フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
 
2005-2006プレミア・Chelsea優勝
Unitedは今日の直接対決でChelseaに一泡ふかせたかったが、ボコボコにされてしまった・・・

今日はJリーグで応援しているサンフレッチェ広島が2002年にJ2降格したときのような雰囲気の負け方をしてしまったし、Unitedもあっさり負けてもう最悪。まぁ、嫌ならサッカーなんて見なければいいだけの話なんですけどね。今日は本当にサッカー見たくないって、2度も思ったのは事実です。でも、マラドーナの特集番組を見てそんな気持ちは吹き飛んでしまう自分は本当に単純な人間だ。

今年のUnitedはカーリング・カップ優勝のみか。キーンが移籍したり、チャンピオンズ・リーグもグループリーグ敗退とろくなシーズンではなかったなぁ。しかも、ファン・ニステルローイも移籍のうわさもあるし、来期はどうなっていくんだろう。でも、Chelseaに今シーズン初めて土をつけた試合は素晴らしかったので、自力はまだまだあると思います。

しかし、Chelseaは強いなぁ。テリー、ランパードを始めとして監督も優秀だし。

ちなみに、プレミア勢はアーセナルがCL決勝進出、ボロがUEFA CUP決勝進出と奮闘してますね。プレミアリーグ好きとしては、ぜひ両チームとも優勝してほしい。それぞれの対戦相手がバルサ、セビージャということで、プレミアVSリーガ対決ってなかなか興味深いですね。ボロがセビージャに勝てば、同じプレミアのアーセナルも勇気付けられるんじゃないでしょうか。ただそういう事実があるだけに尚更、Unitedの今期が残念だ。

追記 
ルーニーが全治6週間の骨折。イングランドのW杯に黄色信号が。これはとんでもない事態です。どうするんだ、これ。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-30 00:59 | Manchester United
 
尾崎豊
尾崎豊が10代最期に残した幻の音源が遂に甦る!!(yahooより)

尾崎豊、高校生の時よく聴いてました。一応、当時は日本の音楽もそれなりに聴いていましたので。懐かしい。そういえば4/25は命日だったんですよね。そんな僕も、今や尾崎と同い年とは・・・

1st「17歳の地図」から1枚ずつアルバム買っていったんだけど、どうも「街路樹」を聞いてそれ以降は挫折してしまった。「街路樹」以降の「誕生」「放熱への証」は持っていないんですけど、どんなアルバムなんでしょう。知人の尾崎ファンが言うのは、「誕生」が一番よいと言っていたけど。持っている中では「回帰線」が一番好きですね。一番好きな曲は「Forget-me-not」。

どうも、全部のアルバムを集める気にならないまま、気がついたらすいぶん時が過ぎてしまいました。その気持ちは今もあまり変わらないんですけど。

ただ僕が知らないだけかもしれないですけど、今の日本には尾崎豊のような暗いけど、訴えかけるような音楽を作るミュージシャンはいないですね。やっぱり、尾崎豊って独特な音楽を作っていたんだなぁと思います。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-27 22:41 | Music
 
Wimbledonへの批判
アディダス、ロゴへの規定で4大大会を訴える
ウィンブルドンの判断に非難の声高まる(tennis365.net)

何かウィンブルドンがいろいろ批判の対象になってますね。これは一観戦者の僕が何をいってもしょうがないことなので、特に問題ではない。

それより、入場時の「あいさつ」を復活させてくれないだろうか。これが、観戦者の僕としては、一番訴えたいことです。選手からの要望もあるんじゃないの?
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-26 23:44 | Tennis
 
nakata.net cafeが再オープンです。
2002年W杯開幕直前からW杯期間中に、東京でnakata.net cafeがオープンしていたことを知っている人もいるかと思います。

僕も、2002年の5月下旬だったと思いますけど、一度行きました。すごくオシャレなサッカーカフェで、まだW杯開幕前だったんですけど人もけっこう集まってました。当然外国人の方々もすでにたくさんいました。W杯期間中だったら、どんな雰囲気だったんだろうな~。

ちなみにちょうど行った日にFIFA関係のメディアが取材にきていて店内を撮影していたんですけど、それがそのまま国際映像で放送されたんですよ。何と店内でノートパソコンをいじっていた僕が1秒ぐらいうつっていたんです(笑)。スカパーのW杯中継でその映像を見たんですけど、確かロシア戦の前にnakata.net cafeを紹介するVTRが流れていたんです。まさか自分が行った日の映像が国際映像として放送されるとは思ってもみなかったのでびっくりしました。

そのnakata.net cafeがまた復活したそうです。前は東京駅のすぐ近くだったので、東京の土地感のない僕もすぐにたどり着くことができたんですけど、今度は青山で開店したそうですね。行ったら迷いそうだから、行くならガイドを用意しないとなぁ。もし行ける余裕があれば行きたいなと思ってます。でも、W杯期間中の6月って連休無いよね・・・。当時はW杯期間中に行けなかったのが心残りだったので、今回は期間中に行ければよいんですけど、西日本在住の僕にはちょっときつい。じゃあ、ゴールデンウィークしかないか。(そういえば、こんなイベントがあるなぁ。でも無料で人多そうだから、ダバディ氏と話をするのは難しいかも。それとサンフレッチェのアウェー戦も5/3にあるのか。案外作ろうと思ったら、用事つくれるかも。迷う~。)

行った方、感想ください。

nakata.net cafe
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-25 22:16 | Nakata
 
モンテカルロ&フェドカップ・レビュー
ナダルがフェデラーを破り優勝◇モンテカルロ・マスターズ(tennis365.net)

クレーでの連勝記録を42に伸ばしたナダルは、「今週は最高の週だったよ。信じられない。クレーコート・シーズンを優勝でスタート出来たこと、そして決勝でフェデラーを倒すことが出来たのは非常に重要なこと。」と笑顔でコメント。 一方、惜敗したフェデラーは、「全体的にはいい試合だったと思う。ナダルとの試合を楽しんだよ。また(苦手の)クレーのシーズンを前にして色々と疑問があったのだけれど、それも解消できたしね。今週は僕にとってすばらしい1週間だったよ。」と語り、前向きに敗戦を受け止めているようだった。

気になる部分は(苦手の)クレーのシーズンって部分。勝率も他のコートに比べても確かに低いかもしれないし、本人も多少はまだ苦手意識があるのかもしれないが、僕はそうは思わないんだよね。土日の試合を見る限りでは。Rogerは優勝できなければいつまでたっても苦手扱いされるんだよな~。普通にNadalがクレーで強すぎるだけでRogerは十分強いと思うんだけど、No.1プレーヤーってこんなことを言われ続けるから本当に大変ですね。クレーのタイトルも取ってるっつーの。じゃあ、大会にも出ていないAndyやHewittはどうなんだよって話です。(両者のファンの方、すいません。)

ただ、これってやっぱりサンプラスやエドバーグという過去の偉大なチャンピオンが同じ道を歩んできているから、このような比較論がでるんでしょうね。裏を返せばそれぐらい認められているということ。

ただ結局マスコミというのは好き勝手書くものです。十分クレーでもRogerの強さは証明できていると思いますよ。まぁ、No.1である限り、勝てなければ不調だの苦手だの言われるのは宿命なんでしょうけど、周囲は気にせず自分のテニスを発揮してくれればそれでいいと思います。

Nadalが「昨年のパリより楽な試合だった(追記:正確には「難しくなかった」が正しいみたい)」と言ったとか言わなかったと岩佐徹氏のブログで話題になっていましたが、このくらいの発言がないと逆に面白くないってのが個人的意見。(何かあのブログ最近殺伐としているので、リンクははりません(苦笑)。)
Nadalはまだ、10代ですよ。世界No.1に3連勝でこれぐらいの発言したくなるのも当然だし、大物なんだからこういう発言があってこそ、もっとテニス界が面白くなるんです。

だた、本人が本当に発言したかどうかは疑問ですけどね。
記者が「去年のローラン・ギャロスの方がきつかった?」という質問に「初めてのグランドスラム準決勝で相手がフェデラーだから、やっぱり去年のパリの方がきつかった。」といっただけかもしれないし。真相はわかりませんし、Roger本人も気にしていないと思います。

ともかく、RogerがRoland GarrosでNadalを破ることは十分ありえる。まぁ、NalbandianとかCoria、Gaudioなど強敵がいっぱいいるので、いつもRogerが言うように一戦一戦集中してプレーし続けるだけだと思います。次のローマに向けて少し休んで、そしてローマのタイトル獲得を目指して、がんばってください。

何かレビューになってなくてすいません。ただの記事の感想になってしまった。

それと映像を見ていないので結局レビューにできるようなネタはないフェドカップですが、エナン&クライシュテルスのダブルス見たい~~。そういえば、キムと言えば杉山愛選手とダブルスの組んでいい成績残してたし、ダブルスもうまいでしょう。(今回ロシアには負けちゃったけど。)放送見忘れないように、ここにメモ書きしてきます(笑)。

(J Sports 2)
05月21日 (日) 11:55 - 12:55 テニス フェドカップ2006 1回戦ハイライト
05月23日 (火) 09:30 - 10:30 テニス フェドカップ2006 1回戦ハイライト

ちなみにフェド・カップの実況している声の色っぽい小林千鶴さんって、何とサッカー実況でお馴染みの倉敷保雄氏の奥様らしいです(笑)。昨日、調べてはじめて知りました。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-24 22:50 | Roger Federer
 
モンテカルロ・ファイナル
Federer 2-6 7-6 3-6 6-7 Nadal

Nadal君、あんたはすごい!Roger応援してましたが、言うことありません。2ndセットだったかな?あの超低い体勢からのストレートのフォアハンドは何なんだ。あんなの初めて見た。あれ以外にも驚きのショットの連続。勝者にふさわしいテニスでした。おめでとう。

Rogerとしては、バックハンドがあれだけアンフォースド・エラーになってしまったのはしょうがないと思います。ウィナーの数はRogerが多かったけど、Nadalの粘りのテニスは正直誰でも厳しいです。ボレーはとってもよかったし、Rogerは何度も回り込んでのフォアハンドを打って対抗していましたが、やっぱりレフティーのテニスって独特なものがありますね。(一応、僕も下手っぴですけどレフティーなんで、レフティーの優位性ってよくわかる。自分はそれを全く生かせていないけど(笑)。)

それほど不調だったわけでもないし、寧ろ随所にスーパープレーが見れた。そしてゾーンに入っているときはいくらクレーコートのNadalでもRogerにかなわない時間帯があることはわかった。Roland Garrosタイトルを獲得するためには、当然Nadalに勝たなければいけないだろうけど、その鍵は集中力の維持にあるみたいですね。ただその集中力をそぐようなショットをNadalは持っているから、これまたやっかい。じゃあ、結局どうすればいいんだって話ですが、結局1stセットから優位に進めていくしかないかもしれない。どうもNadalとの試合では、序盤にNadal優位な状況にされて、それを追いかけていくという展開が多いですからね。

しかし、前哨戦はまだ続く。Roland Garrosの前にもう一度試合をする機会があるかもしれない。このまま、Roger Federerのクレーコートシーズンが終わるとは絶対に思わない。次こそは。

もう完全にRoger FedererとRafael Nadalの2強時代ですね。僕のお気に入りカードにいよいよRoger Federer×Rafael Nadalが加わりました(遅!)。そしてSafinも早く戻って来い!

※Rogerとは関係ないけど、寝ようと思っていたら、フェドカップでHenin&Clijstersがダブルスを組んでいる情報を知ってしまって、気になってしまう。明日からまた仕事なのに。まぁ、ベルギーは勝ったみたいなので、こちらは明日の晩にでもまた詳しく調べてみるかな。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-24 02:07 | Roger Federer
 
モンテカルロSF
Nadal 5-7 6-1 6-1 Gaudio
Federer 6-2 6-4 Gonzalez

Nadal、Rogerともに強し。まさに明日はNo.1とNo.2の頂上対決です。NadalはGaudioに1stセットをとられたものの、そこはクレー王者。2nd以降は隙のないテニスで新旧Roland Garrosチャンピオン対決を逆転勝利。

一方のRogerも完璧なテニスでGonzalezのハードヒットをかわす。本当に調子がよいみたいです。当然クレーコートスペシャリスト達が勝ちあがってきた今大会でしたが、彼らを上回るテニスで決勝の舞台までたどり着きました。

中継を見ていて指摘されていましたが、Rogerはマスターズ・シリーズもモンテカルロ、ローマ、パリ、マドリーをとれば、マスターズも制覇なわけですね。モンテカルロが手の届く位置にいるだけに、モンテカルロタイトルにより一層期待が高まります。気の早い話ですが、これをとれればローマにも勢いづくわけで、ローマを取れればさらにRoland Garrosもより一層自信を持って臨めるはず。そういった好循環に持っていくためにも、明日は最大のライバルであるNadalに勝利してほしいですね。

本当に予想のつかない決勝戦になりそうです。Nadalのクレーコート連勝記録とRogerのマスターズシリーズ連勝記録、どちらが先に止まるかという点も注目。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-23 02:07 | Roger Federer
 
モンテカルロとフェドカップ
フェデラー、ナダルが準決勝へ◇モンテカルロ・マスター大会(tennis365.net)

Roger、絶好調みたいです。そして、今日は中継がありますね!どれだけ調子がいいかはこの後チェックするとして、クレーコートでまた進化したRoger Federerが見れるのか!?相手はGonzalezですね。ハードヒッターですけど、うまく切り抜けてほしいところです。

Nadal×Gaudioの試合もおもしろそう。Nadalが有利かもしれないけど、Gaudioもクレーの名手ですからね。どちらに勝利が転ぶか要注目です。

ちなみに、本日フェドカップの日本×スイスやっていたんですね。Roger Federerファンですが、女子だしRogerは関係ないから一応日本を応援。最近の女子選手だと中村藍子選手のテニスがけっこう好きです。しかし、ヒンギスもシュニーダーも来日しなかったのね。舐められているのか、またはヒンギスもシュニーダーもWTAに集中したいのか知らないけど、彼女らが来日していたらもっと話題になっていたと思うので、残念でした。

そしてベルギー対ロシアについては、相当興味があります。ClijstersとHeninが出ているのですから。仲が悪いとかよく言われているけど、そうでもないらしいので、2人の笑顔が見たいのです。日本×スイスのような凡戦よりベルギー×ロシアの中継をしてくれないかな、J Sports様。まぁ、もし今日生中継あったとしてもモンテカルロも生放送あるから、贅沢な悩みになっていたところだったので、良しとするか。


[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-22 19:24 | Roger Federer
 
最優秀歌詞
最優秀歌詞、トップ10発表(yahooより引用)

UKの音楽チャンネルVH1が『ベスト・リリック』を決める一般投票を行なったところ、U2の「One」がトップに選ばれた。この投票にはおよそ1万3,000人の視聴者が参加。「One Life With Each Other, Sisters, Brothers」の部分が1番人気となった。

選ばれた曲で知ってる曲は少ないが、U2「One」、NIRVANA「Smells like teen spirit」、COLDPLAY「Yellow」、RADIOHEAD「Creep」、Queen「Bohemian Rhapsody」、The Police「Every Breath You Take」など知っている曲はみな好きなナンバー。改めて聞いてみた。

5.コールドプレイ「Yellow」
“Look at the stars, look how they shine for you”

9.レディオヘッド「Creep」
“I'm a creep, I'm a weirdo, what the hell am I doing here? I don't belong here”

この中から選ぶとしたらやっぱり、僕はこの2曲かな。っていうかまだまだ知らない曲だらけだなぁ。この選ばれた曲を集めたアルバムが出たら売れるんじゃないですか?僕も知らない曲は聴いてみたいし。それは無理?だったらまぁ、自力で集めてみるのもいいかもしれない。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-21 00:13 | Music
 
エドバーグのサーブ&ボレー
edberg.de

エドバーグのファンサイトを見つけました。美しきサーブ&ボレーがたくさん見れます。しかしこれっていつの試合?マイケル・チャンが優勝した時?
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-04-20 00:12 | tennis video


Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク