フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
 
今年最後の更新です
今年で一応ブログ4年目になるんですけど、いつも見ていただきましてありがとうございました。
おかげさまで今年の7月9日には過去最高のアクセス数745を記録。ありがとうございます。全てはロジャーフェデラーのおかげなんですが(笑)。しかも、凄く内容の無い記事で申し訳ありませんでした。来年もこんな感じです。

フェデラー、エナン、サフィンのようなテニスネタ以外に、もはや書きたくも無い紫色の雑魚フットボールクラブネタを書いたり(苦笑)、夏以降マイナーなアイドルネタを書いたりしていましたが、これからもこんな感じでジャンル関係なく適当に更新していきますので、期待せずに見てください。

まあA型人間なんでずっと放置するのはどうも解せないところもありまして、たまに書くの面倒になるけど、こんな感じでしょうもないことを中心に更新していこうかと思います。

だから、Perfumeの3人も頻繁にブログ更新しなさい!3人ともA型なんじゃろうが!って、それはあんま関係ないか(笑)しかし、今年後半以降とにかく忙しくなったと思うので、更新する暇ないんだろうなあ。彼女らにとっては忙しいことはきっといいことだし。何だかこんなことを書くと、自分が暇人みたい(笑)ちゃんと普通に仕事してますのでご安心を。それと、かしゆかさんお誕生日おめでとうございます。随分経ちますけど。かしゆかさんだけでも今後も適当にブログ更新してください(笑)。

現在、こちら広島は雪が降ってますが、明日東京はどうなんじゃろね。というわけで、明日はこの曲がより一層いい感じに聴けそうだ!それにしても、いいサウンドだな・・・。(PVもええけど、ライブ編はこっちです。相変わらずキレキレダンスだな。Twinkle Snow Powdery Snow/Perfume

ともかく、明日は宜しく、Perfumeの3人さん。というわけで、Perfumeのカウントダウンライブ@ZEPP東京で年越しを迎えます。みなさん、よいお年を。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-30 23:01 | その他
 
WOWOW Tennis Awards 2007
さっき、WOWOWのテニス特番見ました。が、今回ばかりはMVPはロジャーじゃなくて、ダビデンコにあげて欲しかった。あの映像はあまりにもシュールすぎて、失礼ながら大笑いしてしまいました。マイナーものが好きなんですよ、私。だからどうしてもああいうものに目が行ってしまう。

ビビル大木けっこう面白かったね。最初どうなるかと思ったけど、伊東さん、浅越さん、福井さんみんなに突っ込まれてさあ。

以上
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-30 00:12 | Tennis
 
Best album of 2007
今年買ったアルバムで個人的に良かった5作品を選んでみる。 (ちなみに某SNSで書いた内容と同じです。)

5位. Korpiklaani/コルピと古の黒き賢者

森メタル、宴メタル、妖精メタル よくわからんけど、PVは史上最高です。DVD付を買って良かった!ヒッタ・バイネンのバイオリンが合わさったHMサウンドは秀逸です。

4位.Katie Melua/Pictures

曲がブルースなんで、日本じゃ絶対流行んないとは思いますけど、このお方の美声は本当に癒されます。映画の主題歌を歌っており、映画のPRで日本に一度来日したそうですけど、残念ながらライブはありませんでした。一度でいいから、生で聴いてみたい。世界一の歌姫です、個人的に。

3位.Manic Street Preachers/Send away the Tigers

サマーソニックで見ました!このアルバムの#3はカーディガンズのニーナ嬢も参加していてとっても良いです。そして何と言っても、#7 AutumnSongは名曲過ぎる。

2位.Perfume/Complete Best(A)、Fan Service Sweet(S)、ポリリズム(S)

Complete Bestは去年発売されたものですが、2位にランクイン(笑)シングルも買った!8月のサマソニで初めて見て、メンバーのことも曲も全然知らんかったのに、チョコレイトディスコにKOされた。しかし、3人があの日、大物メタルバンドやロックバンドと同じ場所にいたことが信じられない(笑)今年の日本の音楽シーン最大の奇跡で間違いないですよ。本人たちも自覚していたように、最も場違いなグループだったから(笑)しかし、アウェーをホームに変えるあの魔力は一度生で体験していただきたい。(ちなみに、ニコ動でサマソニのライブ音源聴けます。)今年たった3曲しか新曲出してないのに、プチブレイクしたのはやはり今まで頑張ってきたからですね!

1位.Travis/The boy with no name

端から見たら地味なバンドだし、知名度も別に高くないけど、やっぱイギリスの良心みたいなバンドだと思います、この人たち。サマソニもこのバンドを見たくて行ったし、実際に最高のライブをしてくれました。2ndアルバムThe Man Whoに次ぐ名盤ではないかと思いますよ。捨て曲がないんだ、これがまた。

以上。やっぱ、UKが多いね。 追記すると、昔のヘヴィメタルなどにもはまりました。そして、久しぶりにLED ZEPPELINに今年ははまっていたんですが、偶然にも再結成というビッグサプライズがありました。こういうことってあるもんなんですね!

で来年ですが、Coldplayのニューアルバムが1位になるのが今のところ規定路線です(笑)早く聴きたい。そしてFRFでもSSでも単独でも来日するんなら、絶対に行くからね。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-27 22:20 | Music
 
Perfumeの新曲
来年1月に新譜が出ますね。

早速ですが、謎の某スペイン人氏が運営しているファンサイト「Perfume City」に、早速新曲Baby Cruising Love のPVがupされている。しかし、映像右上のSSTVのロゴが笑えるんだが(笑)この人はいろんなところから映像を入手してくるなあ。スペイン在住なんでしょう?実は東京にいるの?という感じでPerfumeの人気はワールドワイドなわけです(スペインやチリの人がなぜかPerfumeの曲でダンスする映像がYouTubeにあるしなあ)。

しかも、Perfumeの最新情報について一番詳しく記載されているファンサイトがスペイン人が作っているPerfume Cityというのが凄いと思います(笑)ほんま、いろんな意味でPerfumeは面白いわ。

で、肝心の日本市場ですけれども、まー知っている人しか興味のもたれないグループなわけで、その絶対数も相当少ないわけですが、今回の新譜を聴いた感じでは、この曲は今までと路線が違う。同世代の女性リスナーをターゲットにしている楽曲なのではという印象を受けました。

個人的には普通のPOP系な感じにしか聴こえん。普段UKロック系やHR/HMを中心に聴いている私としては、物足りないかも(苦笑)ただ、Perfumeはダンスありきですからね。ダンスと一緒に曲を聴くことによって、全然印象が変わってくるのが面白いんですよ。それと、これは両A面らしいですけど、もう1曲のマカロニもなかなか落ち着いた曲でしたね。マカロニもけっこういい曲だと思う。

今まではけっこう一般的なJPOP路線からは離れた音で勝負してきていたと思うんですけど、ここであえて別の勝負に出たんじゃないでしょうか。ファン層を広げるという意味の勝負。ライブに行くとけっこう20代の女性ファンは多いんですけど、10代はまだあんまりいないみたいね。だから、今回は10代にも幅を増やすための楽曲ではないかと私は思います。

たぶん今までのPerfumeは、比較的幅広いジャンルの音楽を聴く人を中心に好まれていたんじゃないかと勝手に思うんですけど、前作ポリリズムのような路線からどうなるかなあと思っていたら、ちょっとリスナーの幅を広げる作戦に出た模様。曲を作っている中田ヤスタカ氏の最近の傾向や考えもあるんでしょうけどね。

何はともあれ、ポリリズム同様ある程度売れたら良いですね!

で最後に、今回のように今後また実験するんなら、アシッド・ジャズ系の曲で挑戦してみたら面白いんじゃないかと思うが、どうでしょうか、中田ヤスタカ氏。彼がアシッド・ジャズ系の曲を作っているのかは知らないけども、僕はPerfumeに合うと思いますよ。まあ、個人的にはPerfumeだとエレベーター、スウィート・ドナッツ、コンピューター・ドライビング、カウンターアトラクションあたりのテクノサウンドが一番しっくりくるんで、もう一回あの路線の曲を出して欲しいかなとも思いますが。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-27 01:16 | Perfume
 
2007 Justine Henin
今年のテニス界は、トータルで見ると恐らくロジャーフェデラーの年というよりも、ジュスティーヌ・エナンの年だったと言われるんじゃないかと思います。何かそれぐらいインパクトのあるテニスをしていたんじゃないかと。

63勝4敗。

本当にお見事でした。全豪オープン直前にプライベートな理由により欠場したエナンですが、それからの精神的強さには驚かされました。全てテニスに注ぎ、本物の女王として、堂々たる成績。縁が切れていた家族との和解なども精神的に上手く働きましたし、彼女にとっても今まででも最高のテニス年だったかもしれません。

確かにウィンブルドンは準決勝に終わるなど、後1つの残されたタイトルは取れませんでしたが、Roland Garros、US Openと1セットも取られることなく優勝した姿は感動的でした。そして、最後のWTAファイナルも。どこにあんな底力が残っているんだろうなあ、エナンには。

特に、長年のライバルであったWilliams姉妹に連勝した全米オープンは本当に凄かったです。ぶっちゃけるとロジャーよりもオーラがあったんじゃないかと。ガチガチのアウェーでも、完全な女王のテニスでアメリカ人の元チャンピオン相手に物怖じすることなく、立ち向かう姿は本当にかっこよかったです。

というわけで、エナンの今年のベストゲーム

1.USオープン準決勝 ヴィーナス・W戦
2.ウィンブルドン準々決勝 セレナ・W戦
3.WTAファイナル シャラポワ戦

何とグランドスラム3大会連続でセレナとベスト8で当たるというドローだったわけですが、全てに勝利しました。その中でも初めて芝でセレナに勝ったウィンブルドンは挙げておきたい。WTAファイナルは、やはりゲーム内容がとことんよかったですね。やっぱ、調子が良いときのシャラポワ強いわ。

エナンも来年残された課題があるんですけど(苦笑)、まずはNo.1をキープし続けて欲しいです。WTAでもっとも安定した選手であることは間違いないと思いますので、心配はしていませんが、やはりヤンコビッチとかシャラポワもまだまだ強くなりそうだしなあ。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-25 23:58 | Justine Henin
 
2007 Roger Federer
急ですが、ロジャーフェデラーの今年を振り返ってみますか。今年はちょっと見る量が減ったかな。まあ、マスターズシリーズでの早期敗退などがあった影響もあるかもしれません。

しかし、4年連続世界No.1、本当におめでとうございます。

同じ選手に連敗したりとか、不安定な時期はあったのは事実ですけど、やはりレベルが違いますね。マスターズカップ上海では、ゴンザレスにまさかの敗戦でしたが、それからはあっという間に強さを取り戻し、優勝しました。最後の上海大会は今年のロジャーを象徴するような大会ではなかったかと思います。

というわけで、

個人的ベストゲーム トップ3

1.ウィンブルドン決勝 ラファエル・ナダル戦
2.MSハンブルグ決勝 ラファエル・ナダル戦
3.オーストラリアン・オープン準決勝 アンディー・ロディック戦

まー、こんなもんでしょうか。ひねくれた性格なので、本当なら1位は全豪のロディック戦なんですけどね(苦笑)もう、あの試合すげえよ。もう本当に。圧倒的とかいうレベルじゃないです。全てのショットが完璧なんです。しかも、ギアをまだ上げれるような感じですらあった。

ただ、やっぱ、記憶にも記録にも残る試合はウィンブルドン決勝でしょう。グランドスラム決勝での初めてのフルセットマッチでしたよね。5セットで最初のブレイクを取ったスライスからのフォアハンドはテニス史に残るショットとして語り継がれるものではないでしょうか。特にあのスライスはやばかったです。

ここのところ、毎年言われていることだとは思いますが、来年はRoland Garrosを如何に取るかですね。サンプラスのGS14勝を抜くのは間違いないとは思いますが、抜いたとなるとやはり意地悪な人たちが突っ込んでくるのはRoland Garrosになってくるのは間違いありません。というか、それしか突っ込みどころがない。

ただ、ラファエル・ナダルという選手の存在感は我々が思っている以上に、ロジャーにとっては大きなものではないかと思います。これだけ長くNo.2に君臨できる選手も希有ですし、はっきり言ってロジャーがいなかったら普通にNo.1の選手ですから。そんな選手がRoland Garrosの壁となっている現状は、客観的に見ると非常に面白いように感じます。来年はどうなることやら。

来年どうなるかわかりませんが、今年も多くの素晴らしいプレーを披露していただき、ありがとうございました。それと、某ロシアの選手にはもう一度上がってきて欲しいなあ(切望)。ウィンブルドン3回戦でネット中継で2人の対戦を久しぶりに見ましたが、あんたはまだまだそんなところにいてはだめですよ。もう一回ドキドキするような試合をしてください。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-22 23:56 | Roger Federer
 
一瞬だったね


やっぱ、これがないとPerfume出たって感じがしないね。(エンドレス・Perfumeです)※ポリリズムの曲も聴きたい方はこちらをどうぞ。何の番組か知らんけど。相変わらず、西脇さんはわけわからんことで笑いを誘うね。



出演時間1分程度か。3人合わせての自己紹介無くて残念でした。まー、ちょい役で、認知されることも無く出演が終わったのは、Perfumeらしく、逆にいいことだ。
これからも地味にサブカル路線で行ってくれ。危惧していたのは極めて無駄だったな。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-20 22:52 | Perfume
 
大出世、だけど・・・・・・
Perfume、ゴールデン進出!

フジテレビ公式とんねるずのみなさんのおかげでしたをチェック。来週出演するんだと!)

しかし、

音楽番組じゃなくて、コントかよ!

しかも、もじもじくんかよ!
しかも、ギバちゃんも一緒かよ。

出世しすぎだよ!出演内容はどうあれ、世界ランキング500位の選手がグランドスラム本大会にいきなり出場するぐらい凄いだろ、これ。

僕は今年の夏知った程度の人だから彼女らの努力のちょっとしかしらないけど、こんな時代(YouTube・指で数えられる程度の観客の前でビタミンドロップ!相変わらず、一生懸命である。)を経験してきた彼女たちにとっては、本当の大きな転機を迎えているんだと思います。Perfumeは既に芸歴8年だからね。本当に良く頑張ってきたなあ。

でもねー、やっぱねー、こういう風潮があるから、日本の音楽シーンは嫌いなんだ。MTVやSSTVのような音楽専門チャンネルのバラエティ番組ならまー許容範囲だが、地上波のしょうもないバラエティに出るのはちょっと違うんじゃないか?

もちろん、音楽だけに没頭する優れたミュージシャンはたくさん日本にもいらっしゃいますが、ミュージシャンをミュージシャンとして扱わないこの風潮は本気で嫌いだ。Perfumeに限らず、ミュージシャンをバラエティなんぞの程度の低い番組に簡単に出してんじゃねえよ。

ただ、Perfumeの努力の結果だから、彼女らが望んできたのであれば否定はしない。Perfumeの3人のトークが世間で受け入れられている証拠なんだろうなあ。既に業界では、有名なんだろう。音楽番組ではなく、バラエティに出るというのは非常に無念ですが。やっぱ、順序が違うから。

でも、実はとんねるず好きです。まあ、最近は物真似ぐらいしか見てないけど小学生のころからずっと見てたからなあ、この番組。というわけで、結局うれしいのかもしれない。普通に見ます。でも、Perfumeって3人中心にトークしないと良さが出にくいですよね。貴さんがどう引き出すか期待だな。いつものように、西脇さんが暴言を吐くのが目に浮かぶぜ(笑)

でも、忘れちゃいけないのは、Perfumeはライブを見てなんぼですよ。音楽でのパフォーマンスこそ、大切です。それを忘れちゃいけない。こんな番組に出て有名になったからといって、Perfumeは音楽あってこそです。まあ、また懲りずにライブ行くんですけど(笑)

と偉そうなことを言っていますが、いつものようにアイドルの概念をぶっ壊す発言を期待してますよ、西脇さん。やっぱ、Perfumeは凄いよ。

だから、やっぱライブを見ることをお勧めします。しかし、チケットはなかなか手にはいらないんだよね、何故か。決してまだまだ表舞台に出てきたわけではないですけど、なぜか一部でどえらい人気がありますよね、今。11月の広島のライブも応募した6人に1人しか当選しなかったらしいし(300人/2,000人)、今度のZEP東京も抽選外れた人たくさんいるみたい。でかい箱なのに。

僕は何故か両方とも当たりましたが。外れた方、すいません。

この実態の見えない妙な人気がいいんだろうなあ。マイナー趣味な僕としては。だから、あんまり有名になってくれるなよ、といってももう無理かもな。今年までだろう。こっそり楽しめるのは。サマーソニックでの衝撃の出会い以来、この半年は楽しかったよ(涙)

まー、来年早々新譜が出るので、しばらく地味に聴き続けるかもしれん。じゃけえ、Perfumeの3人も残りわずかな今年も、飛躍間違い無しの来年も頑張ってください。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-14 22:50 | Perfume
 
決戦前夜
懐かしいフレーズだ。金子達仁の著書ですな。

2003年J1再昇格の時には、残りまだ1節あった段階で昇格が決まったこともあり、昇格試合と考えるようなモチベーションは多少低かった。(あの時は3位のチームがまさかの引き分けに終わった為、残り1節ある段階で昇格できた。)

2002年自動降格の時には、一つ上のチームとの勝ち点差-3、得失点差も-3か-4か離れていたからかなり厳しかったし、ぶっちゃけると当時は最初から諦めていました。

当時は実際に降格となってしまったが、あのとき簡単に諦めていた個人的な後悔があるからこそ、今年は残留を信じて、今まで以上にサポートしようという気持ちになっている。

今日、広島の頑固な監督が初めて非公開練習を行った。このような監督以前にいたなあ、どこかで見たことがあるなあと日本人の多くの方なら、昨年の6月に経験されていると思いますので、ご存知じゃないでしょうか?これだけでも何となく今如何に広島に危機があるか察しがつくのではないでしょうか。最後になって、ようやく監督は自分の今までの非を認め、それを改善させた。たったそれだけのことだが、勇気付けられた気がする。馬鹿な頑固者が自分のポリシーを破ったんだから。

明日の第2戦はホームで行われる。我々がついているぞ。簡単には諦めん。簡単には点を取らせない。自分たちの後押しで相手のゴールネットを揺らす。

サッカー観戦前でこれほどわくわくするのはあの「決戦前夜」以来かもしれない、個人的に。実際にはわくわくというのは違うかもしれないけど、最後の90分を後悔のなきよう集中してサポートしていきたい。中継はスカパー、NHK広島ローカル、NHKBSであるそうなので、スタジアムに来れない広島サポーターも一緒に戦いましょう。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-07 23:04 | Sanfrecce
 
All Hiroshima needs is song
僕がサッカーが好きな理由の一つに歌の力があります。というか、スポーツシーンで一番すきなのは実は入場シーンで、あの昂揚感がたまらなく好き。変わり者かもしれませんが。これに目覚めたのは2002年の影響が大きいかな。テニスも特にウィンブルドンの入場シーンはめちゃくちゃ好きです。そして、サッカーはそれが他のどんなスポーツよりも格別であり、重要である。

たとえばライブでもオープニングのインパクトが全てを決めるぐらいの力があるんじゃないかと勝手に思ってる。

なぜこのスポーツは歌によってこれほど力が湧いてくるのかわかりませんが、それをいつか広島で見たいからこそ、雑魚クラブでも地味に応援しているわけだ。本当はテレビでマンUの試合を楽しむだけの方が気楽なんですけどね。

動画のように12/8のプレーオフ2戦目がうまく盛り上がるとは思わないけど、監督・選手うんぬんよりとにかく観衆が力になるべきだと思う。Jリーグの歴史は浅いし海外には遠く及ばないが、12/8はサンフレッチェ広島の暗黒時代の始まりになる可能性が高いし、それを回避することも出来る。それはファンの力によって決まるんじゃないかと思う。まー、ぶっちゃけるともうそれしかすがるものがない。

別にサッカーが無くたって生きていけるんですよ。でも、サンフレッチェとは、多少無関心な時期もあったにせよ、既に15年来の付き合いだからどうも別れられん。記憶に残る日になればいいね。
[PR]
by xavi_takayuki | 2007-12-07 00:23 | Sanfrecce


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク