フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
 
グランドスラム28大会連続ベスト8
昨日のスタンとのRoland Garrosの4回戦に勝利して、ロジャーフェデラーは28大会連続でのグランドスラムベスト8進出を決めました。

これは、2004年のウィンブルドンから継続している記録であり、ロジャーがNo.1として築き上げてきた当初から、今も継続している記録です。ジミー・コナーズが27大会という記録を持っていたので、それを更新した事になります。今大会は、ジョコビッチの連勝記録と自力でのNo.1獲得が一番の話題となっておりますけれども、ひそかにロジャーも調子は悪くない。ジョコビッチの陰に隠れているけど、いつものように、気がつかない間に大記録を作ってしまうのがロジャーフェデラーの凄いところで、この記録もその典型のような気がします。私はいつもそんなロジャーに感心してしまいます。

2010年のRGで途切れはしたものの、かつてレンドルが持っていた10大会連続という記録を倍以上更新する、23大会連続でのグランドスラム準決勝進出記録を既に持っているロジャーですが、一段下のベスト8はまだ更新中。たとえ一段下だとしても、本当にすごい記録です。

この継続性こそが本当のロジャーフェデラーの強さと言えるでしょう。ランキングの移り変わりも早く、トーナメント戦ですので、当然調子のよい選手と当たる機会も多い中で、全く負けていない事実は、ロジャーの本当の強さの証明です。厳しい試合という意味では、いつだったか全豪でのベルディヒ戦、2009年RG4回戦のハース戦、2010年WB1回戦、今年のAO2回戦シモン戦などで5セットマッチもありましたし、しかし、それを乗り越えてきての積み重ねの記録。

今まで、試合途中でのリタイアが無いというロジャーの誇るべきテニスキャリアの積み重ねとも言え、一度も休むことなくグランドスラムを迎えてこられた。そして、加えておくと、ツアー最後で多くの選手が怪我がちなツアー最終戦も9年連続で出場しているのも見逃せない。通年でどれだけ継続して勝っているかを容易に知ることが出来ますね。

グランドスラムでの抜群の安定感、そしてピーキングの合わせ方などは全てのプロ選手の見本になっているのは間違いないと思います。選手から見ても、この継続性は、本当に尊敬できる事ではないかと思います。

もちろん永遠に更新できるわけではないけど、また新たな歴史を更新したロジャーフェデラーを、ファンだけではなくて、テニスに関わっている全ての人たちが十分に評価をして頂けたら最高ですね!
[PR]
by xavi_takayuki | 2011-05-30 23:38 | Roger Federer
 
フランスで購入したテニス雑誌のロジャー記事
パリのシャルルドゴール空港で購入したフランスのテニス雑誌のロジャーの記事をまとめました。AからZまで順番に説明されていたのですが、何が書かれているかも気になりますし、普段からお世話になっているロジャーのファンの方から翻訳のコツなどを伺いまして、漸くUPできるに到りました。

どうしても自分の実力では翻訳しきれない部分があり、省略している部分が相当あります。また、意味不明の文章、恐らく誤訳もあるかと思いますけれども、とりあえず参考程度に見て頂ければと思います。

A comme Afrique du Sud
彼の母リネットの出身国であり、南アフリカとアフリカは、ロジャーフェデラーの生活の中で重要な位置付けを持っています。

B comme bienfaisance
2003年、ロジャーフェデラーは初めてのウィンブルドン優勝を達成し、そしてロジャーフェデラー基金を設立した。彼の両親に影響を受け、アフリカの子どものための基礎教育プロジェクト実施のための試みに関与している。

C comme Carter
フェデラーの最大の悲劇の一つは、彼がピーター・カーターの死を知った時でした。交通事故により自分の恩師だったピーターカーターが亡くなったのは、2002年のことでした。

D comme deuxieme
フェデラーは豊かだが、スポーツイラストレイテッド誌(2010年)では、豊かさで2番目にランクインされた。フェデラーは最高給スポーツマンとしては、タイガーウッズには及ばなかったものの、彼が彼のテニスキャリアのトーナメントの賞金として、62万ドル以上の賞金を手に入れているので文句のつけようがありません。

E comme Ecublens
バーゼルの近くの小さな町で生まれ、ロジャーフェデラーは彼の少年期を熱心にスポーツに打ち込んだ。私たちが知っているチャンピオンになるために、幾度とない練習を行い、テニスの完成、研究を重ね続けてきました。

F comme Freyss
元コーチの一人。ロジャーフェデラーのキャリアの中で重要なフランス人の一人で、Christophe Freyss は14歳から16歳の2年間を指導してきた。

G comme golf
ゴルフはお気に入りの気晴らしとなっている。トーナメントの合間にリラックスできるのが楽しいだとか。ゴルフの他では、彼の他の趣味も明らかになっていることでは、彼の家族と一緒に過ごす時間が好きということ、サッカー、スキー、プレイステーション、音楽などがあげられます。

H comme Henry
ティエリー・アンリは、タイガーウッズと同様に、彼らは頻繁に彼の友人ロジャーをサポートする為、ローランギャロスのスタンドで観戦している姿を見られる。カミソリのブランドのCMで共演している彼らとロジャーフェデラーは非常に友好的な関係です。

I comme Icone
ロジャーフェデラーは、真のテニスアイコンとなっています。テニスの人気を引き上げ、観衆を虜にし、多くのファンを獲得しています。

J comme jumelles
ロジャーは1年半前、双子の娘を授かり、初めて父親となった。彼が最も大事にしている自分の時間も一緒にいる事は多いし、母親の腕の中にいる姿をスタンドで見ることもできる事があります。

K comme Kore Roba
エチオピアにある都市コレロバにフェデラーは訪れた。小学校の子供達と交流、彼は小さな子ども達と楽しみました。贈り物を配布し、老若男女に喜ばれています。

L comme longue duree
ロジャーフェデラーとウィルソンは、今日のスポンサーとしてお互いに満足し長い契約を結んでいる。スイスのテニス選手と生涯契約を結ぶこととなったが、それは彼が10歳だったときに初めてマークされ、フェデラーがテニスを行ってきて長く続く愛の物語です。

MとしてMunchestein
人口12,000人の小さなスイスの町。サッカー選手として活躍するハカン・ヤキンもこの街で生まれました。

N comme Nike
ナイキは、彼の安定した多くのスポンサーの一つであるが、フェデラーは13,000,000ドルを2018年まで契約していると言われている。

O comme out
ロジャーフェデラーは、ウィンブルドンは2002年以来、決勝の前に敗れる事はなかった。それだけに、彼がベルディヒに敗れたことは、落雷のような驚きだった。(2010年ウィンブルドンベスト8 6-4,3-6,6-1,6-4でチェコのトマシュ・ベルディヒが勝利)。

P comme psychologue
偉大なテニスプレーヤーになる為に、スイスのテニス協会の助けを得て、若い頃からメンタル面の強化にも取り組んできた。世界で最高のプレーヤーの1人として頭角を現す前の2,000年以降、非常に肯定的な効果をもたらす事ができるまでに実現していますド。

Q comme quarte
ロジャーフェデラーは、いくつかの言語を話す事が出来る。南アフリカ出身の母親を持ち、母国語、フランス語、ドイツ語を話す。昨年十月に上海で開催されたマスターズの機会を持って、彼はすぐに第五言語として、中国語の最初のレッスンを受け、ファンの前で少し披露した。

R comme record
16回のグランドスラムのタイトルを獲得しているフェデラーだが、すべて特別の味を持った優勝となっている。彼のキャリアは、記録の連続です。ウィンブルドンは6勝、USオープンは5勝。そして、2009年、彼は今まで優勝できなかったローランギャロスも遂に獲得し、続く2009年のウィンブルドン優勝時には、ピートサンプラスが2002年に14タイトルを獲得して以来の記録を超えた。

S comme soixante-sept
フェデラーが優勝したタイトルの数は67です。17回のマスターズタイトル、16のグランドスラムタイトル、そして5回のマスターズカップがあります。そして、この記録は、継続の途中です。

T comme The Roger Federer Story
あなたがロジャーフェデラーについて学びたい場合は、"ロジャーフェデラーストーリー"をお読みいただければ良い。この著書を書いたスイスのジャーナリスト、Rene Staufferは、スイスのチャンピオンは歴史の中で最高のテニス選手の一人となったことを説明しています。我々は、完全な男としての彼の人生、チャンピオンとして、彼の人生を賭けている逸話を読むことが出来る。

U comme un
ロジャーフェデラーは、連続186週連続ランキング1位という記録を持っている。(2004年2月2日から2008年8月18日)それまで世界のテニスの歴史でジミーコナーズが保有していた160週連続1位という記録を大きく上回った。また、ピート・サンプラスが記録したランキング1位の記録には及んでいないものの合計237週間、ランキング1位を達成してきた。

V comme Vavrinek
ロジャーは、元々スロバキア出身のミルカ・バブリネックと、2009年4月に結婚をした。19歳で出場を果たした2000年のシドニーオリンピックでの彼の未来の妻に会った。彼女は、彼女のテニスキャリアとしては、怪我で二年後に引退せざるを得なかったが、それ以後、ロジャーのスタッフの一人として、ロジャーの生活の中ですべての世話をしてきた。ロジャーも、すべては彼がミルカのおかげで成功をおさめることができた事を頻繁に繰り返し言及している。

W comme Wintour
アナ・ウィンターは、ヴォーグ誌​米国版の編集者として交流し、多くのトーナメントで一緒に観戦している。

X comme inconnu
未知の領域ではあるが、既に16のグランドスラムのタイトルと勝利の記録を保持しているフェデラーは、どこまで記録を伸ばせるだろうか。コーチのポール・アナコーンが、彼がこのようなレベルを持っていくことが出来るか、20タイトルまで伸ばせるか、それは実際には難しいでしょうけれども、注目することは出来る。

Y comme Yacht
豊かな人々と同様に、ロジャーフェデラーは、自分のヨットを所有している。ウィンブルドンが終了した後、自分自身の休暇を取り、来て彼の小さな家族たちと一緒に、昨年のんびり休憩をとるために使用されました。

Z comme Zurich
ロジャーフェデラーとラファエルナダルは、スイスのチューリッヒで慈善試合を開催した。彼らは、救いの手を差し伸べることを躊躇していません。それはクリスマス前の12月の数日間に渡って、スイスとスペイン両国で行われました。

b0033344_3283049.jpg

b0033344_3285841.jpg

b0033344_3291846.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2011-05-29 03:33 | Roger Federer
 
Madrid Open 2011観戦記 part3 &海外旅行のトラブル備忘録
5/6(金)Madrid3日目。
この日は、午前中はまずPuerta del SolからMayol広場に行き、そのまま南に下ってサン・イシドロ教会を訪問。その後、Tirso de Molina駅からAtocha駅まで乗り、歩いてプラド美術館へ。前日に行ったソフィア王立美術館とさほど離れていない場所でした。
世界的にも有名な美術館なので教科書で見たことがあるような絵画が展示されているところですが、8ユーロで入場できました。非常に広いので全部ゆっくり見て回ろうと思ったら午前中だけで済むはずもないので速足でとりあえず見て回りました。
b0033344_4595043.jpg

リアルさが残っているというか、立体感があるというか、美術には無頓着なのでいい表現が浮かびませんけれども、歴史のある絵を見にこのような場所にこれる機会が出来て有難い思いがしました。京都でお寺や仏像を見るのも好きなんですけど、ヨーロッパの文化、昔の人がリアルに見てきた価値観を絵によって追体験できるというのは悪いことではないですね。

御土産を買いつつ1時間半ぐらいプラド美術館を後にすると、荷物がちょっと出来たので一度ホテルへ。と思いつつ、ホテルのあるGran Viaから歩いてすぐのPuerta del SolにReal Madridのオフィシャルショップがあるので一応そっちも行くことにした。Santiago Bernabeuにも当然オフィシャルショップはあるんですけど、前日スタジアムツアーに行った時は荷物が増えるのが嫌だったので何も買っていなかった事もあり。せっかくなので年号の入ったものというか記念に残りそうなものが欲しいなーという事で2011スペイン国王杯優勝記念Tシャツと、ゴルフの好きな自分の父親にでもあげようと思ってキャップを購入してから一旦ホテルに戻って荷物を降ろしてから、再びSol駅からSan Fermin駅へと行きました。

遂にテニス観戦最終日となりますので、後悔の無いようにしたかった。ということで、相変わらずやっぱりロジャーを堪能しようという思いで一杯でした。

何と言ってもこの日の対戦相手はソダーリンですから。僕がロジャーの試合を生で見る機会では、端的に一番の実力者ですし、忘れもしない2009年Roland Garrosの決勝カードですからね。やっぱりこの対戦が見られて嬉しい思いでした。

まずセンターコートでVikaとルーシー・サファロバの対戦。何気にサファロバは嫌いではないんだよねー。非常に地味だとは思うんだけど、非常に頑張りが伝わってくる選手。ランキングも相当落ちていた時期もあるけど、ずっと頑張ってますよね、ベルディヒと切磋琢磨しながら。なかなかの好ゲーム。それにしても、Vikaのストロークは力があって、非常に強さと粘りを感じた。女子の方がどうなるかはわかりませんけれども、VikaがRoland Garrosで決勝戦に行く可能性は十分高いように思います。

試合は思った以上に競っていたのですが、これからロジャーの大事な試合もあるということもあり、観戦疲れの無いように、またアザーコートへ行く事にしました。というか、今思い返すとダブルスをもっと見るべきだったという気持ちもありますね。ブライアン・ブラザーズをもうちょっと見たかったというのもあるし、リュビチッチ/チリッチ、ロドラ/ガスケのダブルスなども見れたので。

そうこうしているうちにロジャーの練習見学もこの日が最後という事で、最初から最後まで見たいということもあり、早めに待機。5/4と同様の一番奥のコートへ。すでに愛すべき同士達が陣取っていました。センターコートではラファの試合が始まっていて、歓声も多少聞こえてくるんですけど、とりあえずはロジャー待ちを続ける。
b0033344_5364789.jpg

この時に実は急に日本語で話しかけられて。というのも、前日のReal Madridのスタジアムツアーに行く前にPuerta del Sol近くで一人の台湾人男性から声をかけられる機会がありました。その時に私がRFグッズを着ていてアジア人でRFグッズを着ている人なんて目的は凄くわかりやすいという事もあったというのもあったと思いますが、その方も台湾からロジャーを見に来ていて。日本語を勉強されているということで流暢におしゃべりされる人でした。

ということで、その方も練習を見に来られていて、しばらくおしゃべりすることが出来ました。以前には上海でのマスターズカップを観戦したり、またRGに行かれた時の感想などを聞く事が出来まして、いい時間を過ごせました。そうこうしているうちに来ないなーと思っていたら、人目をはばかったのか、ファンへの愛嬌なのか、ロジャー、もう2コート手前のコートに登場したみたいで、ファンが一斉に移動(苦笑)ということで登場シーンは見逃してしまいましたが、やっぱりラファの試合中という事もあり、ロジャーファンだけがロジャーを共有できる幸せな空間・雰囲気を醸し出しつつ最後のロジャーの練習を堪能することが出来ました。練習の邪魔をしてしまって申し訳ない気持ちもあるけど、力の抜けたロジャーの練習は本当に面白いです。ファンサービスもしてくれて本当にありがとう、ロジャー。
b0033344_6115911.jpg

b0033344_5553448.jpg

b0033344_5574249.jpg

b0033344_692744.jpg

さて、ロジャーの練習も終わったので、ラファの試合に戻ろうと。情熱的なスペイン人の応援をまた感じてくるかーと思っていたら、すでにロドラとの試合は終わってしまい・・・さすがという他無いですが、結局Madridで私が見られたラファは、デルポトロが棄権してしまったという事もあり、2回戦のバグダティス戦の最後の4ゲーム程度という事でたったの20分程度のみ(苦笑)
ロジャーファンだから別に気にする事もないのかもしれませんが、やっぱりクレーでのラファのテニスは一応もうちょっと見ておくべきではなかっただろうかと客観的には思います。そのように拍子抜けしてしまいましたが、ロジャーの試合が終わるまで時間が出来たので、先ほどの台湾人男性の方と一緒にダブルス観戦。

また、Vikaです(笑)ここまで毎日活躍されるとファンにならざるを得ない。Vikaは東日本大震災に対するメッセージなどで非常に気を使ったコメントをくれていた選手なので、その感謝の意もあったのですが、やっぱり力強い選手ですし、これからVikaの時代が来てもおかしくないと思えるので純粋にテニスプレーヤーとして注目できる選手だと思えました。

ということで、遂に最後の現地観戦でのロジャーフェデラー。相手にとって不足は無し、ロビン・ソダーリンとの対戦です。

試合はキープが続く。やっぱり競った試合は面白いです。集中して観戦出来るし、熱も入りますね。そして、第8ゲームだったかロジャーがブレイクポイントを許しながらもキープしたゲームがあったと思いますが、3日目にして初めてロジャーの「C'mon」が響き渡りました。かっこええええええ。

あのフェリシアーノ・ロペス戦でも終始冷静さを保っていたロジャーですが、カモンのシーンは本当にかっこよかったなー。本当に重要な場面でしか出ないロジャーのカモンですけど、ここを乗り越えた事で試合の主導権を握る事が出来るようになったのかもしれません。タイブレイクをロジャーがものにして1セット目ゲット。
そして、2ndセットもロジャーのテニスで、1ブレイクをものにしてめでたくロジャーが勝利してくれました。観戦した3試合とも勝ってくれて本当にありがとう。感謝の言葉しか浮かびません。ロジャーのファンを続けてきて本当によかった。
b0033344_6192936.jpg

b0033344_6224670.jpg

という訳でロジャーにはお別れして、ジョコVSフェレールの試合をちょっとだけ見て、ホテル近くのレストランへ行き、パエリヤ、それとマドリッドの街にたくさんあるアイスクリーム屋にも最後挑戦して最後の夜を終えた。

このブログが参考になるかどうかはわかりませんし、大会の規模勝ち進みによってはロジャーをどこまで楽しめるかは運次第なのも事実ですが、とりあえずとことんロジャーフェデラーを堪能出来る贅沢極まりない時間を過ごすことが出来ました。自分の人生でここまで充実した旅行は無いと間違いなく思えました。

まー、いい事があり過ぎて、最終日に帳尻を合わせるかのようなトラブルはありましたけどね(苦笑)帰国できたので今では笑い話ですませられますが、一応、テニス観戦とは別に、海外旅行のトラブルとして参考になると思うので、帰国の事も書いておきます。

5/7(土)
ホテルをAM7:00前にチェックアウト。小雨が降っていましたが、地下鉄Gran Via駅から空港のあるAeropuertoまで最後の地下鉄を楽しむ。2回の乗り換えで30分程度で到着。Madridの地下鉄に乗っていて自然に覚えるスペイン語としてはProxima estacionってのがあります。「次の駅」という意味ですが、3日間で慣れ親しんだこのアナウンスも最後かーとしみじみしながら移動。ということで、普通にパリ行きの飛行機が飛ぶAM10:15の2時間以上前に余裕で到着。

ここまではよかったんですが、雨が強くなって、豪雨になりまして・・・ここまでの雨が滅多に降らない地域なのかもしれませんが、飛行機の出発が遅れるという嫌なアナウンスが。隣のターミナルのアムステルダム行きも遅れていたので仕方ないのかなーと思いつつ、当初の予定ではパリに12:10分到着、パリから関空行き便の乗り換えが13:50なので、その時間に遅れるとやばいなーという気持ちを抱きつつ、待つしかない。

で、ようやくアナウンスがあり、飛行機内に入れたのが11時過ぎ。飛行機が飛び立ったのがAM11:45ぐらいだったので、常識的に考えても乗り継ぎ出来ないのでどうしようかなと考えつつとりあえずパリに到着。案の定、関空行きはすでに・・・

ということで、考えてもしょうがないので、拙い英語でシャルルドゴール空港での乗り換え便変更交渉開始。

Next morningとしか返答がなかったので、とりあえず東京便でも構わないので変更してくれと交渉しましたが、当然日本のゴールデンウィークの最終土曜日、パリからの東京への復路ですので、成田行きの空席もあるわけなく・・・無理やり交渉を続けましたが、英語力と海外渡航経験も少ないので、結局、無料で1泊出来る代わりに次の日の関空便で代替えするという提案を受け入れざるを得ませんでした。
それと、この時点で、自分の荷物は飛行機から一旦降ろされたものの、関空に到着するまで自分のキャリーバッグが手元に戻らない状態だった。それも気分的に嫌だったので、とりあえずキャリーバッグだけでも手元に戻ってくるように交渉した。3か所ぐらいインフォメーションを右往左往しつつ、どうにかそれは成功しました。気持ちに余裕があれば、英語のガイドブックでもいいから購入するなりしてパリの観光も出来たのでしょうけど、気分的に無理でしたね。

その時点でPM4:00ぐらいだったかなー。それで、仕方なくホテルへのバス乗り場へ向かう。しかし30分過ぎても指定されたホテルへの無料バスが一向に来ないので、心配になって、また、インフォメーションをうろうろする羽目になりました。そのバス乗り場は正しいという事で、ようやく1時間後ぐらいにバスが来ました。空港からホテルへは15分程度の距離。まあ、周回しているからバスが時間かかるのも仕方なしなのか。結局空港で4時間以上右往左往しつつ、パリでの追加の1泊。
ホテルでのフランス料理はおいしかったので、その点はよかったです。だいぶ時間が経ってくると、人間落ち着いてくるものですね。そして、食事というのは人間を幸せにするというか(苦笑)気分をごまかすのに、フランス料理に舌鼓を打つのはポジティブなことだと考えるようにしました。

ただ、残念なのは、同じホテルに中国人の集団もいましてね。別に泊るのは一向に構わないんですが、レストランにカップラーメンを持ちこんで、普通にお湯をかけてラーメン食うのはどうなんだろうなー。日本人としては、全く意味がわからない行動というか、ひきますよ(苦笑)。パリのホテルで、カップラーメンって・・・。それはとりあえず気にしないように無視。夜と朝食をおいしく頂きました。

ということで、本当に帰れるか心配しつつ、どうにか飛行機も出て一日遅れで帰国できました。帰国の便はけっこう空いていたので、エールフランスのサービスをじっくりと堪能。

空港に着いたのが5/9(月)AM8:25ですから、すぐに会社に電話して、上司に謝った。午後から出勤に。5/6に有給を頂いていたのでさすがに5/9までフルで休むことは無理でしたが、どうにか旅を終えることが出来ました。
[PR]
by xavi_takayuki | 2011-05-14 07:25 | Roger Federer
 
Madrid Open 2011観戦記 part2
5/5(木)
Madrid観戦記、2日目です。

基本的には午前中は観光、午後からテニス観戦で計画していたので、この日も午前中は観光です。
行ったのは、駅で言うと、Santiago Berunabeu。つまり、サッカーファンならご存知、Real MadridのホームスタジアムEstadio Santiago Berunabeuがあるところです。

スタジアム見学は毎日OKであり、15ユーロでスタジアムの観客席の一番上から下まで、トロフィーや歴代ユニフォームなどの展示、ピッチの手前、実際のベンチ、プレス席、ロッカールームまで見学できるサッカーファンにとっては驚愕のスタジアムツアーでした。ビッグクラブとしか表現できないですけど、度肝を抜かれっぱなしでした。世界中にファンがいるクラブってここまでのレベルなんだと、ファンではないのに感動しましたもの。

それと合成ではありますが、選手との2ショット写真、ビッグイヤーのレプリカを掲げて写真を撮ってもらえるサービスもありました(一応その写真も購入しましたが、17ユーロぐらいだったと思います。写真代は高かったけど、私はモウリーニョ監督との合成2ショットを撮りました(笑)

スタジアムの一番上から。
b0033344_22163680.jpg

ピッチはさすがに踏めませんが、選手が実際に座るベンチまで降りられてしかも座れたのは本当にびっくりしました。日本ではありえない。
b0033344_22181493.jpg

Raulのゴールデンブーツ。
b0033344_22221467.jpg

ビッグイヤー。
b0033344_22231420.jpg

ってことで1時間程度でReal Madridのスタジアムツアーを終えた。Real Madridの歴史は本当にすごい。ということで満足したところで、またテニス観戦に。

この日も会場に到着すると、まずはスケジュールをチェック。ロジャーは現地時間PM4:00から、メインのカードとしては、ラファVSデルポトロという新旧全米オープンチャンピオンの対戦です。これは、さすがに当たりを引いたなーという思いでした。(結果的にデルポトロが怪我を悪化させてしまったのでマレーとベリッチの試合に差し替えられましたが。)

例によってセンターコートの自分の席を確認。キャロ・ウォズニアッキがプレーしていましたが、苦戦の模様。Georgesのテニスが凄く良くて感心していたら、案の定、Georges勝ってしまった。そしてアザーコートに移動すると、ジョコビッチが練習をしていた。
前日のセンターコートでの試合を見てはいましたが、ジョコビッチのテニスは端的な感想を述べるとすれば、精密機械のようなストロークといえばよいだろうか。確かに強いですわ、あれは。
ってことで、ジョコビッチへの感想はこのぐらいにして、この日もロジャーの練習待ちタイムに突入です。すでに5分ぐらい前に始まってしまっていたので最初からは見れなかったんですけど、間に合ったので本当によかった。

b0033344_22394231.jpg

b0033344_230667.jpg

b0033344_225850100.jpg

b0033344_22405891.jpg

またまたロジャーの練習を堪能したところで、センターコートに移動。Vikaが試合をしておりました。ロジャーの前にVikaが試合をすることが多く、実はロジャーの次にVikaの試合をよく見ました(笑)

そして、3回戦のMalisse戦です。前日のフェリ戦は相手がボレーが得意な選手という事もあってかドロップが少なかったのですが、この日はたくさん見せてくれるんじゃないかという期待を込めての観戦。案の定、beautiful drop shotのオンパレードで楽しかったです。スペイン人のファンの反応も様々で、非常に面白かったですけど、やはり大喝采。

この日は安心して試合を見ることが出来ました。

Roger Fedrer 6-4 6-3 Xavier Malisse 

試合終了は現地時間でPM6時前でしたが、ラファとデルポの試合が無くなってしまったのと、前日の疲れもあったので、夜までいるのは止めて、美術館に向こうことにしました。ピカソの有名な絵画が展示されているソフィア王妃芸術センターへ。

ガイドブックによるとここって午後7時以降は入場料が無料ってのが書いてあったので、実際にそうなのか確かめる意味でも行ってみたら、実際に本当でした。スペインと芸術は切り離せない事ですが、これは素晴らしい事ですね。ピカソの絵は確かにすごい訴えるものがありました。

ということで、この日は前日ほどの疲労を控えるように静かな夜を迎えました。午後9時ごろに市街の中心地でデモ行進をしていたのには驚きましたが。スペインはこの時間でもまだ真っ暗ではなく、日本の午後6時ぐらいの明かりでした。何か文化が違うなーと感心した一日です。

ってことで、この日もいい一日を過ごせました。
[PR]
by xavi_takayuki | 2011-05-12 22:56 | Roger Federer
 
Madrid Open 2011観戦記 part1
忘れないうちに、Madridへの観戦記(+旅行記)を書いていきます。
現地で撮った動画はYouTubeにUPしましたので、興味のある方はどうぞ。

5/3(火)
お昼に関空を出ました。スペインへは、日本からの直行便がありませんので必ず乗り換えが必要ですが、私が行きに乗った便はAlitaliaのローマ行き。予定通り飛行機は出て、約12時間でローマへ到着しました。2時間後にマドリッド便への乗り換えだったので、適当に店をうろうろ。

ローマ空港で見かけたのは、アルマーニのラファの下着看板(笑)。
そしてブランド店も当然あるのですが、他、フェラーリのグッズ店やセリエAのグッズなどがやっぱりあり、とりあえず物色。あくまで行きの途中ですしスルーですが。サッカーファンお馴染みのガゼッタ・デロ・スポルトも、もちろんありました。機内食で多少のイタリア料理を頂いていたので、空港では食しませんでしたが、適当におつまみ程度のものを調達。

で、乗り換えてマドリッドへ。2時間後に到着。現地時間はPM11:50ぐらいでした。とりあえず、ホテルに向かう為に地下鉄まで歩く。マドリッド市内の地下鉄・バスに乗り放題の切符を購入(19ユーロ/5日)。これは旅行で重宝しました。

30分程度で、Gran Via駅近郊のホテルに到着。試合当日だったUEFA CLのFC Barcelona VS Real Madrid関連のニュースを見てましたら、バルサのサポが警察沙汰になるぐらい喜び騒いでいて、それをライブで延々と報道するスペインのメディアに爆笑というか期待通りというか、そんな感じで、最初の夜を過ごす。(もちろん、バルサ側のコメンテーターと、マドリー側のコメンテーターは延々と言い合いをしておりました。何を話しているのはわかりませんけど、両チームの事を考えると察しはつきますね。

5/4(水)
夜が明けて、いよいよ一番の目的のテニス観戦、と言いたいところでしたが、やはり観光も大事なので、午前中は観光に。中心地のSolはホテルから5分程度なのでそこまで歩き、周辺を観光。
b0033344_2374879.jpg

広場、公園、王宮、教会といろいろありますので、2時間程度では十分には回れないのですが、とりあえず歩く、歩く。11時を過ぎて多少熱くなってきましたが、そろそろテニス観戦へということで、Plaza de Espana駅からSan Fermin駅へ(乗り換えなしで行けたのでよかった)。

ってことでSan Fermin駅を降りて15分程度で会場に着きました。テレビでコートは見ていたけれども、実際にはおもしろい構造のスタジアムでした。
b0033344_23161085.jpg

b0033344_23173298.jpg

センターコート、サンチェスコート、3番コートが1階扱いで、アザーコートは0階扱いになっていました。ですので、アザーコートに行く場合は、1階から下に降りて行くという面白い構造です。

マスターズシリーズは、初めての現地観戦なので楽しみいっぱい(この時は実はまだダビデンコが既に負けていたことを知らなかったんですけど)Madrid Openでは無料でドローや当日のスケジュールが新聞形式で配布されていたので早速チェック。この時にあれー、ダビデンコが負けたーーーー、と頭を抱えてしまったのは確かですが、ロジャーが見れるということで、気を取り直してまずはセンターコートへ。
Vikaの試合をやっていました。とりあえず人がまだ少なかったので自分の席を確認する程度でしたが、ロジャーは4日はナイトでしたので、会場をしばらくうろつくこととする。

やっぱりマスターズなだけに練習している選手も豪華。マレー、リュビチッチあたりを中心に見ていましたが、、1回戦で残念ながら敗退してしまった錦織圭選手や森田あゆみ選手も練習していました。

で、Lexusがスポンサー車だったんですが、Lexusがどんどん会場に選手を乗せて到着。選手が会場入りするところも近くから見ることができたのですが、ロジャーはまだのようだったので、しばらく待つことに。時間としてはラファの試合開始(現地PM4:00)ごろだったと思うのですが、ロジャーが遂に登場という事で、初日から車での到着を待つ習慣が始まりました。車から降りたロジャーは携帯で電話していてそのまま選手ルームへ行ってしまいましたが、本当に久しぶりに生でロジャーを見れてもう最高の気分。もしかしたらロジャーの練習もあるかもしれないなーということでセンターコートには戻らず、アザーコートをうろうろすることにした。
b0033344_2326189.jpg

で、30分ぐらい立っていたかと思いますが、一番奥のコートでRFをまとった人達やスイス国旗が掲げられていて待っている人たちがいて、ニヤリ!椅子には座れなかったですけど、一番端っこが空いていたので陣取って待機していましたら、ついにロジャーが練習に登場しました。うれしくて震える思いでしたが、とりあえずたまに動画や写真も取りつつ、ロジャーの練習を堪能。練習を見ているだけでも、本当に上手なので見ていて全く飽きない。
b0033344_23424677.jpg

b0033344_0573388.jpg

一定の練習を終えて練習コートを後にするのですが、最前列のファンがサインをねだって、それにロジャーが答える。私も、その中に紛れようと企てたのですが、人が多過ぎて残念ながら終了ということで多少残念だったのですが後2日あるしと思い直しました。ところが、コートの出口から選手ルームへの帰り道でももう1か所選手と接触できる通りがあったので、走ってそちらにも行ってみたら、ロジャーがそこでもサインをファンにしてくれて、私も自分のRFキャップを手に必死で手を伸ばしましたら、サインを書いてくれました。本当にありがたい気持ちでいっぱいです。1日目でロジャーからサインを頂けるなんて。

ってことで幸せいいっぱいの気持ちで、ロジャーの試合観戦をすることになりました。まさか、緒戦のフェリシアーノ・ロペス戦があんな試合になるとは思いもよりませんでしたけれども。

結果は既にご存知かと思いますが、7-6(15-13)、6-7(7-1)、7-6(9-7)という、全てタイブレイクという間違いなく、僕にとっては忘れられない試合となりました。

最初は思いもよらず、ただロジャーのテニスを楽しんでいたのですが、会場はMadridでスペイン人選手が大活躍している状況だけに徐々にスタジアムはヒートアップ。気づいたら大フェリコールが止まない状況になっておりました。1セット目はロジャーがよいプレーをすれば会場もそれなりの盛り上がりを見せていましたが、それが徐々になくなり、ロジャーがポイントを取って会場のファンが喜んだり拍手したりするのは本当にロジャーフェデラーのファンだけの状況、つまりアウェーとなっておりました。当然と言えば当然なんですけれども。

この試合が思いもよらない大接戦になったのは、やはりデビスカップのような大声援に後押しされた結果もあるのは間違いないと思います。フェリ自身も明らかに好調で強かったのですが、ホームの応援というのはそれに拍車をかける本当にいい例というのを実感できました。

しかし、ロジャーフェデラーは、USオープン決勝でA-RODやAgassi相手にも圧倒するぐらいのキャリアを持っている人です。ぎりぎりのところで、終始落ち着いたプレーを見せてくれて、そして、絶対に負けないロジャーフェデラーのテニスというのを匂わせてくれていたので、自分も不安ではありましたが、祈りながら絶対に負けないという気持ちで応援を続けました。ロジャーのファンは少ないけど、たまにファン同士で目があったりもしたんですけど、会場でもらった「SOY DE ROGER」のボードを掲げながら応援を続けました。
ちなみにあのボードは、試合開始前にSOY DE ROGER かSOY DE Felicianoを配布していたのですが、キャンペーンもやっていて、ボードを掲げて、スタジアムの画面に写ったら、記念写真をもらえるキャンペーンがありまして。実は、私、見事に、スタジアムの画面に映ったらしく、試合途中で、記念写真を頂きました。(下の写真の小さな記念写真がそれです)
b0033344_0182653.jpg

現地にいたから言えることですが、まさにサッカースタジアムのような雰囲気に違いなく、ものすごい声量での「フーェリ」コールがずっと続く状態でした。

ということで相当観戦しただけでも疲労する試合でしたが、まずは観戦初戦、素晴らしい勝利を目の前で見ることが出来て、そして、久しぶりにロジャーフェデラーの試合を生観戦出来て、満足感いっぱいで一日を終えました。このような信じられないような雰囲気の中で、ロジャーは僕らファンに勝利を届けてくれた。これを目の前で見てしまったら、ますますロジャーのファンになるしかありません。

この試合で一番印象に残っているのは、1stセットタイブレイクで14-13にしたパッシングでしょうか。時間が止まるというか、ショットが決まったのですが、スタジアムはシーンとしていて、決まったのか決まっていないのか把握できないような雰囲気に一瞬なったこと。あのショットはホントに目に焼き付いてますね。
b0033344_059837.jpg

b0033344_111531.jpg

b0033344_115656.jpg

[PR]
by xavi_takayuki | 2011-05-12 00:19 | Roger Federer
 
4年半ぶりにロジャーを見てきます To Madrid
半年間、放置してしまいすいません。

今年のロジャーはドーハで早速優勝しているので記事にすればよかったんですけど、いつの間にか全豪オープンも終了し、春の北米ハードコートのマスターズシリーズも終了し、あっという間にクレーコートシーズン中盤に差し掛かってきました。

急激に忙しかったから更新できなかった訳ではないのですが、Twitter等更新が気楽というか手軽な別メディアについ気を取られてブログが疎かになってしまっていたのは事実でありますので、そろそろ更新しなくてはいけませんね。

という怠け者の言い訳はこのぐらいにして、Twitterのつぶやきを見て頂いている方ならご存知かもしれませんが、私は、Mutua Madrid Open 2011の現地観戦してきます。

元々、2011年は絶対にロジャーフェデラーを現地観戦する決意はしていたのですが、自分のスケジュールやタイミングを考えるとMadridが一番ベストであると判断したので、それを決めた時点でチケットをゲットしました。

過去には残念ながら楽天OPに来れないなどありましたが、ロジャーだけでなく全てのテニスプレーヤーのスケジュールというのは非常にタイトであり、またトーナメント戦ですので、観戦出来るにしても、多少の「運」が必要なのも事実かと思います。チケットはとっても、ロジャーが大会に出ないということも考えられることですので、多少の心配しながらも、ロジャーを信じて航空券からスタジアムチケットまで3週間ほど前に取りました。

今回はロジャーを見る為にスペインに行くというのが一番の理由ですが、それだけという訳でもなく、スペイン語は(本当に少しだけですけど)習ったことがあったのも、多少ラッキーだったというか、一度、スペイン語圏の国に旅行に行きたいと思っていたので、本当にちょうどいい機会のように思います。いい意味で、僕にとっては、ポジティブな偶然、そんなめぐり合わせもあり、このたび、マドリードに行こうと思います。

マドリードは秋のハードコートの時も優勝して、またクレーでもご存じのように2009年に優勝していますので、ロジャーにとっても相性のいい大会。ご存じのように、元々のテニス界のカレンダーは、ロジャーにとってはあまり相性の良くないローマが先でマドリード(過去にはハンブルグ)が後というスケジュールでしたけど、もし今まで通りローマが先のスケジュールであれば、もしかしたらローマに行っていたかも・・・

4年半ぶりにロジャーフェデラーを見ることが出来る。チケットを取って以来、本当に楽しみというか、気持ちも軽くなったというか、何とも表現しづらいですけども、ともかく、ロジャーフェデラーを現地で見れることに喜びを感じます。

他にも、ダビデンコ、ソダーリンなどのまだ見たことが無い選手を(たぶん)見れる事も嬉しいですね。ドローを見て個人的に残念なのは、ロブレドが見れないことでしょうか。それ以外は、やっぱりロジャーが最優先というか、ロジャー見れたら他にどこまで気移りするかは、現地に行ってみないとわからないかもしれない。って事で、お前はどれだけロジャーのファンなんだって、改めて自分に対して思い返しました。

現地観戦は5/4~5/6になりますけれども、現地での感想やレポートなどは、恐らく帰国後になり、すでに大会も終わってしまっているかもしれず、その点は申し訳ないですが、とりあえず備忘録ということで、レポートは改めて書かせて頂きます。では。
[PR]
by xavi_takayuki | 2011-05-02 22:52 | Roger Federer


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク