですけど、20%の確率に当たっちゃいました。青空の下でやりたかったんだがなぁ。

テニスの試合というのは、ハードコート、クレーコート、、グラスコート、オムニコートなどサーフェスの違いの他に、空の色もおおいに重要な要素であるのだと学びました。

いやぁ、それにしても昨日はつまらない一日だったなぁ。あんなにあっさりと終わるとは。自分の願望では2回ぐらい勝つ予定だったし。

ただ練習するだけでなく、いろんな環境でテニスをしないと試合に勝ち進めないですね。テニスは奥が深いです。そして普段はダブルスの練習ばかりなので、シングルスに出るのなら、それを意識してやっていかないと試合には勝てないだろうな。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-30 22:48 | Tennis
 
Premier移籍後初ゴール
「重要なゴール」と喜ぶ 中田英、1年半ぶりの得点(スポナビ)

中田英、移籍後初ゴール 松井も今季初得点(スポナビ)

(10/23)中田英が移籍後初ゴール、ボルトン2―0で勝つ(NIKKEI NET)

ついにやりましたね。何とボローニャ時代以来のゴール。サポーターからも支持されているようで、それがとてもうれしい。MOMだったみたいですよ。本当にうれしい。ヒデがPremierで活躍するのをずっと心待ちにしていたヒデファンはけっこう多いと思う。通用することを証明してくれているし、Bolton移籍はヒデにとって大きなターニング・ポイントになっていくかもしれない。これからもヒデのPremierでの飛躍を応援していこう!!!!!

※Le Mansの松井大輔もフランス1部で初ゴールを決めた。関西に住んでいたときは(僕はサンフレッチェサポだけど)一番近かった京都の試合をよく見に行っていたんだけど、これもうれしいですね。そういえば、来年は松井の前所属チーム京都がJ1昇格を決めましたね。紫ダービー復活か。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-25 00:11 | Nakata
 
Nadal恐るべし
Nadal 3-6, 2-6, 6-3, 6-4, 7-6(3) Ljubicic

2セットダウンから3セットひっくり返しての勝利。正直、2セットまでは見ていたんですが、その後はずっとPremierを見ていたので、この結果を知ってびっくりしました。Ljubicicのストローク、サーブともに調子よく、あっさり勝利してしまうんではないかと思っていたけど、さすが世界No.2。そして5セットマッチの恐ろしさ。テニスはまさに、メンタルゲームだ。

b0033344_2335845.jpgNadalは、すばらしいストロークを持っているけど、それをささえるフィジカル、そしてメンタルはすごいとしかいいようがない。今年の春の段階では、Rogerに2セットアップからひっくり返されたこともあったけど、当時よりも何倍も精神的にタフになっているのではないだろうか。自国の大会というアドバンテージもあるかもしれないが、やっぱりすごい。

5セットマッチでの死闘と言えば、Coriaと繰り広げたMS Romaが思い出されるが、これで今年のNadalがMasters Seriesを取ったのは4回目?RogerとNadalの2強時代がくるのだろうか。しかし、Safinもいるし、まだわからないかな?Nadalを追って、新たな若手が出てくるか?刺激を受けないわけないよね。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-24 23:36 | Tennis
 
Ball girl@Madrid
去年のマドリーの大会は視聴してびっくりしたんだが、今年も去年同様モデルさん達がボール・パーソンしてます(笑)。スペインって国はおもしろい。前年の大会はSafinが優勝したけど、今年はRogerもSafinもいない。その点ではさびしい大会。第1シードはスペイン人のNadal。そのまま自国で勝てるかな?

週末にはGAORAで中継もあると思うので、注目選手がいない人はモデルに注目するのもいいのではないでしょうか。僕は、今回はそっち側です(笑)。去年見てたらすげえ変な雰囲気なんだけど、まじめにボール拾ってるのがまた面白い。ただ、去年の黒と白ウェアーの方がよかった。
b0033344_2234185.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-18 22:40 | Tennis
 
Franz Ferdinand(フランツ・フェルディナンド)

Franz Ferdinand日本語サイト
(※クリックすると音楽が流れるので、念のため気をつけてください。)


去年1stを買いましたが、けっこう気に入ったので、週末に2ndも買ってみた。2ndはそれほど聞いていないので評価はすぐにはつけれないけど、1stの方が今は好きかも。ベタな選曲だけど「take me out」は好きだ。

何か安っぽい音楽なんだけど、何となくはまっちゃうご機嫌なナンバーが多いよね。Coldplayのサウンドの方がやっぱり好きだけど、フランツもなかなか。ロカビリーっぽい曲をもっと作ってほしい。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-18 00:42 | Music
 
広島カープ、野村謙二郎選手引退
基本的にはこのブログはテニスとサッカー中心なんですが、今回は野球の話題を。私は広島に住んでいますので、まぁ当然広島カープというチームには親しみはあります。ここ何年間かは、全く関心を無くしておりましたが。ただ、先日付き合いで観戦に行きました。

野村謙二郎選手の引退試合。超満員でしたね。久しぶりだったので、異常に懐かしかった。レッドに染まったスタジアムがとてもきれいでしたね。僕が中学生の時からいつも活躍していた選手なので、やっぱり寂しさはありますね。

大学2年ぐらいまではそれなりにプロ野球は見ていましたが、どうもいろいろプロ野球の裏事情を知ると応援したくなくなってしまった。カープというか野球自体を。んで、今のプロ野球ですが、興行という点だけで見ればOKだとは思うけど、結局球団を持っている企業だけが潤うシステム。要するに広告塔です。(多くのチームが赤字経営だけど。)それはまだよい。しかし、他スポーツ・一般住民への還元が全くないのが、やっぱり気に食わない。

日本は、企業スポーツ・プロ野球が繁栄してきたばかりに、スポーツ後進国のままだ。例えば、なぜ後発のJリーグが全国のグラウンドを天然芝にする活動をしっかりしているのに、プロ野球は何もしてこなかったんでしょうね。(競技の人気があるから立派な野球場だけは全国各地にありますけど。)改革と叫んではいるけれども、根本的な部分でスポーツ振興を目指していない時点で(野球振興しか目指していない)、他競技ファンからは支持を集めにくいだろう。企業を中心にスポーツ振興しても、それは限界がある。

話は戻って、昔は当然ジャイアンツ嫌いだったけど、結局カープはジャイアンツの存在がなければ成り立たないチーム。そういう事情を知るとカープよりジャイアンツに注目してしまうようになってくる。そうこうしているうちに、このまま普通にカープを応援していてよいのだろうかと思い始め、気がつくと無関心になっていった。まぁ、そんな今のカープに対する僕の考え方ですが、今思うところを多少述べようかと思う。

ジャイアンツ戦の地上波視聴率が取れない咋今。その放映権料で多くの収入を得てきたカープだが、来年以降は予想以上に厳しい現実が待っているだろう。本当にどうするんでしょうね。もっとも重要な収入源が大幅に減ろうとしているのに、対策は考えているのかな?

僕個人としてはプロ野球はもういいかげん地上波に頼るのは止めて、衛星放送でチームの専用チャンネルでも作って直接放映権を得るビジネスに変えるべきだと思う。地上波で試合が放送ないぐらいで苦情が来るなんて、信じられない。今はスポーツを見るとしたら、無料だけど制約の多い地上波で見るよりも、有料でも満足度の高い衛星(CS・BS)放送の方が絶対にいい。加入してみれば一発でわかる。(っていうか他競技は有料放送に入らないとほとんど見れないというのもあって私は加入していますが。)

カープのチーム方針とか詳しくないけれども、一時的な努力はすれど長期的視野のないチームという印象しか今のカープにはない。地元メディアのカープ批判もタブーで、進歩の欠片も見られない。ファンも実際に行動に移しているかというとあまりそうも思えない。今のプロ野球騒動を見ていると、仮にほりえもんがチームを買収したとしても現状のプロ野球では延命措置程度にしかならないんじゃないでしょうか。

2009年に新しい野球場ができるらしい。個人的には25000人規模のスタジアムでよいと思う。ただ、正直それまでにカープというチームがどうなっているかは想像もつかない。野村謙二郎選手がいなくなってしまった代償は恐らく来年相当出てくるだろう。来年のチームの目玉・話題って何?そして、将来のこのチームの目指すところは何なんだろう。

今日のホークス×マリーンズを見たけど試合自体はとても素晴らしかった。まだ野球が踏ん張れる可能性は十分にある。ただ、たった6チームのうち、3チームもプレー・オフに進めるルールって世界でも稀に見るひどい制度だと思うけど、それは抜きにしてよい試合だった。

今日のような盛り上がりは、広島では見れなくなる可能性が現状では非常に高いでしょうね。本当に野村謙二郎選手の引退試合がすばらしかっただけに、それを忘れずすべての広島カープファンが危機感を持つべきだろう。小学生のときのような純粋に野球を楽しめる時代は果たして戻ってくるだろうか?やっぱり戻ってきてほしい。でも、厳しいと思う。

(10/17 追記)
マリーンズが優勝しましたね。おめでとう。僕の学生時代の友達でマリーンズファンがいるので、とっても喜んでいると思う。

今日は仕事から帰ってきて8回裏から見たんだけど、まさにテニスで言えば絶対にブレイクが許されないような状態ですよね。ぎりぎりサービスキープみたいな感じで8回を守り、9回は0-15からあっさりと40-15とし、マリーンズがチャンピオンシップポイントをものにしました。

基本的にはカープの試合しか見ない僕としては、久しぶりの緊張感のある野球の試合を見たような気がします。本当に、最近の野球の印象って、ちんたらしたスポーツという印象しかなかったから。異常に新鮮だった。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-17 01:27 | その他
 
足首捻挫?
個人的なことですが、今日テニスをしていて(フォア)ボレーをしようと前に踏み出したら、左足を捻ってしまった。※僕は左利きなのでフォアボレーの軸足は右足なんですけど、左足に負担がかかっていたというのは変なフォームになっていた証拠でしょうか。

その後、大事をとってプレーをするのは控えたんだけど、昔も同じ箇所を捻挫したことがあるから非常に嫌な感じです。けっこう癖になりますからね、こういう怪我。あの時は、靭帯損傷って言われたけど、今回は当時ほどは痛くないので大丈夫だとは思います。今もちょっと腫れていたけど、今は若干痛みも引いてきた。

月末に試合を控えているので、あんまり長引かなければよいんですけど。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-16 21:43 | Tennis
 
Roger Federer負傷
何と、Rogerが右足の靭帯損傷というアクシデントに見舞われてしまった。何でも、練習中の怪我だった模様。

Masters Series Madrid、およびBaselの大会はほぼ絶望も模様。Masters Cup@上海は、出る予定みたいだ。去年も同じ時期に怪我でツアーを離脱したけど、やはりテニスプレーヤーというのは、本当に厳しいんだと現実を突き付けられる。そういえば、Safinも怪我で離脱だし、Hewittも怪我した時期があったよね。

僕としては、今年のNo.1がもうほぼ決定しているのなら、もうゆっくり休んでもらいたいぐらい。(Safinとの試合が組まれるのならば、ぜひ見たいけど。)ただ、No.1プレーヤーだからこそ、すんなり休んでいいかと言われるとそうもいかないんだろうね。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-13 23:54 | Roger Federer
 
アイルランドW杯予選敗退
W杯欧州予選で最も荒れていたグループ4。フランスがトップ通過を決めた。そして、プレー・オフに進んだのは、スイス。

最終戦、ホームでスイスを迎えたアイルランド共和国は、得点を奪えず0-0。結果的にグループ4位で終えた。

僕が2002年W杯で、(日本を除いて)最も応援したというか感銘を受けたのは、まさにアイルランドでした。日本開催試合の最初の試合は、カメルーン×アイルランド@新潟(6/1)。そのときは、それほどまだ注目はしていませんでしたけども。

2戦目のドイツ戦は愚直なまでのワンパターンな放り込みサッカーで、ロスタイムにRobby Keaneが値千金の同点ゴールで引分に持ち込む。あの時の、鹿島スタジアムにおいての選手とサポの一体感にいきなり感動した。

3戦目のサウジに3-0と勝ち、見事決勝トーナメント進出。ベスト16でのスペイン戦でもぎりぎり同点に追いつき、PK戦までもつれた。

結果、スペインに敗れはしたが、その後のアイルランドの選手、およびサポの紳士的な態度に、フットボールの素晴らしさを教わった。決して華麗ではないが、愚直なまでの頑固なサッカーで、我々を魅了してくれた。それがきっかけでアイルランドの歴史もちょっと勉強したんだけど、あれほどの団結力ができたわけというのは、世界中に散らばっているアイリッシュ達だからなんだとますます感銘を受けた。

2006年アイルランドがW杯の舞台で見れないのは、とても残念だ。しかし、プレー・オフに進んだスイスにはぜひ本大会進出を実現してほしい。(Roger Federerも応援していると思うしね。)これでアイルランドのフットボールが終わるわけではないし、また将来あの素晴らしいアイリッシュ達の雄姿が見れる日がくるだろう。

ただ、Roy Keaneの最後の雄姿が見たかった。
b0033344_22403125.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-13 22:44 | Football
 
AIG Japan Open Final
今日はAIG Openの男女決勝が行われましたね。

以前にこのブログでも何度かGolovinを紹介していましたが、今回初めてタイトル獲得のチャンスが。しか~し、足の怪我の為、試合続行できず。初タイトルはお預けになった。去年は観戦に行ったけど、今年はSafinの欠場もあってかチケットを買わなかった。しかし、Golovinの存在を忘れていたなぁ。隠れファンを装っていたくせに、今年もAIG Openに出場するのはチェックしておらず知りませんでした。

ところで、NHKのゴロビーンっていう呼び方は何なんだ?ゴロビンやらゴロバンやら雑誌やテレビによって呼び名は違うけど、初めて聞いたよ。勝手に名前付けるな、NHK。このブログではそういうこともあってか、カタカナ表記はせずアルファベットを使うようにしていますが、ゴロビーンって絶対変だよ。

ATPはMoodieがAncicを破り優勝。地味な決勝だったのは認めるけど、NHKはあからさまに女子の方をプッシュしていた。しかし、AIG Openって明らかに、男子の方がグレードが高いにもかかわらず、女子のほうを中心に放送するのは、選手に対しても失礼だ。2年前のSharapovaがツアー初優勝をこの大会で飾ったときは、ダイジェストのみだったんですけどね。

しつこいけど、来年はATPの一流どころを呼んでください。そしたら、東京のテニスファンだけじゃなくて、全国のテニスファンが有明まで行くと思いますよ。
b0033344_053313.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2005-10-10 00:12 | Tennis


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク