フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
 
嗚呼、サフィン・・・
サフィン、ゴンサレスに敗れる◇カントリーワイド・クラシック(tennis365.net)

あぁ、またサフィン、ゴンザレスに敗退しちゃった。何か最近のサフィンのドローっていつもゴンザレスに当たるよね。かなり苦手にしちゃってるんじゃないでしょうか。もう本当に、つらいだろうな~。これだけ同じ相手に早い段階であたって毎回やられてしまうと。

でも、ここからマジで立ち直ってほしい。うまく行かない時期を何度も経験するとさすがにつらいとおもうけど、あんたの豪快なパフォーマンスはATPの宝だから。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-27 23:03 | Marat Safin
 
サフィン快勝だそうです
ヒューイット敗退。ハース、サフィン快勝◇カントリーワイド・クラシック

久しぶりにサフィン!

フィッシュに2-0ですか。ニュースでサフィン快勝の文字を見るのは、久しぶりなきがする。サフィンの活躍が見られないATPはやっぱりつまらないので、純粋にいいニュース。とりあえず、緒戦突破したけど、しっかりいいテニスを継続して欲しいな。今年のサフィンは、どうしても早い段階でつまずいてしまうからねぇ。
そして、この大会アガシも頑張っているようですね。日本では全くニュースが入ってこないのがもどかしい。特に最近はロジャーの試合もないので、寂しい。早くMasters Series始まらないかな~。

個人的には、ロジャーとサフィンの2強時代を夢見ていた時もあったんですけど、まだまだこれからですよ。ルンドグレンコーチと一緒に、またトップ選手に返り咲いてくれ~。

もう何度でも、ロジャーとサフィンの名勝負を見たいですから。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-26 23:51 | Marat Safin
 
アンディの新コーチ
アンディ・ロディックの新コーチにうわさのあった通り、ジミー・コナーズになりました。コーチとしては初めてなんだそうですね。どんな感じなんだろう、客席でのコナーズ。ロディックの試合よりも、そっちがクローズアップされなきゃいいけど。でも、実際にありそうだよね、コナーズのコーチ・パフォーマンス。

これからロディックがどう変わっていくかはわからないけど、どうも最近精神的に弱くなっているみたいなので、注意しないといけないな~、ロジャーファン的には。先日の大会でも、決勝に進みながらも、ブレークに負けちゃったみたいだけど、これからの動向に注目だな。

それと、アンディー・マレーのコーチに元アガシ・ロディックのコーチだったギルバートさんがつくっていううわさはどうなったんでしょう?もう、正式になったのか、はたまた噂だけで消えたのか。

そういえば、ずっと気になっていたんだけど、Wimbledon決勝でロジャーのコーチであるローチさんは、ずっと輪ゴムを口にしていたけど、あれは何だったんだろう。カメラが写す度につい笑ってしまったんですけど。知っている人います?
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-26 00:29 | Tennis
 
コールドプレイの番組
本日MTVのコールドプレイ・ライブ番組見たんですけど、内容はまあまあ満足。

でも、CM多すぎ。地上波じゃないんだから、1,2曲演奏しただけでCM入れないでよ~。

一応、DVDにとったけど、あまり観賞用としては適してないな~、あれだけCM挟まれると。だから今回のワールドツアーのライブDVD出してほしいな~。速攻で買うぞ!

ちなみに話題は変わって、最近発売されたトム・ヨークのソロアルバム買ったんですけど、どうもいまいちかも。何度も聴くと、どんどんよくなるようなアルバムなんでしょうか?
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-23 22:01 | Coldplay
 
Jリーグ再開、広島勝利
名古屋グランパスエイト 2-3 サンフレッチェ広島
(ゴールはウェズレイ×2、佐藤寿人)

やったー。アウェイだけど、WC中断してからのリーグ再開後勝利スタートですよ。しかし、ゴールシーンをニュース等でやってくれないので、まだ見てない。生中継もなかったし。しかも今日は帰宅が遅くてNHKBSのダイジェスト番組も見れなかったし。

しかし、勝てたのですべて良い。J1残留争いとは当分の間付き合っていかないといけないけど、今日は選手に感謝。何だかんだでWC等の日本代表の試合よりも、サンフレッチェの成績の方が大切な昨今。また胃が痛くなる日々が帰ってくるのか、それともハッピーな日々になるのか。次節以降も頑張れ~。もう二度とJ2降格は御免ですから、地味に応援し続けます。

土曜日はジョフユナイテッド千葉と夜にホームで試合。雨降らないといいけどなー。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-20 00:30 | Sanfrecce
 
シニアテニス中継
先ほどチャンネルを適当に回していたら、気になるCMがGAORAで流れた。シニアテニスが何たらかんたらと。集中して見ていなかったのでよく把握できなかったんですが、後で調べて判明。

シニアテニス国別対抗戦 ネイションズシニアカップ(GAORA公式より)

なかなか、渋い、そしてテニスファン的にはとっても見たいものを放送してくれるではありませんか!GAORA最高!

そういえば、WImbledonダブルスも放送しているんですよね。最近、Coldplayに夢中で忘れてた。でもスケジュール見たら、男子ダブルス少ないね。ブライアン兄弟の試合、たくさん見たいのに。それと、ビーナスとブライアン(どっちか)のミックスダブルスも見たいね。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-18 23:55 | Tennis
 
COLDPLAY TWISTED LOGIC TOUR 2006
土曜日、待望のコールドプレイ単独ライブ、大阪公演に行ってきました。

広島を午前中に出て、会場のインテックス大阪に着いたのは午後3時30分ぐらいでしたね。まだ人も少なく閑散としていたのですが、暇なのでグッズを買うことにしました。ええと、買ったのは携帯ストラップ、Tシャツ、タオルです。(ライブ終了後、パンフレットも買いました。)

午後4時過ぎになると徐々に人も集まり始めました。各自、自分のブロックの待ち列に並びだしたんで、自分も早めに並びました。午後5時開場、C2ブロックということで15分ほど待たされてようやく中に入れたんですけど、驚いたのは、外国人の多さ。1~2割は外国人の観客でしたよ。

会場はオールスタンディングで固定席ではないので、これがよかった。すかさずC2ブロックの前の方を陣取ることができました。このライブ、実は写真もほぼフリーの状態で、周りの人はほとんど写真をとっていました。僕も携帯カメラで適当にとったけど、ライブ中は撮っていないので、ここで公表するほどのものはとってません。デジカメ持っていけばよかったとちょっぴり後悔。

それから午後6時過ぎて、いよいよというところ。でも、なかなか始まらないんだよね。いつ始まるんだ~と待っていたら、暗転されてビートルズのTomorrow never knowsが流れ出す。なぜここでビートルズ?と思いながらも、ヤキモキしながら待ち続ける。そして、直後にライブ開始。

最初の3曲でいきなりやられた。Square One、Politik、そしてYellow。Politikはライブで聴くと最高のナンバーですね。とにかく、凄かった。Yellow、これももちろん最高。風船の演出あり、しかし自分は風船に触れられず。

いきなり、最高のテンションになり、それからずっとそんな状態になってしまった。たぶん、C2エリアでは自分が一番はしゃいでいたと自負するぐらいに。

あと何演奏したっけな~、What if、White Shadows、Clocks、The Scientist、Swallowed in the sea、Don't panic、Speed of sound、Talk、In my place、Fix youなど。他にも演奏しているけど、あんまり覚えていない。すいません。

In my placeの時の、盛り上がりはもう忘れられない。クリス、会場の後ろまで走る走る。
一緒にIn my placeの「Yeahhhhhhhh (How long must wait for it)」のフレーズを歌うことができたのは、もう感極まりそうになりました。そう、これを一番楽しみにしていましたから。

とにかく、最高のライブでした。本日は名古屋公演、明日・明後日は東京公演ですね。暇さえあれば全部の公演を見たいぐらいです。これから行く人はぜひ楽しんできてください!
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-17 16:03 | Coldplay
 
コールドプレイ!!!!!
明日、いよいよColdplayのライブを初めて見に大阪まで行きます。ようやくこのときが来たという気持ちです。

Speed of Sound、Fix you、Yellow、Clocks、In my placeといった定番のナンバーは当然演奏してくれると思うし、とっても楽しみなんだけど、最近僕が一番好きなColdplayのナンバーは、

A rush of blood to the head(YouTubeより。よく知らないけど日本のアニメのテーマ曲になってたんでしょうか。)

頼む、演奏してくれ。この曲、本当に好き。

それと、

X&Y(YouTubeより)

も、最近聴くたびに好きになる曲です。
ファンの方なら気づくかと思いますが、A rush of blood to the headもX&Yもアルバムタイトルの曲です。

この2曲は本当に好き。どっちでもいいから演奏してくれ。

あ~、楽しみ。

それと、見忘れないようにここにメモ。2週間もコールドプレイで楽しめる!
コールドプレイ(MTV JAPAN.comより)

コールドプレイのライブを大放出!
7月15日より待望の初ジャパン・ツアーを行うコールドプレイのライブを一挙大放出。タイムズ・スクエアのMTVスタジオでニュー・アルバム『X&Y』からの新曲を演奏した「MTV LIVE LEAK」ほか、豪華ライブ3本立て。

MTV LIVE LEAK (60分)
昨年ニュー・アルバムをリリースしたコールドプレイが、ニューヨークのMTVスタジオで披露したライブ。
MTV LIVE (60分)
2005年4月にロンドンで行なわれたライブ。
MTV 2$ BILL (60分)
2002年収録、入場料たった2ドルのコンサート・シリーズから。
On Air Schedule
7/23 [日] 12:00 - 15:00

[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-15 00:29 | Coldplay
 
日本サッカーの飛躍は将棋にあり?
先ほどNHKの番組をみていたら、棋士の羽生善治さんの特集をやってました。

このブログでは、テニスやサッカーを中心に扱っていますし、自分のテニスの話も時々することがありますが、僕は昔からずっとテニスをしていたわけではなくて、実は小学生の時は将棋部に入っていたんですよ、自分。別に強くないけど(笑)。

だから、今日の特集は面白かったし、スポーツと共通する部分が多いことに気がついた。そこで気がついたのが、将棋はスポーツの駆け引きと同じではないのかということ。

WCで日本代表が惨敗したのは記憶に新しいところですが、日本のオリジナルのサッカーを作っていかなければならないという議論がいろんなライターや一般のブログでも飛び交っている昨今です。

将棋というのは、一番最初の駒の位置が一番隙がない状態といわれます。それをわざわざ崩して、相手の王将を取りに行くわけです。
サッカーもそうですよね。キックオフ直前は両チームまったく隙がない状態ですが、ゴールを狙う為に、駒(=選手)が動き、相手ゴールまでボールを運ぶ。選手が動くたびにスペースが生まれる。

将棋のプロセスとサッカーのプロセスは案外一致するところがあるんじゃないかと思うわけです。

もちろん、サッカーについては技術やフィジカル、パワーの差によって、勝負を分けるところもありますが、ミスも含めて少しでも相手に隙ができれば得点は可能なスポーツです。だから体格に劣っていても、基本技術がしっかりとさえしていれば、世界とも対等に戦えるんじゃないかと思います。

将棋とサッカーで共通するところは、とても多い。

・選択肢がいくつかある中で、最良の選択をとっていくことを心がける。
・オフェンスとディフェンスが表裏一体である。
・スペースを狙う。

などなど。

だんだん、自分の言いたい事がわからなくなってきたけど、日本のサッカー選手は合宿中なんかでもファミコンなんかせずに、将棋に勤しめ。(要は、これが一番いいたいこと。)将棋は日本が生んだ文化で、どこの国にもないもの。将棋の理屈を駆使した将棋サッカーで世界を目指せば、その時にオリジナルの日本サッカーが生まれるんですよ。具体的にどんなサッカーになるかはわからんが、超理詰めサッカーというか超組織サッカーというか、うまく想像がつかない(苦笑)でも、外国の対戦相手にとっては、将棋の攻め方は絶対に知らないはずだから、有効になるんですよ。

テニスについては、ロジャーフェデラーのテニスはまさに将棋のようだ。常に最良の選択を模索し、相手の先を読みプレーを行っている。そしてポイントを積み重ね、勝つ。ロジャーの将棋のようなテニスが可能なのは当然技術レベルが世界最高だからというのもあるとは思いますので、テニスに関しては日本人が将棋テニスのみで世界一になれるとは思わない。しかし、ラリーの駆け引きを学ぶにあたって将棋は役に立つと思いますよ。

常に考える力、集中力がつくというのも将棋の魅力。WC日本代表は最後に集中力、先を読む力が足りなかった。日本のスポーツの躍進にはまさに将棋がキーになるんだ。体格に劣る日本人はやはり頭で勝負しないとね。


以上、ただの将棋好きの寝言でした。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-14 00:14 | Football
 
Wimbledon 2006 Roger 4連覇
Wimbledon 2006 Final

Roger Federer 6-0 7-6 6-7 6-3 Rafael Nadal

あぁ、よかった。本当にホッとしてます。ナダルの恐ろしさは嫌になるぐらい知らされてますからね。何度も嫌な予感がしていたのですが、杞憂に終わってよかったです。

1stセット、6-0という驚異的な展開で幕をあげたファイナルですが、不安は消えません。なぜならRoland Garrosとほとんど同じ展開だったから。案の状、2ndセットはブレイクされるスタート。このセットは、いつかナダルのサーブはブレイクするチャンスがあるかと思っていたけど、ようやく最後にやってきた。このあたりがグラスコートでの絶対的な自信を取り戻させたのかもしれない。2ndセットのタイブレイクはちょっとした気持ちの差がでました。

しかし、3rdセットは一進一退のキープ合戦。常に試合をあきらめないナダルの強さが際立っていたセット。その気持ちは途切れず、タイブレイクではナダル優勢で進み、そのままナダルが獲った。さすが、この精神的な強さは世界でも1,2を争うと思う。

4thセット、気持ちを入れ替えたロジャーは一度あったブレイクのピンチを乗り切ってから、精神的に落ち着くことができたんじゃないかと思います。やはり、精神的に落ち着いたときのロジャーに敵はない。後は自分のプレーをするだけだった。

試合終了直後、観客に答えていた後椅子に座るとき、ちょっと涙ぐんでましたよね。カメラはあまり映さなかったけど。いろんな感情がこみ上げてきたんじゃないかと思います。ナダルに負け続けていたこと、Wimbledonディフェンディング・チャンピオンとしての意地とプライド。ようやく解き放たれた瞬間、本当に安堵の表情を浮かべてましたね。

僕がロジャー・フェデラーのファンになってからもう4年も経つのね。実は今日の試合前にその4年前の決勝戦のビデオを見ました。落ち着かないし、再現をしてもらいたいというゲン担ぎという意味で。本当に再現できてよかった。

今日の試合の意義はというと、やはりサンプラスの記録に並んだことはうれしいですね。来年はボルグに並ぶか?と騒がれるだろうけど、道は険しいことに変わりありません。しかし、達成してほしい。
それにしてもボルグって化け物ですね。グラスコートの連勝記録を持ってたり、クレーコートもナダルが達成するまでは歴代2位だったり。Roland GarrosとWimbledonの連続優勝を果たしたり。もうロジャーはこんな選手と比較されるようになっているぐらいのレベルになってます。

次はUS Openですね。アガシのラスト・ショーとなるか、ロジャーの3連覇となるか、ナダルが初優勝となるか、ヒューイット、サフィン、ロディックが復活するか。

しばらくテニス観戦は機会が減りますが、とりあえず次のMasters Seriesまで充電ですね。また楽しいトーナメントになることを期待しましょう。
[PR]
by xavi_takayuki | 2006-07-10 01:50 | Roger Federer


Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク