フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
 
Concert for Bangladesh
昨日11/29日はGeorge Harrisonの命日でした。
ちょっと前ですが、そのジョージの「Concert For Bangladesh」のDVDとCDを買いました。合計10,000円以上しましたが、ビートルズの中ではジョージが一番好きなこともあり、タワーレコードでこのCDとDVDを見かけたら、もう即買い。

出演者、みんな若いです。ジョージ、リンゴ、エリック・クラプトン、ボブ・ディラン、ビリー・プレストンなど。

My sweet Lord、While my guitar gently weeps、Here comes the sun、そしてSomething最高です。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-30 22:32 | Music
 
J1&J2残り1節
まずは東京ベルディ1969の降格について。
1994年、我々サンフレッチェ広島のサポを奈落の底に沈めたのは、まさにベルディであった。当時は、名門とはまさにベルディのことを指すぐらい日本では強いチームでした。そして2005年1月1日、2005年になって世界でもっとも早くタイトル(天皇杯)をとった。久しぶりに表舞台に帰ってきたかと思われた。しかしそのチームが、今日まさかのJ2降格となった。かつて最強チームだったあのベルディが。上村も無念だろうなぁ。
たったの11ヶ月で、まさに天国と地獄である。フットボールは、まことに恐ろしいスポーツだ。逆にこの一寸先は闇なところが、サッカーファンをやめられないところではあるんだけど。

一方でJ1優勝争い。何と残り1節を残した段階で、セレッソ大阪が首位。5位の千葉まで可能性がある模様。サンフレッチェサポとしては、勝手にやってろって感じですが、ただセレッソ大阪はなぜか昔から憎めない好きなところがあるので、セレッソに勝ってほしいかも。やっぱり今でも西澤&森島を越えるコンビって、日本ではないと思うんですよ。

ただ今の順位表を見ていえることは、世界でも稀にみる戦力均衡のリーグであるなと感じました。3年前、降格を経験した我々も、来年また降格する可能性があることを再認識させられる。何と天皇杯王者が降格するぐらいだから(京都も同じように降格したことがありましたが)。

その中で監督の力が重要であると尽く思い知らされる。シャムスカ監督に変わってから、おそらくJの中でも1、2を争う勝負強さを持つようになった大分、オシム監督の指導により屈指の強豪になった千葉はその典型。

一方、J2も熱い。仙台と甲府が最終節まで3位争いを繰り広げることになっている。J2は既に京都と福岡が昇格を決めているけど、最後まで毎年おなじみのJ2劇場が見れるのは、傍観者から見たらとてもおもしろいです(2年前は大変でしたけど)。仙台のサポーターは本当にすばらしいですね。あのスタジアムの雰囲気は本当に羨ましいです。ただ、最終節は両チームアウェーだから、わからないなぁ。ただ今日の段階では、来年のJ1は柏が有利でしょうね。どうなることやら。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-27 00:29 | Football
 
George Best
Unitedのスターとして、最も有名なフットボーラーであるGeorge Best(ジョージ・ベスト)が亡くなった。僕らの世代にとっては当然馴染みのない選手だけど、Unitedファンだからダイジェスト映像程度ならみたことがある。
Unitedの象徴的な背番号である「7」は、まさにジョージ・ベストがその最初の代名詞であったそうだ。稀代のドリブラー、ジョージ・ベストのご冥福をお祈りいたします。
b0033344_23105792.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-26 23:17 | Manchester United
 
釣り人Nalbandian
ナルバンディアンが最終戦を振り返る

このコラムよいですね。それにしても、Masters Cup前には釣りに行く予定を立てていたとは。そんな状態で緒戦はRogerとやって接戦を演じ、Coria、Ljubicic、Davydenkoには鮮やかに勝利。決勝戦は言うに及ばず。

今ごろは、ゆっくり釣りを楽しんでいるんでしょうね。Nadalもマジョルカ島出身だからか、釣りが好きみたいだし、Safinも怪我で棒に振った2003年シーズンは釣りをよくしていたらしい。テニスプレーヤーは釣り好き多い?

どうでもいいことですが、個人的に一番見てみたいのはHenmanのフィッシング姿。何故か見るだけで笑ってしまいそうです。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-24 23:52 | Tennis
 
アルゼンチンサポーター
Tennis Masters Cup Finalで頻繁にカメラに撮られていたアルゼンチンサポーターたち。着ているのは、ご存知アルゼンチン代表のユニフォーム。フットボールでも、ラグビーでも、バスケットでも、どのスポーツでもアルゼンチンと言えば、このカラー。こういう光景というのは、とても日本人の僕から見たら羨ましい。
b0033344_0151769.jpg

他の国だと、オランダのオレンジイタリア・フランスなどの青スペイン・スイスなどの赤アイルランド、メキシコの緑などは印象深い。ブラジル、オーストラリアは黄&緑アメリカは赤&青など併用している国もある。クロアチアの赤青モザイクもなかなか印象深い。まあ大体が国の由来とか、国旗のカラーに近いですね。

でも、日本って各スポーツで、ナショナルチームのカラーが全然違う。フットボールの青ラグビーの桜バレーは赤白だっけ?バスケは知らない(ファンの人ごめん。)ほかにもいろんな競技を見てみたら、やっぱり日の丸カラーの赤白が多いかな?

ユニのメーカーが違うのも影響があるんかもしれないけど、仮にテニスを海外に行って見るときには、どのカラーで見れば日本人サポってすぐにわかるだろうね。今ならやっぱり青か?ユニ持ってる人も多いだろうし。

でも、別に全部調べたわけじゃないけど、国際的に見たらこんなに競技によってユニの色が違う国ってないんじゃないでしょうか?

日本人は代表チームとか五輪とかどうも大好きみたいだけど、本当に国が一体になってスポーツを強化しようと思うなら、代表チームのユニの色ぐらいは統一すべきですね。(現状から見て、不可能だろうけど。)何かこの辺が全く洗練されていないんだよなぁ、日本のスポーツ界って。とってももったいない!!!そんな状況なのに、なぜ多くの日本人は各競技で日本代表の試合だけは熱狂的に見るんだろう。僕には意味がわからん。

個人的には近隣の中国や韓国は赤だし(あまり好きな国ではないので)、赤はNG。やっぱりサッカーファンだし、青がいいかな。青は日本の周りの海をイメージしている色なわけだし。桜も日本っぽくて結構好きだけど。

テニス会場でのアルゼンチンサポ達を見ていてこんなことをふと思った。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-23 00:53 | Tennis
 
Masters Cup 2005 Final
David Nalbandian 6-7 6-7 6-2 6-1 7-6 Roger Federer

試合時間は、何と4時間30分を超えていました。試合が終わったばかりでうまく表現できないけど、スコアが示すようにすばらしい試合だったのは言うまでもありません。Nalbandianは常に冷静で、スーパーショットを連発。Rogerも世界No.1のプレーを披露し続けた。試合展開はあのAustralian OpenのSafin戦が頭をよぎるような展開でした。

Nalbandianという選手は本当に不思議な選手で、ビッグタイトルとは縁がなかった。技術は当然トップレベルのものを持っているんですけどね。彼が一躍トップの場に踊り出たのは2002年のWimbledon Finalだったけど、Hewittに敗退。それから、Masters SeriesでもFinalには進むものの最後に勝てない状態が続いていた。今回は、そのイメージを完全に覆すRoger Federerへの勝利だった。

Rogerは今日の敗退で、失ったものは確かにある。決勝戦での24連勝記録、35連勝、年間最高勝率だったり。

ただ、この試合が2005年の最後の試合だったし、来年のRoger Federerには何も影響することはないだろう。No.1プレーヤーという位置付けは、もはや磐石だ。むしろ少しプレッシャーが減って、よりよいプレーができるようになるんじゃないでしょうか。今年の経験はおそらく来年、また生きてくるだろう。Wimbledon4連覇、Roland Garros制覇と大きな目標があると思うけど、また2006年には新生Roger Federerが見れると思う。一年間、すばらしいプレーを披露し続けてくれたRoger Federerに感謝!そして、このすばらしい試合の主役であるNalbandian、おめでとう。「VAMOS ARGENTINA」ってカメラにサインしていたシーンは微笑ましかったですね。
b0033344_2319679.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-20 23:20 | Roger Federer
 
Masters Cup 2005 Semi Final
Federer 6-0 6-0 Gaudio

2004年のUS Open決勝でHewittを2回もダンゴ(6-0)でセットとったように、Rogerにとってはあながち無理なことではないんですけど、やっぱりすごいよ。大舞台に強すぎるRoger Federer、素敵すぎ。

Davydenko、Nalbandian、決勝の相手は誰に!?
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-19 21:32 | Roger Federer
 
Roy Keane United退団
Shock as Keane quits United

あまりにも突然でびっくりしました。12年Unitedで活躍してきたKeane。キャプテンといえば、Keane。チームの心臓でした。これからは、スコットランドのCelticが有力らしいけど、新天地でもがんがん頑張ってほしい。

でも、Unitedの中盤はこれからどうするんだろう。来週はChampions Leagueも再開されるし、心配だなぁ。それにしてもなぜこのタイミングなんだろう・・・情報が多く入ってくるまで様子見るしかないんでしょうか。
b0033344_0592411.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-19 01:03 | Manchester United
 
Masters Cup 2005 vs Coria
R Federer 6-0 1-6 6-2 G Coria

何とも大味なゲームでした。それにしても、Rogerはアンフォースド・エラーが多かったなぁ。Coriaもすばらしいショットを連発していたので、途中大苦戦。(今は中国にいるけど、昨晩の深夜にW杯予選のスイス×トルコを実はテレビで観てたりしたんじゃないかな。怪我の療養中には母国スイスでサッカー観戦してたしね。寝不足で今日不調だったんならそれもまたおもしろい。)

さて、これでグループリーグは3連勝。無事、準決勝進出を決めました。そして今日の勝利で年間80勝(3敗)です。でも、Nadalも79勝していたんですね。ようやく年間最多勝数。

残すはあと2試合。相手はまだ決まっていませんが、だれがきてもRogerは勝ってくれるでしょう。
[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-18 00:11 | Roger Federer
 
Australia World Cup 出場
今日プレーオフでウルグアイとのPK戦を制し、何と32年ぶりのW杯出場を決めました。オーストラリアに行ったことがあるわけではありませんが、サンフレッチェ広島のファンとしては、かつてオーストラリア出身の選手が広島に多く(コリカとかポポビッチとか)、親しみはあります。Premierにもけっこういるよね。次回の予選からは何とAFCに入るんだけど、今回のW杯進出は素直に賞賛したい。

しかし、時差がないのすっかり忘れていました。てっきり、普通の海外の試合みたいに早朝に試合あると思っていたから。だから普通にテニスMasters Cupと日本×アンゴラの試合見てました。ライブで見るなら、間違いなくこの試合だったよねぇ。

元オーストラリア代表監督で元サンフレッチェ広島監督のエディ・トムソンも天国で喜んでいると思う。
b0033344_23112012.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2005-11-16 23:19 | Football


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク