フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
 
日本で自分だけが気づいたと自信あり
土俵が全く違うし比較対象とすべきことではないが、なぜこれほど歩みが似ているのか・・・薄々気づいていたことですが、似すぎて怖いよ。錦織圭選手とPerfumeはきっともっと大物になる。

錦織圭選手

・島根県松江市出身
・幼少の頃から才能を発揮
・2003年渡米。ニックボロテリアカデミーの競争に生き残る。
・2006年全仏ジュニア・ダブルス優勝
・2007年10月プロ転向。AIGオープン1回戦敗退。
・2008年2月ATPツアー初優勝(ATPツアーは松岡修造氏以来、日本人2人目
・2008年4月ATPランキング99位(初の100位内)
・2008年?月。恐らくグランドスラム初出場を果たすだろう。

Perfume

・広島県出身
・小5からアクターズスクール広島で練習の日々。
・2002年広島限定でインディーズデビュー。
・2003年上京。東京インディーズデビュー。大手事務所アミューズ内で組まれたグループBEE-HIVE内で生き残る。
・2005年メジャーデビュー
・2006年8月1stアルバム発売(初登場66位。1年半かけて10万枚出荷。最高位2008年4月28日付25位!)
・2007年9月初のシングルランキング10位以内(ポリリズム・7位)
・2008年1月シングルランキング3位(BcL)
・2008年4月アルバムランキング1位(・テクノポップとしてはYMO以来2組目の1位獲得
・2008年11月、初の日本武道館公演決定。

松岡氏以来2人目のATPツアー優勝、テクノポップグループとしてYMO以来2組目のランキング1位。何この偶然。

フェデラーやナダルのヒッティングパートナーを務めたこともあるぐらい当時から認められていた錦織圭選手、木村カエラ、掟ポルシェ、ライムスター宇多丸、亀田誠治など音楽界からの支持が高かったPerfume。(これは強引か・・・)

方や日本人ってことで懐疑的な目で見られるだろうに海外の選手を諸共せず、方や東京でテクノポップで躍るアイドルという極めて希少かつ、広島弁を駆使したMCで徐々にファンを獲得。表舞台に現れてマスコミが急に押し寄せても冷静で、目標に向かってしっかり結果を出す。

口を酸っぱくするぐらい申し上げておきますが、これはあくまで土俵が全く違うので、あくまでネタですよ(笑)

以上、テニスファンかつPerfumeファンの独り言でした。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-29 00:47 | Perfume
 
MS Monte-Carlo 2008 Final
Nadal 7-5 7-5 Federer

クレーでのナダルはメタル。ハードロックのフェデラーでは勝てないか。全てが重すぎる。。。

繰り返され続けるクレーキングのテニスはまさに様式美。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-28 01:23 | Roger Federer
 
Perfume初の全国ツアー、セットリスト予想
4/27からPerfume初の全国ツアーが始まります。昨年は10月末から11月初旬に東京、名古屋、大阪、広島と小規模のツアーがあったけれども(これもかなり急遽決まった)、今回は10会場11公演。

pinoのCMの縁もあってか、スポンサーがついたツアーになるみたいですね。
ふと思ったんですけど、ひょっとしてMTV繋がりでライブの放送してくれないかなーと思ったり。6/1の横浜ブリッツ公演は需要あると思う。ただ、MTV・Japanってあんまり生でライブ放送している放送局のイメージはないからやっぱ無理かな。
そうならなくても、たぶんDVDが出るのは濃厚ではないかとも思いますが。bitterのライブ映像から1年半経ってて、かつ楽曲も増えてますからね。

ともかく、4/27大阪を皮切りにツアーが始まるので、セットリストの願望でも書いておこうか。

オープニングは、シークレット・シークレットを予想。

2nd「GAME」の中では、シングル曲では「ポリリズム」「BcL」「チョコレイト・ディスコ」「マカロニ」はたぶんすると思う。「TSPS」は冬の曲かつ、もはや1年半前の曲なので、やらないのではないかと思っている。

それと、「ポリリズム」のB面「Seventh Heaven」もキラーチューンなので、恐らくあると思う。渋谷AXのオープニング・ナンバーを飾った曲ですし。


セラミックガールとシークレットシークレットはPVが存在するので、演奏することは確実でしょう。ただ、1週間前のYahoo!トークライブで、まだダンスが決まってない曲もあるってメンバーが発言していたから、一部曲の披露はないかもしれない。GAME、Take me Take meのダンスが見れれば、個人的には効用が満たされそう。

で、問題は新曲がいきなり5曲も増えたPerfumeなだけに、既存曲で何をもってくるか。

PerfumeのライブってとにかくMCが多いのよ(笑)だから、一気に20曲も演奏するよりもけっこう17,8曲ぐらいにまとめてくるんじゃないかと思う。

で、次。
1st「Complete Best」以前の楽曲で何を入れてくるか。

個人的な希望としては、1stに収録されている曲を上げるならば、「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」「コンピューターシティー」「エレクトロワールド」「引力」「スウィートドナッツ」「ファンデーション」「コンピュータードライビング」「wonder2」、そしてこれだけは絶対外せないのがAnthem of Perfumeこと、「Perfume」。

CD未収録曲「イミテーションワールド」「カウンターアトラクション」もぜひまた見たい。
それと、「ジェニーはご機嫌ななめ」はファンを試すために、やるんじゃないかと(笑)広島インディーズの2曲はもうさすがにないだろう。

ん?結局20曲以上になってる(苦笑)
過去の曲も捨て曲がないだけに、今回の葛藤はすさまじいものだろうなあ。メンバーにとっても、ファンにとっても。どうなるかなあ。

まとめると。

「ポリリズム」「BcL」「チョコレイト・ディスコ」「マカロニ」「GAME」「セラミックガール」「Take me Take me」「シークレット・シークレット」「Puppy Love」「Seventh Heaven」、「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」「コンピューターシティー」「エレクトロワールド」「引力」「スウィートドナッツ」「ファンデーション」「コンピュータードライビング」「Perfume」「イミテーションワールド」「カウンターアトラクション」、「ジェニーはご機嫌ななめ」

「wonder2」は今回は厳しいかなと。そして、最後の曲は「パーフェクトスターパーフェクトスタイル」なんてどうでしょうか。かなり感動的なショーになるんじゃないかと。それにしても、こうやって曲を列挙してみると変なタイトルの曲の多いこと多いこと。文字見ただけじゃ、どんな曲かわかりゃせんわ。

まあ僕は「コンピュータードライビング」と「Perfume」さえ聴ければ少なくとも満足はできると思うわ(笑)あれほど、ライブで癖になる曲は無い。行けばその意味がわかるはず。

別に予想なんて当たらなくてもいいですけど、いいライブ期待してます。私は2箇所目と3箇所目に参戦します。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-27 01:40 | Perfume
 
Perfume/GAME、週間ランキングも1位!!!!!
快挙!Perfume「GAME」がウィークリーランキング1位(ナタリー)
【オリコン】Perfumeが1位獲得!YMO以来約25年ぶりの快挙(Yahoo!)

おめでとう。遂に週間1位とっちゃったね。

あ~ちゃん、かしゆか、のっちの3人、中田ヤスタカ氏、関和亮氏、MIKIKO先生、もっさん、アミューズ、徳間ジャパン、アクターズスクール広島、他祝福したい人がたくさんいます。

快挙も快挙。

たまたま地元が同じだから好きになったとか、3人の人柄とか発言が好きとか、曲が好きとか、ダンスが好きとかいろいろ理由はありますが、普通に今まで頑張ってきた彼女たちやスタッフに1番という結果が出たことがとにかくうれしい。

来週ツアー行くのが、本当に楽しみです!!!!!

----------------------------------

言いたいことはこの程度で、もうただ喜ぶだけ。

ただ、一応この快挙を分析しておくべきなんだろうか。というか、Perfumeについては各雑誌やネット上で多く語られていることなので、もはや必要性はないんですけどね。まあ、一応僕の思うことを。それがブログだと思うから。「うれしい」だけで、終わるなんて、つまんないでしょうし(苦笑)

というわけで、

まず、記事をそのまま鵜呑みにするならば、一般層にとってはYMOまで遡るほど(セールス的には)現代J-POPでトップ・ジャンルとは言えなかったテクノというジャンルのアルバムが1位になった。

単純な大手マスコミはこれから勝手にテクノブーム、Perfumeブーム、中田ヤスタカ・ブームが来ると煽り、さらに騒ぎ立てる可能性もあるだろうし、先は読めない。ただ、Perfumeの成功の裏には偶然の連鎖のようなものもあり、一概にテクノだからここまで売れたと考察するのも、気が早すぎる。テクノを越えて評価された部分も多いですからね。パフォーマンスという意味でも。

ただ、彼女たちはキャリアは長いから、周囲の喧騒にも浮き足だったりすることはないと思う。

90年代にJ-POPを席巻したSPEEDのようになることを夢見て上京した中学生の3人が、SPEEDや他のPOPSのアーティストのように歌い上げることを完全否定され、でもそれに従って上京して5年間苦労しながらもここまで辿り着き、ポジティブにテクノの長所を最大限に引き伸ばそうと決心し、その意志を貫いたのは、それこそヴォーカルのみがフューチャーされがちな、現代J-POPに一石を投じた。

今まで相当の覚悟がないとここまで出来なかったのではないか。広島アクターズの代表として、ただ頑張り続けたらしい。
東京インディーズ時代は、そりゃあイロモノにしか見えないかもしれない。実際にセールスはさっぱり。メジャーデビュー後も話題にはならなかった。それでも、与えられた楽曲や仕事を最大限に全うし、最終的に際立たせることに成功した彼女たちは、素晴らしいの一言。

もちろん、中田ヤスタカ氏が作り上げる楽曲群とこの3人の声のハーモニーだからこそ、生まれた圧倒的な楽曲群があるのも、紛れもない事実で、そこにひかれてアルバムを購入された方が多いのは当然。曲によっては3人の声が引き出されている曲も当然あります。その土台の元、オリジナリティーあふれるダンス、奇抜なPVは今までありそうでなかった。だから、面白い。

音楽通の方たちからすれば、ここ1年ぐらいのPerfumeの楽曲はテクノじゃないって細かい意見も多数あるでしょうし、自分も別に普通のテクノだとは全く思わないけど、ジャンル分けが進みすぎた現代ポップミュージックの方向性に、別にジャンルわけなんか気にせずに、いいものはいいじゃんって思い出させてくれるのが、Perfumeという存在なんだと個人的には思う。

ロックは、ハードロックなり、オルタナ、プログレ、グランジ、ポストロックなり、なんでもかんでも現代ロックはとにかくジャンル分け。
ヘヴィーメタルも、NMOBHM、LAメタル、スラッシュメタル、北欧メタル、デスメタルとか時代背景とか地域によって妙にジャンルわけされる。
テクノもテクノポップ、ハウス、エレクトロニカ、もうわけわからん。

でも、興味ない人にとっては、全部一緒なんです。だから、Perfumeがテクノだろうが、テクノじゃなかろうが、テクノを名乗ってるんだから、テクノでいいよ。理屈なんていらん。とにかく、総合的に楽しければいい、音楽ってそういうものじゃんって本来の意味を思い出させてくれるのがPerfume。Perfumeのファンの年齢層が幅広かったり、男女両方に受け入れられるのもそれを証明していると思う。まあこの辺りは、クイック・ジャパン74号のさわやかさんの考えそのままで、パクリになってしまいますが(苦笑)

でも、やっぱり、これまでに日本の各ミュージシャンからも評価され、ファンからも評価された今までのPerfumeの頑張りの結果が、今回の1位だった。Perfumeの総合力の結集が今回のランキング1位に遂に結びついたんだと思う。楽曲、ダンス、MC、雰囲気、努力の積み重ね等々いろんな要素が合わさった結果だった。もちろん、集大成とは全く思わない。

音楽の本来の「楽しい」意味を思い出させてくれたPerfumeの快挙を讃えたい。耳だけで判断するのではなく、体全体で踊り、ビジュアルでも楽しむ、音楽の本来の楽しみ方を改めて感じさせてくれて、ありがとう。わーい!!!!!

で、結局、自分で書いていて、よくわかりません(爆)何か理屈を越えちゃうんですよね。何、この文章って感じ。さっぱり、まとめられない!

ってことで、長々と書いてきたけど、無視してください(笑)自分で収拾がつかないので。ファンが浮き足立ってだから何って感じですよね、読者の皆様には。

一応最後に、自分のアイディアなんですが、広島凱旋ライブに、ファン側から何か出来ないかと思うんですよね。アンコール時に弾幕を上げるなり。これはスポーツファン的視点かもしれませんが、彼女たちが広島から出て成功したことをいち地元・広島人として、何か見える形で祝福したいと思う。
(NHKのトップランナーでは、彼女たちをアスリートと形容していましたし、こういうスポーツのようなノリもPerfumeにはありだと思うんですよ。)

何かやりたいなあ。後10日足らずに迫りました。前の広島単独ライブではファンの前では泣かなかったから、今回ばかりはあ~ちゃんを大泣きさせたい(笑)あのかしゆかやのっちまで泣いたら、さらに最高なんだがなあ。

男は女性の涙に弱い。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-22 23:31 | Perfume
 
フェデラー、2008年シーズン1勝目
エストリル・オープン、決勝に進出していたフェデラーは、ダビデンコと対戦。

1stセットはタイブレイクを7-5で制し、1セット先取。2ndセットはいきなりブレイクされたと思った矢先に、ダビデンコがリタイア。

ってことで、ようやくですが、2008年シーズン、1勝目を上げました。本来ならば、この時期であれば少なくても2~3勝していてもおかしくないのですが、今シーズンは勝手が違うので、普通にホッとしました。

しかし、これから本格的に厳しい試練のクレーコートシーズンが始まります。ナダルはまた躍動するだろうし、ジョコビッチだって去年RGベスト4の選手だからクレーが苦手なわけもないだろう。負傷がどれほどのものなのかわからないけど、ダビデンコも怖い。スペイン勢や南米勢も当然ながら怖い。

ともかく、屁理屈は抜きで、普通に祝福したい。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-21 01:16 | Roger Federer
 
Perfume「GAME」がデイリーチャート1位
Perfumeのニューアルバムが初のデイリー1位を獲得(ナタリー)
時代が欲しているニューアイドル、Perfume(オリコンスタイル。オリコンって、ぶっちゃけあんまり信用してなくて馬鹿にしてたけど、実にいい記事だ。ごめんなさい。自分って単純だ。)

-------------------------------

びっくりしました。純粋にメンバーやスタッフにおめでとうと言いたい。人生の半分をPerfumeとしての活動に費やしている彼女たちにとっては、全く持って信じられない状況でしょう。

自分は一応4/16発売ですが、当然ながらフラゲで昨日購入。閉店間際のタワレコ広島にて。

最終的にデイリー1位が評価されるかどうかはわからないけど、まさか今の邦楽チャートでテクノの楽曲が1位になるとはなあ。どちらかというと今回の作品はテクノの要素よりも、ハウス的要素が多いんでしょうが、でも、テクノがこんなに注目されるなんて、ヘヴィーメタルよりありえないことだと思う。しかも、Perfumeが。

僕はただのいちファンですが、去年の夏から彼女らのことを注目してきてこんなに感激するとは。って、いつも何かあるたびに驚かされて、感激させられていますけれども。

・日曜日
日本テレビのMusic Loversという番組に出演。僕にとっては、好きなラジオDJである赤坂泰彦氏の番組にPerfumeが出演ということで、それだけでも感激でした。しかも、「マカロニ」のダンスを初めてフルで見るとともに、テレビ初演奏。

・月曜日
NHKのTop Runnerに出演。現在から過去までを掘り下げたインタビュー、そして、あ~ちゃんの涙にいつものようにもらい泣き、さらに、地上波でついに、ついに、「エレクトロ・ワールド」をフル演奏。これは、メジャーデビュー後の3rdシングルですが、推定2,000枚しか売れていなかったらしい。しかし、1stアルバムにも入っており、ファンの中では、1,2を争うキラーチューンですけれども(現在はたぶん買い集めている人も多くもって売れていると思いますが)、エレワーを地上波で踊るのを見て、ついにくるべき時が来たかと思った。(発売当初は2畳程度で踊ってたんだよ!(動画はSSTVストリーミング放送の伝説ライブ)

・火曜日
2ndアルバムGAMEをフラゲで購入。まず、DVDを見た。去年11月、恵比寿リキッドルームのポリリズムとSeventh Heaven、他収録。

僕がライブに行った広島、ZEPP東京カウントダウンもそうですが、あの時のツアーでオープニングナンバーを飾ったこのポリリズムは、イントロがライブ仕様に追加ミックスされている。これが物凄くテンションがあがる。昨晩はこれを何度も見てた。何度もライブの記憶がよみがえる感じ。しかも、超満員で感激するあまり最初から泣き止まないあ~ちゃんに、何度ももらい泣き。そして、Seventh Heavenも実に良いです。

アルバムはフルで1回聴いた。何この、挑発的なアルバムはってのが1日目の感想。低音バキバキ。

・水曜日
だいぶ、アルバムに慣れてきた。捨て曲は今のところは無い。ともかくフルで聴くべきアルバムですね。あんまり好きではなかったシングルの#4.Baby cruising Loveも#3.GAMEの後に流れると、全く違った曲に聴こえる。こんなにいい曲だったか?
#7.セラミックガール、#8.Take me Take me、#9.シークレット・シークレット、#10.Butterflyの流れは秀逸。特にTake me Take meからシークレット・シークレットのつなぎがヤバイ。

よくわからないけど、彼女らを見ていると凄く純粋な気持ちになれる。自分で書いていて、実に気持ちが悪いですが。普段は暗い音楽やハードロックばかり聴くような人間だったのに、何夢中になってるんでしょう・・・

しかし、しつこいけど、まさかアルバムがデイリーで1位になるなんてなあ。本当に素晴らしい。何度もおめでとう!!!!!

全国ツアーが本当に楽しみ。
b0033344_22474165.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-16 22:49 | Perfume
 
デビスカップ VS インド戦
錦織が最年少勝利記録◇デビスカップ(tennis365.net)

団体戦と言うことと、インドでのアウェー戦、そしてグラスコートという全く慣れない環境の中で、日本はインドに乗り込んだ。

初めて日の丸を背負って戦った錦織圭選手も出場。
結果的に3-2で敗れてしまったのは残念だ。やはり、インドとの相性の悪さはなかなか拭いきれないか。

でも、錦織選手と岩淵選手がシングルスで2勝して、一矢報いた。来年は、念願のワールドグループ入りを目指してまた頑張って欲しい。

錦織選手、日本人最年少のデビスカップ勝利おめでとう。これからもプレッシャーはあるでしょうけど、先輩方と力を合わせて、日本をワールドグループ入りの悲願をかなえて欲しい。

で、ロシア勝利!!!サフィンがベルディヒに勝った!久しぶりに上位選手に勝ったのではないでしょうか。復活の兆しならいいけどね。相変わらず、デビスカップでは強いサフィン。重宝されるサフィン。素敵だ。

M・サフィン(ロシア) 6-7 (5-7), 4-6, 6-3, 6-2, 6-4 T・ベルディフ(チェコ)
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-14 22:48 | Kei Nishikori
 
シークレット・シークレット
シークレット・シークレットMusic Video(MTVより)

このPVは、マジでいい。いろんな意味で泣けてくる。今までの努力が凝縮されている。歴史を感じる。曲もエレクトロニカ風味。ちょっと一部はRadioheadっぽいと思うのは僕だけかもしれないが、それは置いといて、いいものはいい。

ただし、いつも制作してる関さんじゃない点は残念。4年ぐらい関わり続けてる訳だし。ま、関さんの作品とも捉えられますけどね。過去のPVを一つにまとめた作品ですし、これは。

MTV Japanから(可能性は低いと思うけど)、本場アメリカ、ヨーロッパのMTVまで広がったりしたら、本当に手を伸ばしても届かないような存在になってしまうかもしれない。絶対あっちでも受け入れられると思う、このPV。本当にそうなってくれたら、いいと思う。

本当にどんなアルバムに仕上がってるんだろう。

※最初と最後のマネキンは「Perfumeの掟」というワンマン・ライブで披露したパフォーマンスの一部です。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-11 01:15 | Perfume
 
Morning Glory もとい GAME
アホ過ぎて自分でもひきますが(苦笑)、ある共通点を見つけた以上紹介せざるを得ない。まあ、馬鹿にしてください、私を(笑)

GAMEは、oasisの永遠の名盤 (What's the story)Morning Glory?の再来ではないか?

と勝手に「仮説」を立ててみる。 (当然まだ発売されていないため、仮説になります。)

根拠は↓だけ。

・Oasis 1st
#1. Rock'n'roll star

・Perfume 1st
#1. Perfect star,Perfect style

何と、1曲目が「star」繋がりwwwびっくりな共通点だ。しかし、これは明らかに何かのフラグに違いない!!!
両アルバムとも紛れも無い名盤でありますし。

というわけで、

Oasis 2nd「Morning Glory」=Perfume 2nd「GAME」

1.ポリリズム(Remix)でつかみはOK(=1.Hello)
3.GAMEでガツガツ(=2.Roll with it)
5.チョコレイト・ディスコで頭をやられ(=3.Wonderwall)
6.マカロニで一息(=4.Don't look~)
7.セラミックガールでモッシュが始まり(=7.Some might say)
9.シークレット・シークレットでとどめをさされ(=9.She's electric)
11.Twinke snow~で正気に戻り(=10.Morning Glory)
12.Puppy loveで俺たちは合唱する(=12.Shampagne supernova)

Puppy loveは聴いたこと無いので、根拠に欠けるなあ。すでにwonder2があるから駄目か・・・
それと、あ~ちゃんが言うにはGAMEはかなりゴリゴリのナンバーらしいよ。

それと、これはMoring Gloryじゃなくて、RADIOHEADの「OK Computer」でも代用可です。

以上です。

さて、あと1週間・・・

何なんだろう、10代の頃に感じていたoasisの新譜を心待ちにするのと同じようなこの感情は(笑)ま、今はoasisよりもCOLDPLAY大好きなんですけどね。

でも、ジャケの雰囲気がなんとなく似てるんだよなあ。でも、両者とも共通の「ロゴ」もあったり、これまた共通点。

考え過ぎって言うか、自分で書いててキモいよ。西脇教を抜け出せません。助けて~。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-09 00:16 | Perfume
 
伊達公子さん、現役復帰の件
伊達さんが現役復帰するんだと。

びっくりです。信じられません。テニスプレーヤーって、確かにダブルスなら30越えても頑張ってる選手は男女とも多いですけど、これはシングルスなんでしょうか。普通にツアーレベルに出るんでしょうか。伊達さんはダブルスは苦手と仰っていたような気がするので、やっぱシングルスなんでしょう。詳しくは会見をするそうです。なので、勝手に推測でネタにすることをご了承ください。

今のWTAのパワーテニスに伊達さんのかつてのテニスが通用するか、サーブも10年前よりもスピードアップしているし通用するかわかりません。当然ながら否定的です。もちろん、トップレベルに対してはですよ。

僕らの世代でテニスをしていた人たちにとってはサンプラス、アガシ、グラフなどと同様に圧倒的なアイドルでしたし、彼女のテニスが見られるのはうれしいのは事実なんですけど、復帰したマルチナ・ヒンギスでさえ、なかなか優勝できなかった事実があるだけに、不安で。

しかし、やるからには、見届けるしかないんでしょうね。引退の経緯にしたって、彼女の強い意志があったんでしょうし、何か意図があって現役復帰を決意したんでしょう。

これは伝説のロックバンドが復活的なノリではないと思う。ロックバンドなら復活するだけでオーディエンスを満足させることもできることもありますが、スポーツ選手だと対戦相手がありますから、難しいところです。

あまりときめくことは無いと思いますが、伊達さんの90年代に成し遂げた活躍が色あせることは無いと思いますので、いいニュースをどんどん期待したいと思います。
[PR]
by xavi_takayuki | 2008-04-07 00:33 | Tennis


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク