フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2007年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
 
錦織君、今度はワシントンに登場
Legg Mason Tennis Classic(公式)

サフィンも出場の大会に、錦織君も出るぞ!今回はNo.1シード、ロディックの山に入ってる!

1回戦勝てば、グロージャンか李、それに勝てばアンディー・ロディックだ!ロディックにも勝って、決勝でサフィンと試合してくれ!これはサフィンの方が不安だけど。夢が広がる!

ATPはそんな簡単な世界ではないですが、ひとまず1試合ずつこなしていって、成長して行って欲しいです。USオープンに出場する可能性だってあるみたいだけど、まずは着実に一歩ずつね。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-31 21:48 | Kei Nishikori
 
よくやったぞ!錦織君
錦織圭 1-6 4-6 ツルスノフ

くそおおおおおお。悔しい。

でも、よくやったよ。これでかなりランキングも上がりますし、どんどん大会をこなしていけば、日本テニス界の希望の星になることだって夢じゃないと思う。

世界ランキング27位の選手と対戦するまで勝ち上がったんですから。まずはゆっくり休んで、次の大会に備えてください。といっても、次のワシントンの大会にも出るらしいよ。これから、錦織君の動向には目が離せなくなりそうです。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-29 01:39 | Kei Nishikori
 
ついに来た!錦織圭!
錦織圭が初のツアーベスト8入り◇インディアナポリス[訂正]
(tennis365.net)

アメリカのニック・ボロテリ・アカデミーで修行している錦織圭選手が、今ATPの大会で旋風を巻き起こしています。

これは、黙っていられるわけがない!

ATPのインディアナポリスの大会でなんとベスト8に進出したのです。次の相手はツルスノフです。さらには、ロディック、ブレークなどビッグネームが出場しているこの大会はinternational Seriesで賞金総額も$525,000と大きな大会です!

この大会の過去の優勝者を見ても、かなりすごいです。(Indianapolis Tennis Championships・ATP公式より)

2006 James Blake
2005 Robby Ginepri
2004 Andy Roddick
2003 Andy Roddick
2002 Greg Rusedski
2001 Patrick Rafter
2000 Gustavo Kuerten
1999 Nicolas Lapentti
1998 Alex Corretja
1997 Jonas Bjorkman
1996 Pete Sampras
1995 Thomas Enqvist
1994 Wayne Ferreira
1993 Jim Courier
1992 Pete Sampras
1991 Pete Sampras
1990 Boris Becker
1989 John McEnroe
1988 Boris Becker
1987 Mats Wilander

見よ、この大会、グランドスラム優勝経験者がかなりの割合を占めている!厳しい予選を勝ち上がり、ATPで1勝しただけでもすごいけど、こんなでかい大会でベスト8まで残るなんて、マジですげえぞ!

過去には全仏ジュニア・ダブルスで優勝、そしてRGではあのナダルのヒッティング・パートナーを務めたり、そしてグスタボ・クエルテンとダブルスを組んだりと、17歳にして素晴らしい経験をつんできている選手です。島根県松江市出身というところがなかなか渋くて、同じ中国地方に住む自分としては、妙に親近感がわくんです。WOWOWのGS中継でもインタビューに答えたりもしていましたが、受け答えもしっかりしていて、素晴らしいアスリートです。

ジュニアでは実力者として知られてますが、ジュニアではなくシニアの方にいよいよ出るようになって結果を出しているんだから、これは本物であって欲しいと思いますし、ATPツアーでの本当に久しぶりの若き日本人の活躍には涙が出そうになるなあ・・・

錦織君、がんばれー。日本には、君を応援している人間がたくさんいますから!
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-27 19:31 | Kei Nishikori
 
Number
Sports Graphic Number 7/20発売号(公式サイトより)

ロジャーフェデラーがウィンブルドン5連覇を達成した直後の発売号だったんで、おもしろいコラムあるかなあと思って立ち読みしてみたけど、

たった1/2ページですか・・・

ライターはフェデラーがあまり好きではないと言われる吉松氏。今回は無難な記事でした。それは別にいいんですけど、この扱いの低さはちょっと考えられないなあ。

サッカー好きなんでNumberは学生の頃はよく買ってた。っていうか、中田英寿信者だったので(苦笑)、Numberには当時はお世話になりました。いまや中途半端なサッカー雑誌に成り下がりましたが(苦笑)。他のサッカー雑誌に比べると情報少ないですけど、サッカーを取り上げないと売上が減るらしいのでサッカー中心の構成になってるらしいです。

ネットで情報を知ることが出来たりするようになって買わなくなったんですけど、一応日本では数少ないスポーツジャーナリズムを提唱している雑誌だけに、今回はフェデラーをどう取り上げるかちょっと期待はしていたんですけどね。

もちろんテニス雑誌もあるんですけど、Numberみたいなスポーツ総合誌を謳っている雑誌がフェデラーをろくに扱わないなんて、おかしいですよ。一応スポーツ総合誌なんだから、フェデラーの記事に興味を抱く読者も多いだろうに・・・

日本にはスポーツジャーナリズムがないって言われる象徴のような気がしました。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-22 23:04 | Roger Federer
 
雪辱を晴らしたオージー戦
久しぶりにサッカー書くぜええええ。当然じゃろ。基本的には広島が勝った時か代表の面白かった試合しかブログには書きませんけど、常にフットボールもチェックしてますよ!

去年のオーストラリア戦ネタ

↑かなりヤケクソ感漂ってますね(苦笑)

さて、

PK蹴ったのが、中村俊輔、遠藤、駒野、高原、中澤。

そして、キーパー川口。

去年のW杯メンバーですね。オシムさんが選んだんでしょうけど、彼らは去年の6月の悔しさを忘れていなかったんでしょう。それにしても、オシムさんは素晴らしい監督さんだなあ。1年前のあの試合は何だったんでしょう(苦笑)。

前半はかなり玄人好みの試合でしたね。久しぶりにガチガチのサッカーを見たなあ。

後半、フリーキックからほとんど唯一といえるオーストラリアのチャンスを決められてしまいました。しかし、2分後、高原の左足一閃。やはり頼りになるストライカーですね。

その後、オーストラリアに1人赤紙が出て退場となりましたが、ここからはオーストリアは完全にカウンター一本に絞り、守備を固める。結局、終始攻めたものの最後のゴールは生まれず。

しかし、PK戦を何とかものにすることが出来た。当然川口も素晴らしかったし、代表チームの勝つという気持ちが、久しぶりに見れた試合でした。

PKは好きじゃないんですよ。テニスで言うところのタイブレイクみたいなものですけど。ただ今回の試合はドイツW杯メンバーが雪辱を晴らすことができたという意味でも、素晴らしいPKでした。

代表チームの試合しばらく真面目に見てなかったけど、久しぶりにドキドキしながら見ました。出場した選手、スタッフ、そして今日の勝利を信じて代表チームを応援し続けてきたサポーターに感謝。

広島サポとして、苦言を呈するとやっぱあれは決めんといけんじゃろ、寿人(苦笑)あー、それと駒ちゃんはやっぱ右サイトで見たいなあ。しかし、駒ちゃんはあの時以来本当に逞しくなったねえ。よっぽど、悔しかったんだろうなあ。今大会もちろん優勝して欲しいけど、何よりも駒ちゃんに優勝の味を知ってもらいたいと思ってます。広島ユースから広島一筋のサイド職人ですが、プロになって未だ優勝の味を知らない選手ですから。今の代表スタメンメンバーで、何かの大会で優勝したことが無いのは、駒ちゃんだけですから尚更です。日本に帰ってきたら、残留争い待ってますから尚更です(苦笑)

さて、次は準決勝、まだまだ熱い熱い東南アジアでの試合は続きます。40℃近い気温の中で必死にボールに食らいついて、頭が下がる思いです。

勝って兜の緒をしめよという言葉がありますが、そんなこと心配しなくても今の代表チームのメンバーなら、決勝戦まで進出してくれると信じて応援していきたいですね。

Forza,Nippon!
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-22 03:21 | Football
 
フェデラーとサンプラスの比較
ネタないので、議論でもしてみます?気が向いたら、コメントください。

自分ロジャー・フェデラーは当然大好きなんですけど、自分が多感な高校生の時に一番強かったのがピート・サンプラスなので、やっぱその印象が色濃く残っています。当時は地上波しか見れなかったので、あまり試合を見てきたわけではありませんが。

ただ、結局どっちが強いのかってことが気になるわけです。mixiなんかでも話題になってますけど。ATPの公式サイトでサンプラスの戦跡を調べてみました。(けっこう苦労しましたが。)

フェデラーがサンプラスを上回っている点としては、クレーコートでの実績は容易にあげられると思います。そして、サンプラスはアメリカでの大会で特に強い印象があります。それを考えるとスイス人でありながら、USオープン、及びMSのアメリカの大会を勝っているロジャーは凄いと思います。

一方で、成績としてはどうか。2004年にNo.1になってからのフェデラーは、2004-2006年でたった15敗しかしていないわけで(当ブログ調べ(笑))、今年はカニャス2回、ナダル2回、ボランドリ1回とNO.1になってから、20敗しかしてません。恐ろしい強さです。

一方、サンプラスはピーク時の93年-97年を見ても、毎年10敗以上しています。したがって、ピーク時の安定度としては現在がピークといわれるフェデラーが、ピーク時の成績としても圧倒的に上でしょう。(個人的には、フェデラーのピーク時は、05-06年ではないかと思ってます。今は安定期。)

これだけ見れば、現在のロジャーフェデラーは史上最強といっても、間違いないと思います。

ただ問題は、対戦相手です。サンプラスには、同世代にアメリカ人だけでもジム・クーリエ、マイケル・チャン、トッド・マーチン、そしてアンドレ・アガシがいました。ちょっと上の世代には、エドバーグ、ベッカー、はたまたレンドルなど歴代のNO.1がいました。特にベッカーは96年ぐらいまで、熾烈な争いをしています。マッケンローやコナーズとも対戦しています。曲者としては、イバニセビッチやクライチェク、ラフターもいましたし、晩年には下の世代でサフィン、ヒューイット、ハースの台頭に苦戦しました。サンプラス王朝時代はやはり個性が強かった。

フェデラーは、ナダルが完全に今の地位を獲得するまで、NO.1になってからのライバルがいませんでした。上の世代で大きな壁になるような選手も若手の頃はいましたが、No.1になってからはいません。時代に恵まれたと言われても、確かにそうかもしれないと思います。かつては、アガシ、ヒューイット、ヘンマン、ナルバンディアン、フェレーロあたりを苦にしていたようですが、今は表現は悪いけど、完全なカモです。ロディックにいたっては1敗しかしてないし、ダビデンコ、リュビチッチ、ゴンザレスあたりの中堅どころもカモですね。若手もまだ成長段階にいるので、壁とはいえません。

だからナダルの存在は非常に歓迎すべきことで、ライバルの出現によってようやくサンプラスと正当に比較されるべき段階に入れたのではないかと思います。仮にGS15勝を達成したとして、フェデラーはライバルがいないからサンプラスよりもGSが多く取れたんだと言われても、なかなか否定しづらいところがある。

そして、今のテニスの方が90年代のテニスよりも優れていると仮定すると、やはりフェデラーの方がサンプラスよりも優れているといえばそうかもしれませんが、今はベースラインプレーヤーばかりで、常にS&V中心で戦ってきたサンプラスと、現在のフェデラーとではテニスの内容が違うし、やはり一概に90年代よりも高レベルかといえば、そうも言えないのかと。悪く言えば、ワンパターンでくみしやすいのかなぁと。

ただ、トータルの技術レベルでは、フェデラーの方が上だと思います。

自分の印象は以下の通りです。

サーブ  サンプラス 10:9 フェデラー
フォア  サンプラス 9:10 フェデラー
バック  サンプラス 9:10 フェデラー
ボレー  サンプラス 10:9 フェデラー

サーブ&ボレーをしなくても勝てるフェデラー、というか今リターンやパスのレベルが上がっていてし難いのかもしれませんが、やはりサーブとボレーはサンプラスの方が上でしょう。1stサーブはサンプラスにほとんど近づいてきているとは思いますけど、2ndでもポイントを取っていたサンプラスの印象はやはり拭えない。

まー、うまくまとめられなくて申し訳ないけど、サンプラスのGS14勝記録を抜いた時、この議論は終焉となるんでしょうか。そうなると、早ければ後2年ぐらいで実現しそうな感じですけど、いよいよナダルがNo.1に近づいてきたのでどうなるかわかりません。3年ぐらいかかるかもしれない。

遂にフェデラーに本当の試練が来る時だと思います。ナダルの完全な台頭により、グランドスラムタイトルを常に獲得できるかどうかは分からなくなってきたし、個人的に注目しているマレーやガスケ、そしてバグダティス、ジョコビッチも才能があるので、いつフェデラーが足元を救われてもおかしくありません。ヒューイットやロディックにはこれからもあまり負けないとは思ってますけど、若手はわかりませんよ。

ここに来て、ATPが面白くなってきました。アガシとサンプラスはお互い試合を行う際、普段は出来ないようなショットが出来たということですが、ナダルとフェデラーもそうなってきています。特に先週のWB決勝はその象徴でした。ナダルも明らかに普段よりも凄かった。

ウィンブルドン5連覇というサンプラスが果たせなかったことを成し遂げた今、ようやくサンプラスと比較する時期になってきたのではないかと思います。

結局、上の文章を総括すると、対戦相手に恵まれているという点を除けば、フェデラーの方が強いんじゃないかと言いたいんですけど(苦笑)、やはりサンプラスの記録を超えるまではサンプラスが最強ということで、まとめたいと思います。当然GS15勝したら、フェデラーの方が上になると確信はしてますが、後1,2年の辛抱ということで(笑)。

長文、失礼しました。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-16 02:36 | Roger Federer
 
もう一つのWimbledon決勝
WB2007 ミックスダブルス決勝(youtube)

観客熱すぎ(笑)

そりゃあ、やっぱイギリス人も喜びたいもんな~。自国選手の優勝する瞬間。観客も超満員でいい感じですね。ダブルスでも盛り上がるWBはやっぱ素晴らしい大会ですね。マレー兄とヤンコおめでとう~。(←遅いよ!)

ビョークマンとモリックも準優勝おめでとう。モリックは女子選手の中では好きな選手なので復活してくれてうれしいです。病気でツアーから離れていただけに尚更。

ちなみに、別の試合(Youtube)ですが、これがめちゃくちゃ面白い(笑)。最初の1分間は何もないけど、その後・・・

来年は、女子シングルス、ヤンコビッチ優勝かもね。これはファン増えただろ。エナンにとっては脅威だな(汗)
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-13 22:26 | tennis video
 
Act on TV Wimbledon 番組
Wimbledon 2001(Act on TV より)

別に宣伝のつもりはないんですけど、テニスファンにはいい情報かなと思いまして。

チャンネルを変えていてたまたま見たんですけど、スカパー(かCATV)で試聴できるAct on TVで、2001年Wimbledonの総集編をやってます。7月の間はほとんど毎日やっているようなので、興味のある人はチェックしてみてはいかがでしょう。

2001年といえば、そう、ゴラン・イバニセビッチが優勝した年であります。今年の決勝も確かに凄かったけど、劇的という意味でも記憶に残るという意味でも個人的にはこの決勝がやっぱ最高です。2人のゴランと闘うイバニセビッチ。最高です。もちろん、ロジャーフェデラーがピート・サンプラスを破った試合もありました。

アンナ嬢(笑)や若きエナン、ウィリアムズ姉妹なども登場。

しかも、ナレーションが

倉敷保雄

クラッキーファンも要チェックだ!

意外なチャンネルで、テニスが放送されていて面白いものです。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-13 00:09 | Tennis
 
歴史は繰り返された!!!!!!!!!!!!!!
Roger Federer、遂にWimbledon5連覇!

こんな歴史的瞬間を見ることが出来たなんて。ありがとう。本当にありがとう。

☆☆☆☆☆Roger Federer 7-6 4-6 7-6 2-6 6-2 Rafael Nadal
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-09 02:30 | Roger Federer
 
Wimbledon 2007 決勝
女子決勝は雰囲気がよい試合でしたね。バルトリよく頑張ったよ!

ロジャーとナダルの試合になりました。ロジャーが出場した最近の3大会連続でナダルとの決勝ですね。ハンブルグはロジャー、Roland Garrosはナダル、ってことで今日はロジャーでしょ。

オセロの世界では、今日ロジャーが勝てば○●○になって、○○○になるんだが、まーテニスなので関係ない(苦笑)。調子よさそうなので、ロジャーの庭で躍動してほしいっすね。

他に目を向けてみると、男子はブライアンツインズ、女子ダブルスで杉山愛選手が決勝進出。

ミックスダブルスでは、ヤンコビッチとマレー兄が決勝進出していて、もう一方はサントロ大先生ブレモンペアかビョークマン・モリックペアの勝者ということで、なかなか濃いメンツが残っていますね。

GAORAで中継するっぽいけど、鍋島・丸山コンビなので、ぶっちゃけテニスファンにはこっちの方が楽しく見れそう(苦笑)。ロジャーが好きなので、男子決勝見ますけど。

でもサントロ大先生にも期待してます。両手打ちのバルトリは、サントロ大先生とミックスダブルスを組んだりしたらもっと伸びそう(笑)。かなり濃いペアだ。

今日は夕方Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ準々決勝があるのでサッカー観戦してきてからのテニス観戦になりますが、よい一日になるといいなぁ。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-07-08 14:15 | Roger Federer


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク