フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
 
世界1位フェデラーが今秋初来日へ
世界1位フェデラーが今秋初来日へ

日本テニス協会は31日、今秋のAIGジャパン・オープン(10月2~8日、東京・有明テニスの森公園)に、先の全豪オープンの男子シングルスで優勝したロジャー・フェデラー(24=スイス)が出場することになったと発表した。世界ランキング1位のフェデラーは初来日となる。

日本協会の盛田会長が全豪オープンの会場に出向き、出場を直接打診して快諾を得た。


うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、夢だと思っていたRoger Federerの来日がついに実現するぅぅぅぅ。有給とって東京行かなきゃ~~~~~~~~。うれしいぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~。なんと表現すればよいか、もうわけがわかりません(笑)。

盛田テニス協会会長を始めとして、尽力を注いだであろう多くのテニス関係者に感謝!!!!

ただ怪我だけには気をつけてください。ここ2年間秋のRogerは怪我がちなので、それが唯一の心配。

※情報を提供してくれたガールさん、ありがとうございました!
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-31 22:43 | Roger Federer
 
2006年全豪Roger優勝
Roger Federer (Sui) 5 7 6 6
Marcos Baghdatis (Cyp) 7 5 0 2

Rogerファンにとって、記憶に残る決勝戦になりました。表彰式でロッド・レーバーと抱擁してから、スピーチに入ると泣きだしちゃうんだもんなぁ。こっちまで、もらい泣きしてしまいました。

さて、これでグランドスラム7個目のタイトル。2003年のWimbledonでのグランドスラム初タイトルから、何と11大会で7回の優勝。なんてすばらしい成績だろう。そして、この勝利によって、年間グランドスラムに挑戦する権利を得た。

今大会も勝って当たり前といわれ続けながら、何度も苦戦を強いられプレッシャーで押しつぶされそうになるほど、精神状態が追い詰められていたんだと、表彰式の姿で容易に想像できた。しかし、王者としてまたひとつ大きな壁を乗り越えてきた。

さて、次にRogerの前に現れる壁は、Roland Garros。この大会でのRogerへの注目度、プレッシャーは相当のものだろう。しかし、きっと達成してくれるんじゃないかと僕は信じている。おめでとう、Roger。
b0033344_22501418.jpg

b0033344_2251030.jpg

b0033344_22513236.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-30 22:52 | Roger Federer
 
2006年全豪Henin準優勝
A. Mauresmo 6 2
J. Henin-Hardenne 1 0

諸事情があって試合はまだ見ていないんですけど、Heninが途中棄権という結果、Mauresmoがグランドスラム初タイトルを手にした。

いろいろ批判されそうなできごとだけど、ゆっくり休養してまた目の覚めるようなショットを連発して、グランドスラムタイトルを取ってほしいですね。

お疲れ様でした、JuJu。Mauresmoも、初グランドスラムタイトルおめでとう。
b0033344_2343158.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-29 23:44 | Justine Henin
 
2006年全豪Rogerセミファイナル勝利
R. Federer 6 5 6 6
N. Kiefer 3 7 0 2

よっしゃ~。Rogerは昨年Safinに大熱戦の末破れた準決勝でしたが、Kiefer相手に見事に勝利。2年ぶりの決勝進出です。日曜日の夜に、Rogerの活躍が見れるなんて素敵すぎだ。

実は家に帰ったらすでに試合終了していたので生では見れなかったんですけど、無事決勝進出が決まりましたし、決勝戦はじっくり観戦したいと思います。

対戦相手は、最近何度も紹介しておりますが、ノーシードから勝ち上がっていたキプロス出身のBaghdatis。彼の母国であるキプロスではお祭り騒ぎの状態らしい。そりゃそうだよね、Roddick、Ljubicic、Nalbandianといったトップ選手をことごとく破ってきたわけだし。あれほどの小国でも、ここまで旋風を巻き起こせるなんて、キプロス国民も鼻が高くなるはず。しかも決勝の対戦相手がRoger Federerなんて、何てドラマチックなストーリーだろう。失うものは何もないし、観客も王者FedererよりもBaghdatisを後押しするかもしれない。

しかし、そこは王者Roger Federer。王者が負けるわけにはいかない。年間グランドスラムを勝ち取るための最初のチャンスであり、試練でもある。Rogerだって苦しみながらも強敵を倒してきた。ドラマチックな結末になるであろう決勝戦ですが、2年ぶりの全豪タイトル奪回まであと1勝。素晴らしきRoger Federerのテニスを期待したい。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-27 22:30 | Roger Federer
 
2006年全豪Heninセミファイナル勝利
J. Henin-Hardenne 4 6 6
M. Sharapova 6 1 4

得意のバックハンドのダウン・ザ・ラインが決まり、Ju-JuがSharapovaに勝利。何とも芸術的なショットだった。これで2年ぶりの全豪決勝進出。怪我から完全復活だ!

b0033344_23533226.jpg第3セットしか試合を見ていませんでしたが、それでもこの試合の素晴らしさはわかった。

Sharapovaのショットの威力はすさまじかったけど、それをかわしたHenin。最後は経験の差がものをいった。

Sharapovaの潜在能力もやはり素晴らしく驚かされるばかり。Sharapovaは強者と試合をしたときこそ、本当にすばらしいテニスを見せてくれる。Heninにとっては、素晴らしい好敵手だ。

A. Mauresmo 5 6 3
K. Clijsters 7 2 2

そして、Ju-Juの決勝戦の相手は、Mauresmoに決定した。Clijstersの怪我というアクシデントはあったものの、実力は当然ある。グランドスラム無冠ではあるが、いよいよ決勝の舞台に駒を進めてきた。両者とも、シングルバックハンドの名手。すばらしい決勝戦を期待したい。

そして先ほどまで生放送をやっていたボトムハーフの男子準決勝。

D. Nalbandian 6 7 3 4 4
M. Baghdatis 3 5 6 6 6

BaghdatisとNalbandianの試合は、何とBaghdatisが2セットダウンから逆転勝利。才能あふれるプレーで、ついに決勝戦まで突っ走ってきた。ツアー優勝なしという実績は関係ない。とにかく、決勝戦も若さあふれるプレーで攻撃的にくるだろう。残り3ポイントという場面で雨の中断というハプニングはあったが、まったく動じず。最後は、サービスエースで試合を飾った。素晴らしき20歳。

さて、明日はいよいよRogerとKieferの準決勝。Baghdatisと決勝戦を戦うのはRogerだと私は信じているが、まずは確実に勝利をおさめてほしい。Go Roger !
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-26 23:04 | Justine Henin
 
2006年全豪Roger準々決勝勝利
R. Federer 6 3 7 7
N. Davydenko 4 6 6 6

先ほど帰宅しましたが、すでに試合は終わっていました。タイブレーク2回もあったのね。スコアを見る限り、かなり競った試合だった模様。準決勝進出、おめでとうRoger。しかし、さすがグランドスラム。次から次へと強敵が待ち受けている。

N. Kiefer 6 0 6 6 8
S. Grosjean 3 6 4 7 6

Kieferすごいね。なんちゅー試合をしているんだ。第2セットのダンゴはよくわからんけど、かなりの長期戦だったみたい。それにしても、今年の全豪はフルセットマッチが多いなぁ。けがで欠場している選手が多いのも事実だけど、新シーズンが始まったばかりだし皆この大会にばっちり照準をあわせていたんでしょうか。それにしても、夏のオーストラリアで本当によくこのような熱戦を繰り広げられますね。テニスプレーヤーには本当に感服する。

明日のNalbandianとBaghdatisの試合もかなり気になるけど、準決勝は相当の覚悟で臨まないとなぁ。Rogerは昨年負けてはいないけど、Kieferにセットとられたりしていたし。

今日は、スイス人3人が試合を行ったんですね。(今日に限らず、今大会はFederer、Hingis、Schnyderと同じ試合日だったけど。)しかし、スイス人で残ったのは今日でRogerだけとなりました。(Hingisは確かダブルスにも出ていたような気はするけど。)次のkiefer戦もexpress全快で、Go Roger !

それと気になる点は去年の最終戦で優勝したNalbandianとMauresmo。両者ともこれまで順調に勝ち進んでいる。去年のあの勝利はこの2人にとっては初めてのビッグタイトルだっただけに、一皮むけるきっかけになったんだろうか。ClijstersやBaghdatis、Rogerはどのように試合を挑むんだろう。今年の全豪もとてもいい展開だ。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-25 22:30 | Roger Federer
 
2006年全豪Henin準々決勝勝利
L. Davenport 6 2 3
J. Henin-Hardenne 2 6 6

今大会一番の山場となったDavenportとの試合。Ju-Juは1セットダウンだったものの、逆転で試合をものにした。(試合内容については、録画中継を見た後コメントします。)次なる相手は

M. Sharapova 7 6
N. Petrova 6 4

Sharapovaは2004年のWimbledonで劇的に優勝を飾ったが、それ以降グランドスラム大会の決勝戦に進出できていない。それだけに、モチベーションは高いだろう。しかも、去年は負けた相手がすべてグランドスラムを優勝するという結果だった。Roland GarrosでHeninに敗れたことも当然Sharapovaにとってはきっと糧にしてくるだろう。新たなる戦略で戦ってくるだろう。2年前のチャンピオンであるHeninにとってはやっかいな相手なのは、間違いない。
開幕前にいわれていた怪我の影響が今あるのかどうかは知らないが、泣いても笑ってもこの試合の勝者が決勝進出。

しかし、Heninは現在のナンバー1選手であるDavenportに勝利した。恐れる選手はいないはず。準決勝、Heninは世界中のマリア・ファンにとってはヒールになるだろうけど、またSharapovaの大きな壁になってくれると信じている。Go Ju-Ju !

※男子準々決勝
勝者は、NalbandianとBaghdatis。両者とも派手な試合を演じている。Nalbandianは、2度もダンゴ、BaghdatisはあのLjubicicにもフルセットマッチで勝利した。これはすさまじい準決勝になるでしょうね。どちらも、Rogerを倒すポテンシャルを持っているから。
改めて言うけど、それにしてもBaghdatisのテニスは素晴らしい。Andyとの試合なんか、もう完全に自分のものにしていたもんなぁ。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-25 00:55 | Justine Henin
 
2006年全豪Roger4回戦勝利
R. Federer 6 6 3 4 6
T. Haas 4 0 6 6 2

何と5セットマッチにもつれ込む接戦に。辛くもRogerが勝利した。家に帰ってきてスコアをチェックしたら第4セットの段階で1ブレイクされていたので心配になりました。デジタルでは生中継が見れたようだけど、我慢して延々とオフィシャルサイトのラジオの英語実況を聞きながら、一人でエキサイト。

Federer Forehand ,Haas Forehand , Federer Forehand , Haas Backhand ,Federer Backhand Down the line 40-0 !

て感じで延々と放送がされていたわけですが、けっこう面白いですね。会場の声援で、観衆が盛り上がっていたのもよくわかった。(もういいかげん設備投資してデジタル契約しろよって感じですけど)。権利の関係もあるだろうけど、オフィシャルは動画を流してくれないかなぁ。

しかしまぁ、5セットになってからずっとドキドキですよ。Haaaaaasとかいう度に、びっくりします。

そんな心臓に悪い時間をすごしつつ、何とかRogerが勝ちました。よかった。これで、ベスト8進出。2度目の全豪タイトルまで後3勝だ。Go Roger !
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-24 00:38 | Roger Federer
 
テニス日本リーグ観戦記
当初は、追記として書いていたんですけど、いつのまにか文章が多くなってしまったので、独立させます。

本日、日曜日もテニス日本リーグ観戦に行きました。北日本物産の本村剛一選手は、さすがに上手でした。それと加藤季温選手は、ガッツを前面に出す選手で好感が持てました。また北日本物産の辻野監督は雑誌で顔だけ見たことがあったけど、なかなか貫禄のある人だった(笑)

b0033344_21135876.jpgしかしこの大会を見て思ったのは、(他の国内の大会の事は知らないから一概に言えないけど)選手が一生懸命やっているだけにボールパーソンぐらいつけろよと思いました。ジャッジもセルフだし。部活で玉拾いばかりさせられているであろう1年生部員をこういう大会で使ってあげればいいのに。(学校にもよるけど、偉そうにしている)先輩の球拾いよりよっぽど有益だし絶対に勉強にもなる。

Jリーグなんかだとユースの選手は時間があえば試合に見にきているし、ボール拾いを高校生がやっているし、(広島では)ビッグフラッグをあげたりするサポーターの手伝いも地元の高校のサッカー部がやっている。自分も昔球拾いを経験してきたけど、1年生なんかを呼ぶべきだと思います。絶対、喜んで球拾いしてくれると思いますよ。本当の強化というのは、こういう小さな部分も必要だと思います。間近にうまい選手を見れるんだから。
で、入場料は無料だったんですけど、申し訳ないので500円のパンフレットを買いました。楽しかったから、入場料は1000円ぐらいとってもいいんじゃないかとも思った。テニス協会は商売が下手だ。もっとプロフェッショナルを目指そうよ、テニス協会。テニスが好きな人は、喜んでお金を出しますよ、絶対。

客席は少ないものの、僕も最初は立ち見で観戦していたぐらい、そこそこ観客はいました。テニス観戦に興味のある人はまだまだ少ないけど確かに存在するんです。広報や運営面をもっと重視して、日本の各地でテニス観戦をする人が増えるよう努力するべきですよね。観客がおおくれば、それだけ選手のやる気もあがるでしょうし、大舞台でも活躍できるようになるものです。こうやって初めて本当のテニスの強化につながる。将来性のある選手を見出して強化するのも当然大切だけど、やはり日本テニスを応援する人の数を増やさないと結局まだまだ行き詰まってしまうんじゃないかと個人的には思います。
(写真は本村剛一選手)
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-22 22:52 | Tennis
 
2006年全豪Henin4回戦勝利
V. Ruano Pascual 0 3
J. Henin-Hardenne 6 6

おっと、1セット目はダンゴでしたか。いよいよ、調子が出てきた模様。Ruano Pascualといえばダブルスの名手というイメージがありますが、手堅く勝ててよかったです。さて、次は最初の山場であるDavenport戦ですね。恐らくナイト・セッションに組みこまれるであろう、今大会女子の最初のビッグ・マッチですね。アナログWOWOWしか見れないので中継の少ないHeninの試合をなかなか見れない。だからHeninの状態を確認できていないのは残念ではあるがJu-Juならやってくれるだろう。
準決勝のことは先のことなので考えてもしょうがないけど、恐らくSharapovaでしょうね。去年のRoland Garros同様、Sharapovaを翻弄してほしいものだが、怪我をしていたわりに順調に勝ち上がってきているSharapovaはさすがとしかいいようがないね。

で、男子。

M. Baghdatis 6 1 6 6
A. Roddick   4 6 3 4

ア、ア、ア、ア、アンディー!?負けちゃった。結果見てびっくりですよ。Baghdatisという選手は、去年Rogerと試合をしているのを見たことがあるけど、失礼ながら意外な伏兵に足元をすくわれてしまいましたね。このBaghdatis選手は、キプロスという国の選手です。キプロスといえば、たしかヨーロッパの小さな島国ですよね。ギリシャ系の人々が暮らす国だったと思う。(Baghdatisという名前もまさにギリシャ系だし。)

去年、AndyはUS OpenでMullerというルクセンブルクの選手にも負けたけど、実はAndyは小国出身の選手に弱いのか?大国アメリカ出身のRoddickが負けるというところに、また一つテニスという個人競技の魅力があるよね。

Rogerファンの僕としては、Masters Cup上海で苦戦したLjubicicやRogerを下したNalbandianとの対戦には少なからず不安もあるんですけど、やっぱりRogerの脅威となりうる選手というのはSafin、Nadal、Roddickの3人なので、この試合結果にはかなりびっくりしました。しかし、次から次へと若手が出てくるね。Rogerも24歳で十分に若いですけど(笑)。
気になるBaghdatis選手の紹介はこちらを。21歳らしいけど、20代後半に見えます(笑)。しかし、この選手、大阪スーパージュニアで2度も優勝しているのか。日本でも彼のファンはいるだろうな。もしかして、これからビッグ・プレーヤーになっていくのかな?Andyに大舞台で勝っただけに、当然その資格はあるでしょう。

※1/23追記
Baghdatisのプレー見ました。とっても才能を感じます。読みのよさ、嗅覚を持っています。フォアハンドなんてトップレベルじゃん。サーブも美しい。今年トップ10に入ってきてもおかしくないですね、今回の出来を見たら。Rogerの脅威になるに十分に値する選手ですね、間違いなく。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-01-22 20:53 | Tennis


Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク