フェデラーファンのテニスブログ。

by xavi_takayuki
 
<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
 
ロジャーフェデラーが客席で喜ぶ姿がみたいし、ぜひ実現して欲しい
ウィンブルドンのドローが発表されましたね。普通に楽しみだし、優勝して欲しいと素直に思います。

RGが終わってから、急にサンプラス関係の試合が見たくなって今までに持ってたDVDを見たり、新しくDVDを購入したりもしたんですけど、WB2000決勝、USO2002決勝でのサンプラスの行動を見て、とあることに気が付きました。(GAORAさんもウィンブルドン・クラシックを放送してくれてGood Jobです)

あのクールなサンプラスもこんな喜びを表現するなんて、と当時は非常にびっくりした記憶もありますが、DVDを見て思いだしたと言うか、ぜひロジャーも、と個人的な願望が出てきたのですが、今年のロジャーには、ぜひその時のサンプラスと同様の行動を起こすことを期待したいと思いました。

つまり、

優勝した直後、客席のファミリーボックスまで上がり、関係者と喜びを分かち合う光景がみたい。

サンプラスに関しては、僕自身、全GS優勝の場面を見た訳ではないので実際にどうなのか知りませんけど、サンプラスが客席のファミリーボックスまで行って、喜ぶ光景って当時は本当に新鮮でした。

ロジャーが客席まで行って、ファミリーボックスで喜びを分かち合う光景としては、すぐに思い浮かぶのが、2007年Masters Series Hamburg でクレーコートでラファに初めて勝った試合が思い浮かびます。(ラファのクレーコート81連勝で止めた試合。)そして、GS優勝時に、涙を流して喜んだ光景は、03WBから始まり、05WB、06AO、07WB、09RGなど、すぐに思い出せるんですけどね!

でも、GS優勝時に、ファミリーボックスまで行って優勝を喜んだ試合というのは今のところ記憶がないのですが、次にもしグランドスラムで優勝できた暁には、なりふり構わず、客席まで行って喜ぶロジャーが見たい!!!!!と、サンプラスが晩年に優勝した試合を久しぶりに見ながら思いました。最近だとクライシュテルスやスキアボーネが客席まで登っていたのが何となく思い出されますが、それでも、あまり多く見る光景では無くなったように思います。そろそろ、解禁すべき時ですよ。ロジャー、やっちゃえ、やっちゃえ。

アナコーンさんと組んで、初めてのウィンブルドンですけど、その成果がついに完全な結果として現れる大会となると僕は思っています。当時、家族やアナコーンさんと喜びを分かち合ったサンプラス同様、ロジャーもアナコーンさんやミルカさんら家族が待つ客席まで行くことを期待しながら、今年のウィンブルドンを決勝まで見届けたいと思います。
[PR]
by xavi_takayuki | 2011-06-18 05:00 | Roger Federer
 
9年連続グランドスラムでの決勝進出を決めました
Roland Garros 2011 Semi Final

Roger Federer 7-6 6-3 3-6 7-6 Novak Djokovic

ワンパターンで申し訳ありませんが、Federer Expressssssss が見れて、本当にうれしかったです。土壇場でのサービスエース、DTL、ネットプレー。見ていて、本当に感謝の気持ちがあふれました。

ありがとう、ロジャー。決勝までロジャーが見れる事がただうれしいです。

以前、当ブログで少し話題に出しましたが、11年連続でグランドスラムのいずれかで決勝進出って記録がありまして。ロジャーは、このたびの勝利により9年連続でのグランドスラム決勝進出を決めました。先は長いけど、いつもサンプラスを追いかけているロジャーとしては、来年もこれに挑戦できるのはポジティブですね~!

※参考※レンドル(1981-1991)、サンプラス(1992-2002)
8年連続グランドスラムタイトル獲得より

ローマでのロジャーの試合はほとんど見ていませんが、現地で見たマドリッドのロジャーは特別に調子が悪いという訳でもなくいつも通りのロジャーだったので非常に嬉しかった事はマドリッド観戦記にて触れましたけれども、Roland Garrosは、それを越える好調さ。

ノーレは連勝中だし、休養も十分だったはずなので、準決勝はどのような展開になるか予想しづらかったけれども、ロジャーはNo.1になる為のテニスをノーレに教えているような雰囲気というか、メンタルで上まわっていました。

ロジャーが勝てた要因としては、ちょっとツイッターでもつぶやいたのですが、このようなシチュエーションにも関わらず、ロジャーにプラスな要因がいくつかあったのが良かったと思います。

・Roland Garrosの決勝戦に4回進出していた実績
・Roland Garrosでジョコビッチと対戦するのは初。全豪、全米でも最初の対戦は勝っており、ジョコビッチがグランドスラムでロジャーに勝てるようになるのには、そのサーフェスでの対戦経験があるかどうかも必要だった
・クレーコートでは、ロジャーの2勝1敗で、そのうち1敗は2009年のローマですけどその後RG優勝しているので、さほど気にするほどでもない(ファン心理的にも)
・07年にラファが更新を続けていたクレーコート連勝記録を止めた
・そして、世界ランキングNo.1として君臨してきたテニスキャリア

他にも、ポール・アナコーンさんと取り組んできたテニスが開花、そして昨年末のロンドンで、誰も敵わなかったロジャーが、今回はパリでも見られた事。

試合終了後、寝ようにも、何か書かないと寝れないトランス状態の為、訳のわからない内容かもしれませんが、本日の試合の感想は以上とさせて頂きます。
[PR]
by xavi_takayuki | 2011-06-04 05:57 | Roger Federer


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Links
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
夜中見たぞ
from Anything Story
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク