フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
 
復活のFederer Express
Western & Southern Financial Group Masters
Federer 6-7(5), 7-6(1), 6-4 Fish

Federer Express 復活!というか、ランキング2位の選手の優勝で、復活と表現するのが適切なのかどうかは難しいところですが、ともかく、ロジャーにとっては半年ぶりのタイトルです。ロジャーは数ヶ月タイトルがないだけで騒がれる人ですし、僕もたしかにウィンブルドンの敗戦は徐々に悔しさが出てきましたけれども、さすがの強さです。

ここ2大会は、ロジャーが慌てたそぶりというのがさほど見られないので、冷静に試合を見ることができましたが、やはり、落ち着いたロジャーが見れるときは、実際にいいテニスを見せてくれます。そして、半年ぶりのタイトルとなりました。フィッシュも、タフドローを勝ち抜いてきての決勝戦だったので、勝たせてあげたかったけど、やっぱりロジャーが好きなので、その点は申し訳ないが、終始ロジャー目線での観戦でした。

USオープンシリーズでのタイトルはやはり縁起がよいと思います。USオープンへの期待感が膨らんだロジャーファンの方々も多いのではないかと思いますし、ひとまずほっとしただけの人もいたかと思います。

マスターズシリーズタイトルは、これで17個目となりました。シングルスタイトルとしては、63個目で、ボルグに並んだとのこと。

2010 シンシナティ(ハード)
2009 マドリード(クレー) シンシナティ(ハード)
2007 ハンブルグ(クレー) シンシナティ(ハード)
2006 インディアンウェルズ(ハード) マイアミ(ハード) カナダ(ハード) マドリード(インドアハード)
2005 インディアンウェルズ(ハード) マイアミ(ハード) ハンブルグ(クレー) シンシナティ(ハード)
2004 インディアンウェルズ(ハード) ハンブルグ(クレー) カナダ(ハード)
2002 ハンブルグ(クレー)

これまでのロジャーのマスターズタイトルを見てみると、大会が多いのも関係はありますが北米のタイトルが多いのはすぐにわかると思います。それと、時期的にも、ロジャーの全盛期は春のタイトルは簡単にとっていた印象がありましたが、やはり結果として、2004から2006はインディアンウェルズ3連覇、マイアミ2連覇と結果を出しています。

そして、実は、比較的に安定してタイトルをとってるのが、ウィンブルドンからUSオープンにかけて行われるロジャースカップ、またはシンシナティ。2008年を除いて、必ずどちらかのタイトルをとっています。そして、USオープンでも好成績を残しています。今回もトロントでRU、シンシナティでWinnerですからUSオープンの優勝候補筆頭と考えても別にいいんじゃなかろうか。

一応ついでに触れると、クレーのタイトルが客観的に少ないのはナダルの存在のためというもの容易にわかりますが、マスターズ初タイトルはハンブルグですし、2009年にはマドリードでも勝っています。ハンブルグ4勝とマドリードの1勝も誇るべき結果です。

ナダルが18タイトルで、これは最多記録で凄い記録なのは確かですが、ナダルに欠けるものとしては、USオープンもそうですが、ATPマスターズカップのタイトルが挙げられます。USオープンが終わるころには、今年もO2アリーナで行われるトップ8の頂上決戦、マスターズカップに誰が出場するのかが話題になってきます。
USオープンの動向によりある程度固まってくるでしょうが、その激しい争いが始まる前に、ロジャーがマスターズシリーズタイトルを取れたことは喜ばしいことでしたね。

さあ、そして、USオープンです。期待しましょう。
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-08-23 23:04 | Roger Federer
 
US Open 2004 レビュー
一応ブログを書き始めたのが2004年秋からなので、それよりも前に行われた大会の感想等は当然ありません。というわけで、ロジャーが記念すべきUSオープンで初優勝を成し遂げた2004年でも振り返ってみようと思いました。

何と言ってもロジャーとヒューイットの決勝戦。6-0 7-6 6-0

USオープン決勝史上初のダブルベーグルを達成した圧倒的な完成度を誇ったロジャーが見れた試合でした。「全てが上手くいく時のロジャーが見たければこの試合」のうちの一つだと思います。

他にグランドスラム決勝で3セット連取かつダブルベーグルを達成したのは、1977年 Roland Garrosギレルモ・ビラスがブライアン・ゴットフリートに対して、6-0 6-3 6-0というのが最初でした。

それにしても、2003年までにUSオープンでの最高成績が確かベスト16だったので、驚くべき快進撃です。2004年のロジャーが如何に目覚ましい強さを誇ったかわかっていただけると思います。中途半端に強いんではないんです。圧倒的に強かったんです。今のロジャーを除いたトップ4と同じぐらいの年齢時でしたけれども、この年のロジャーほど躍動した年というのは、ナダルもジョコビッチもマレーもまだまだありません。

この大会で特に面白かった試合は、ベスト8でのロジャー×アガシでした。翌年の決勝カードということになりますが、2004年は2日に渡って行われた激闘でした。5セットマッチをロジャーが勝ちとりました。特に1日目の打ちあいがとにかく凄かった。2日目は風がひどかったですけど、1日目のテニスはずっと見続けたいぐらいレベルの高い試合でした。

それと、もう引退してしまったけれども、スウェーデンのピムピムことヨアキム・ヨハンソンが前年優勝者のロディックとのサービス合戦に勝った試合も凄かったのを思い出せます。決勝はロジャー×ロディックのNO.1,2対決だろうと思っていた矢先の出来事だったので、今でもあの衝撃は思い出せますね。そういえば、ロディックは、グランドスラムでは、ドラマティックな5セットで負けるパターンが以外とある気がする。この時のヨアキム戦にしろ、WBでのガスケ戦、マレー戦などは。

ともかくロジャーはこの年以降、アガシ、ロディック、ジョコビッチ、マレーを退けて優勝してきましたが、昨年はデルポトロに敗れました。しかし、まだまだ、終わっていません。今年もやっぱり、決勝進出を期待したいですよね、ファンなら。

2004年に決勝に進んで以来、ご存じのように、ロジャーは6年連続決勝進出中です。今年進出すれば7年連続ということになります。
wikiで調べたが、第1回大会の1881年から1887年にかけてリチャード・シアーズが7年連続決勝進出(&7年連続優勝)、1918年ー1925年までビル・チルデンが8年連続決勝進出(&6年連続優勝)、1982年-1989年までイワン・レンドルが8年連続決勝進出(&3年連続優勝)という記録が残っています。

別に彼らを抜く為にテニスをしているわけではないし、参考程度でいいんですけど、彼らに肩を並べているというか、ウィンブルドン等他の大会も加えたらロジャーに匹敵する記録を持っている人もそういないし、別に記録を気にせず、優勝をしてくれればそれでいいです。今までのように、気が付いたらいつの間にか自然と記録が付いてくると思いますし。

グランドスラム20回の優勝を目指すということのようだし、僕もロジャーを信頼して、17回目を期待したいと思います。
[PR]
by xavi_takayuki | 2010-08-20 00:38 | Roger Federer


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク